FC2ブログ

川柳集に取りかかる

昨日弟が来た時
春の陽気だねアスファルトも見えてるよと言ったら
何言ってるのMちゃん これからだよ降るのは
確かに 今日は降ったり止んだり積もった
駐車場に除雪に行ったら水分を含んだ雪が重かった


本州では梅も咲き始めたとか
家の桃も蕾が赤く大きくなってきたように見える
「桜切るバカに梅切らぬバカ」とか
桃はどうするのだろう?
変に伸びてるけど いいのだろうか?


歯医者通いで意気消沈
川柳集の製本が遅れっぱなし
今日からエンジンかけてしよう

なんか根気悪いな
集中せな   がんばれ!!
皆 待ってると思うよ
スポンサーサイト



去年の日記

雪も降らずによい天気です
弟がケーキとフルーツセットを持ってやってきた

お袋帰るからねと握手したら
どうだかなー 血の繋がった者をしっかり守りなさいと言った

去年の日記を読み返した
特に記憶に残ることだったから

心配事発生

娘の言う事には
乳頭から色素のある汁が出るという
で 誕生日(2月4日)に癌検に行くという
バッサリ切って生きなければ
今死ぬ訳にはいかないんだ
とーちゃんは大丈夫と言うけれど
調べたらいいとは思えないんだ
まあすぐ死ぬわけではないけれど
とーちゃん付いて来るんだって

自分ビックリどころではない

良性の乳腺炎と言う事もあるし
としか言えず
犬のTに愛想振りまいて帰ってきた
帰り道 道路が歪んだ

考えるのはよそう
サッポロビールのおばちゃん(養母)
助けてやってください  とある

カマキリ

8月26日F宅でT夫さんの古希バーベキュウをした時畑から捕獲して貰って来たカマキリの話です。

久しぶりに顔を見せた娘と孫二人
9歳のK太はサッカーを始めてから胸が厚くなったようです。
12歳のM香は美少女風になってきた(孫馬鹿です。笑うと崩れてパパそっくり)
カマキリまだ生きてるの?
ばばちゃん生きてるよ 最後の脱皮から4ケ月というからもうすぐかも・・・
9月20日が最後の脱皮 遅番で帰宅したパパが脱皮に遭遇。夜中にも関わらず一家を起こし、脱皮を見守ったという、神秘さと美しさに絶句、写真など思い浮かばずかろうじて撮った携帯のが1枚あるのみ。

12月4日卵を産んだのですが孵化しなかったようです。

昨年2月の娘の乳がん騒ぎ カマキリ と娘一家は「生」「命」「家族」について思うところがあったこととおもいます。



自分久しぶりに色々用事を頑張りました
灯油3缶購入
母さまの買い物
月末なので銀行記帳
スーパーで食糧調達
雲があるけど日差しは春
二月の初めにお雛様を出す
まさにその陽ざしです


母さま二回続けてデイから帰宅拒否
前回は病院の結果を聞かなければ
今日は会社に届けなければという

排便は?と問われるが
そうではない
母さまの頭でなにがおこっている?

どうなんでしょう?

発信元は定かでないのですが
気になるコマーシャルがある

物忘れと認知症は違います
いつも探し物をしています
趣味に興味を示さなくなります


終わるや否や
斎場のコマーシャルで
お葬式はよろしくね と流れます

いくらポーカーフエイスの自分でも
そのたびにTVを見ている母さまを
ギョッ!とみてしまいます

母さま微動だにしないけど
自分 グサッ!と来ます

食事時CDを聞く

母さま昨夜早く就寝したのに7時まで熟睡

おかーさんご飯ですよー
ハイどーぞ あなた食べて下さい
おかーさんが食べるんですよー
いいえ私は動きたくないのです
そう ご飯食べたら元気出ますから起きて、トイレに行ってみましょう
いいえ私は此処にします
そうですか 歩けるかどうか立ってみましょう
歩行はよたよた
おかーさん歩かないと寝たきりになるよー
意味は解してないと思うが従順
後はいつもどうりトイレ 整容 しかし1つ1つ言っても心もとない返事「馬鹿になった見たい」と言う
ストン!と機能低下したようです。



TVをつけて食事をすると会話と夢中で箸が進まない
CDをかけたが
島倉千代子の「鳳仙花」「人生いろいろ」でわな?
これしかないんだから仕方ない


自分がはまってしまった
車を買い替えた時CDになってテープは破棄した
早まったが後の祭り

4半世紀以上も前
他人船 一人酒 旦那様 愛ひとすじ
そんな歌ばかり聞いていた
今は「すぎもとまさと」をよく聞く
今も好きなのは 女の出船 鳳仙花は好き

好きになった人 もテンポ明るく元気が出る

自分を振り返ることはもう飽きたと思ってたけど
振り返ってしまった

とうの昔のこと

心配なこと

京都の妹は母さまに誕生祝いを送ってくれたが内科検査の結果を知らせる手紙がまだ来ない。
思わしくなかったのだろうかと悪いほうにばかり考えが及ぶ

思い余って今日手紙を書いた


母さま午後から頭が痛いという
平熱です
食欲はこのところ少し落ちている
栄養より口当たりの良いものを考えて食べてもらおう

夕食も野菜の煮物柔らかく煮たが箸が進まない
直ぐに床に入った
平熱 咳もない

年をとると何もしなくてもこわい(疲れる)という
そんな具合なのかなと思う
注意深く見守りたい
それとも何かの前触れかな?

思ったこと

朝夕は冷え込みが厳しいとお天気おねえさん おじさんは言うけれどマイナス6度では何と言う事はない。

昼間は暖気で陽ざしも2月上旬のようです。

午前中は歯科に行きました。
仮歯が白かったので浮いて見えるのではと思いましたが自分の歯と比べて見ると同じです。
今迄何も気にせずきたけれど両親は綺麗な歯の自分に産んでくれたのに大事にしないで入れ歯になってしまった。
罰当たりな娘だ。

午後は内科の定期検診
薬のおかげで中性脂肪値が下がっていた

30秒聴診器あてると伝わる音で自分でも判った
雪はねの後苦しくなったと報告すると
そんな作業が1番悪いそうな
だましだましゆっくりするしかないですね
此処は雪国だもの



待合室で待ってたら
入院患者らしい男性座っていた
奥さんらしい人近よって
ベット直ったよ
そうかと言って旦那さんやっと立ち上がった
そしたらお前 気お付けて帰れよ
無言で奥さん旦那さんの腰に手をまわした


聞くとはなしに聞いて見るとはなしに見てしまった

ジーンときた

なんか羨ましくもあった



せめて母さまとの暮らし位全う打出来なければ自分ただの我儘ものみたい

アリセプト?

母さまの誕生日です
昨日さんざん言ったので今日は静かに暮らしました

アリセプト3日目ですが
私の言う事を聞かないなら叩いてやる 
杖を振り上げた
激昂して訳わからなくなったか?

今にも杖が下ろされそうだった
自分 剣道のたしなみはないが受け止めれる
叶わないと思ったか途中でやめた



理由はこうです
TVを見ていた母さま ハイハイ と玄関へ
鍵 チエーン の他に上部にも鍵をかけているので開きません。

こんなことではイザと言う時困るので連絡しろ
ハイ 係が帰ってきたらします
直ぐしなさい
そうですねと取り繕えばいいものを
動かなかった自分がいけないんです
母さまは間違ってない

寄り添って 添ってが本筋なのは解っている
母さまの場合たまに
こんな事もないと自分を馬鹿にするから
あえてする
男性は一目置くが女性は馬鹿にするのだ


日常動作で出来ないことは何でも援助 介護する

しかし尊厳の部分では対等だと思って接している

母さまのプレ誕生会

母さまのお誕生日は1月24日です。(89歳)

弟夫婦が茶にピンクのバラ模様のセーターとそれに合うサーモンピンクのチョッキを持ってお祝いに来ました。
今週の果物は金柑 母さま好きなんだそう  自分知らなかった
弟夫婦はこの6年ほど毎週母さまの好きな果物 初物を持参してくれる。果物アレルギーの自分は恩恵に浴することはない。  なかなかできないことだと思う

今年は母さまと二人生チラシとケーキでと思っていましたので、去年とは随分違う母さまに変わらない愛情を示してくれた弟夫婦に感謝しました。
ピンポーン  チャイムが鳴りました。京都の妹から金一封が送られてきました。

京都の妹とはチョツトした事がありました
妹は誕生日 母の日 敬老の日事あるごとに立派な胡蝶蘭を何十年も送って来ました。
母さまが保健施設に入所するようになると水はどんどんやるは、日当たりのよい所へと移動してこけるは、在宅の時はベランダに出そうとして鉢ごとこけるはそんなことの連続でした。

弟に頼んで切り花にしてくれとTELしてもらったところ
なんであんな言いからされなアカンのや!!
まあ 困った事でした。


自分もカーデーガンと皮のネームを用意していたので杖に着けてあげました。
母さまには着替えてもらい妹に写メールしました

お母さんお誕生日おめでとう  いつものように若くて綺麗ですね

弟には
長年お勤めご苦労さまでした
と母さまにも弟にも マークが一杯ありました

生チラシとざんぎでプレお誕生会をしました

デイサービスセンター訪問

連日降った雪も暖気で道路は溶けている

午前中 Kデイサービスセンターを訪問


知った利用者さんばかりでコーヒーを一緒に戴く

自分と年の近い方は

ちょっとkさん何してるのー 顔見せてよとはっぱかけられる

一人ポツンと座っているF氏に

どうなさいました?と声かけしたら

おー 俺女友達が欲しいんだ 明日毛を染めてくるんだ
女でも髪ボサボサの嫌いだ

確か87歳 元国鉄勤務 現在一人暮らし 自分こけた
白髪を染めないと決めた自分ダメだな



預かっていたYさんの川柳の原稿を職員に託し帰途に着いた
母さまがデイからの帰宅時
Yさんからのお手紙をことずかって来た

 妻を亡くして半年 ブランクがありました
 前回のは字数を揃えまとめてみましたが
 はじめてその難しさ、奥の深さを痛感致しました
 今回も殆ど満足の出来るものは少ないのですが
 興味は変わらないので続けたいと言うようなことかしたためられていました


自分もYさんの原稿に小樽の葉書には1筆そえ、金色のしおりを挟んでおきました
小樽に行く前日、大事な原稿を今しばらくとハガキをお出ししたので早速の返礼を戴いたのです




午後からは「健康教室」を受講
循環器疾患  狭心症 心筋梗塞
高血圧 糖尿病 脂質異常症 いわゆる生活習慣病です
加えて喫煙 肥満 加齢(特に男性)

自分 危ないな   と思った

 

弟の力を借りて

今日の予定

AM 自分の歯医者
PM 母さまの定期検診

弟に母さまのお相手を頼み、抜歯、3本の歯の切断、土台作り
直ぐ仮歯を入れてくれたが お見事というしかない
先生は僕ではなく技工士が上手なのですと謙遜する
30年前にお会いしてたらこんな状態にはならなかっただろう
人生も医者もめぐり合いかな?


母さまの検診
先生は優しいからモテルでしょう
孫と年配の方には ムニャ ムニャ・・・・
いつものように絶好調

弟にも一緒に診察室に入ってもらったので振り返ると苦笑い 、午前中TVの中の人を呼んで来いと困らせたそうで
お袋が連れてきたら?と言ったらしい

母さまと弟は先に出てもらい気になる言動、行動を相談
結果 アリセプトを1日1回3ミリグラム処方してくれることになった
改善を望みたいと思う

次回は2月18日
次回も弟は一諸に来てくれるといった
有難いと思う
今日は自分の麻酔があったので大事をとったがまだイケルと思っている しかし母さまのを知るには同行してもらうのがいいのかとも思う

母さまとの日常に戻りました

小樽から昨日戻りましたーっ
18日午後からは連日の雪も止み曇り空
札幌駅より快速で32分小樽駅に着きました
小樽駅から真っすぐ緩やかな坂を8分下ると運河です
ホテルの眼下は運河で
4時30分になるとガス灯がつきなんかロマンチック

ホテルを出て道道17号線を札幌の方向に店舗を見ながら歩いてみた。立ち並ぶ店で何と鮨屋の多いこと、
たまにアイスクリーム屋さんや焼き肉屋さんがある。外れに来ると有名な「かま栄のかまぼこ」がある。
「北一硝子」では実用品、工芸品が拝見するにも緊張するような値が付いてがざられている。
特に釘ズケになったのは 和のコーナー にあったガラスでできた茶がまです。青と乳白色、透明のコントラスト、意表をつかれました。

小樽駅寄りの堺町通りに出ますと昆布屋さん、寿司やさん、ラーメン屋さんが並んでいるのですが少し薄暗かったので道道に戻り運河の浅草橋を渡り倉庫の並ぶ運河沿いを歩きました。
雪景色の運河風情があるというのでしよう。 
空を見上げると明日は満月?と思える月が美しい
ひと際低く おおきく 光る星は 何と言うのだろう?
月と運河を撮影するのでしょう 3脚を立てたカメラマンが5,6人います

行きかう人はほとんどいなくたまに会う人は韓国語か英語ばかりです。ひょっとして自分も外人に見られたかな??


さて食事は呼び込みのお兄さんがいて板さんが5人ずらーっと並んで明るーい照明の寿司屋さんに入りました。
小ジョッキ1杯 まぐろずくし1人前 お通しの海苔の佃煮が美味しかった。

なんだかんだで1時間15分歩いたのですっかり冷えてしまいました
足もともツルツルで転んでは大変と、足も突っ張ってます。
お風呂に入ってビール1缶グイ-ッ!

殆ど人と話さず一人の世界に入るのも好きな自分
風邪ひきかけたようで寒気がする

19日11時チェックアウト
青天です。
日本海は青く海岸線が石狩、雄冬の方まで見渡せる
ちょっとした旅気分
が体調悪し

もう一度来ようと思う
坂の街は少し函館を思い出させた
札幌から32分こんな街があるんです。


母さまが 泊めて下さい と穏やかに帰宅した

小樽に行こう

カーテンを少しずつ開けると積っとるぅ~
雪はねはお休みと思ったけど
ブルの音聞いたら
出て行って除雪した  
変わり身 早し!

母さまこのところ夜寝ない
さすが疲れて 
朝飯後 コックリ しかし
ショーートには頑張って出かけた


グループホーム申し込み前に考えたい
母さまのいない家は疲れを取るどころか
いつも落ち着かない

今回は小樽に行って
運河でも見ながら考えようと思う
此の雪 JRにTELしたら問題なさそう
定山渓でもいいのですがバスだし
お墓参りでは通過するだけの小樽にした

これから出かけます
妹にホテルから手紙書こうかな
女? いやババちゃんの一人旅
絵にならないかー
オレンジの派手なヤッケ着ていきます
行き倒れになっても見つけやすいようにねっ!

雪は降る~

カーテンをそーっと開けると雪が降っちょる
又 雪撥ねです

腰の具合も素人療法功を奏しすこぶる良好 背伸びも出来る
自分決めた!
明日から母さまショートステイだし
急に車出すこともないだろう
2,3日除雪はしない
こういうところが短気なんです。きれちゃった。


母さまおしぼりをエプロンにくるんで
私帰ります
あー 帰るのは明日ですよー
使われてるくせに偉そうなこと言うな!
私 社長なんですよー
いい加減なこと言うな! 

なんだかなー?の会話になってしまった


ゲーム番組のTVに文句言ってます
馬鹿やろー
TV台叩いてる

そのうちTV 壊れそう


本社の役員に訴えるぞー
怖いものなしの母さま
現役に戻ってしまった

軽いギックラ腰とメリメリ筋肉

昨晩自分寝てません。
母さまが夜中 会社に書類を届ける と起き出しました
室内を歩きだしペタンと座り込んでしまいました

さあ 大変こうなったら母さまは一人で立ち上がれません
最近の足腰の弱り具合から足をストッパーにしての立ち上がりは無理でしょう。
後ろから抱えるには問題が何点かあります

母さまは自分より太く 重いこと
母さまは体の前面に触れられるのを極端に嫌います
途中抵抗されたり 自分の力が尽きた時安全に母さまを床に下ろさねばなりません
手摺に捕まることは出来ても立とうと腕に力を入れません

母さまによくこれからすることを話し
後ろから脇に手を入れ1,2の3で よいしょ!と持ちあげました
やっとのことでベットの高さまで持ち上げ、お尻がずり落ちそうな状態になりました。
此処で諦めたら元の状態のペタンになり、この力は2度と出ません。自分の体を右にひねるように もう少しだよ頑張ってと声かけしながら、渾身の力でやっと母さまをベットに座らせることができました。
自分の右腰がメリメリとした感じになりました。

母さまは又ベットに起き上がり寝ようとしません。
しばらく横になりながら様子を見てましたが、クシュン、クシュンもう待てません。
おかーさん風邪ひくよ 寝ようね母さま知らん顔です

近ずこうと思うのに腰が痛くて痛くて自分動けません
ギックラ腰?
時間をかけて母さまのところに
おかーさん風邪ひくよー 寝よう
いいえ私は寝ません!!
おかーさん 私身体が痛くて動けないの 頼むから言う事聞いて、痛いよー
自分痛くて泣いてます
どーしたの? それはすまないねーと言っても寝ません

自分実力行使 寝よ寝よと母さまの体を倒して布団掛け豆電気も消しました
すると母さまトイレだそうです
母さまより自分の方がやっと歩いてます
パジャマもリハパンも腰痛くてかがめません
泣いて 泣いてやっとこさベットへ

又起きることを考えてストーブの設定を23度にしょうにも動けません
やっと設定して寝ようとしても痛くて痛くて横になれません

のそのそとコルセットを出して〆ましたが痛さは同じ、ギックラ腰なら改善されるはず??
筋肉??あのメリメリは? 筋肉です
こんな時の為にとインドメタシン配合のクリーム用意してました

薬箱に近ずくのが又ひと苦労
ずることも這う事も出来ないんですから
泣いて 泣いて腕の力だけで移動
どれくらいの時間がかかったのでしょう
薬を手にするも手と足は動いても腰とお尻が動きません
パジャマを引っ張るだけ引っ張って腰をうかせたり、寝がえりをうったり、身体の力を抜くと痛いので寝れません
軟こうを何度もぬってマッサージして、一晩泣いちゃった!

朝方少し楽になりようやく寝れました。やれやれ
9時まで頑張って寝ましたがこれ以上は無理です
母さま低血糖起きてしまいます


外を見ると遠慮もなく雪が積もってました
ベルト巻いて唸りながら雪撥しましたーっ

午後から来た弟に話したら そーかーだって、やっぱり解らないんだー

それは自分わかってた

養母をしのぶ

今日はどんと焼きです
近くの神社に〆飾り等を持って行きました

養母の事を想いながら歩いて行きました
いつも養母が持って行ってくれたんだよなー と
実のところ1日として養母の事は忘れたことは有りません

正確には義姉なのですが(おばちゃんと呼んでました)
お姑さんが独身を通した義姉の老後を心配し、私ども夫婦も了承してそんな形を取ったのです。
20年間の同居、夫婦仲たがい後20年も頼りにしてくれ此のMSにも何時も遊びに来てくれました。
6年前心臓病で他界しましたが、度々入院の時も1番に知らせてくれました。
自分では動けないのでいつも看護婦さんからの連絡です。

6男ですので5人の義姉が居るのですが
義姉たちも初めは快く思っていなかったので自分への風当たりも強かったのですが、次第にM子さんでないとおばちゃんはダメみたい悪いけどお願いするしかないと言ってくれるようになって、自分としてはお姑さんとの約束を反故にする気持ちは毛頭なかったしおばちゃんとは妙にウマが合って一緒にいて解りあえる人でした。

自分の一身上の事でも 
子供の事でも 何でも相談できたし
今日は書きつくせないけど

人の嫌がること
面倒な事を 手伝ってくれ当たり前のように思った時期もありますが実践する姿で沢山の事を教わりました。
口数少なくグタグタ言う事はありませんでした。

おばちゃんと些細なことから意見が合わず、口数の多い自分がおばちゃんをいじめているように長男には見えたのでしょう。3年生だった長男は
お母さん 今みたいなお母さんは僕嫌いだよと言いました
どんなふうに謝ったかは定かではないのですがおばちゃんの好きな「甘いもの」を持って部屋をノックしました。


子供達はおばぁちゃん子で良かったと思う事があります
長男 長女は就職したころ言ってました
お辞儀の仕方と靴を脱いだ時の作法が綺麗だって言われるさー
その事をおばちゃんに伝えたら
なーんもだよといったけど
嬉しそうで満足げでした
40年分あるから書き足りないけど

〆飾り神社に持って義母しのび

母さまの変化

続きを読む

伯母のお見舞い

近頃の天気予報は良く当たっています
少し外れてくれてもいいものを

横殴りの吹雪 時々晴れ
午前中はそんな状態
今日の予定は11月16日脳梗塞で入院中の伯母をF家T夫さんと一緒に見舞う予定

やっとのことで駐車場除雪
脱出することができた
住んでいるMSは
50件中25台しか駐車がないのですが
住民も高齢化で無理に出かけることもないとみえ
こっ早くから除雪する人はいない

自分よっぽど行いが悪いのだろう
外出かけるなんて

4キロのところ行き60分 帰り60分
渋滞でした  (音楽を聴いてるから気にならない)

札幌駅前を通過
北1条西16丁目 右を見ると
知事公館です
此処は昔三井別邸と言って
義兄たちはお正月になると父に連れられて
御挨拶に行き お年玉をもらい お屋敷で
大暴れをして帰った思い出があるようです

お舅さんは三井系の人だったのですが
財産を食いつぶし
段々疎遠になってしまいました
嫁いだころは年賀のやり取りぐらいあったのですが
代も変わり世が世で有ればと思ったりします

伯母は思ったより元気そう
しかし左半身不随をまだしっかり理解して無くて
どうにかできるだろうと動く為
何度もベットから落ちているようです

車椅子へ移動の時ぶつけたと膝横に青アザがあります
本当だとしたらアクシデントでしょう
考えられないことです

ベットの手すりも広範囲に囲ってほしいものです

伯母は春になるまでには杖をついて歩けるようになりたいととても前向きでした
Mちゃん 私貧乏くじ引いちゃった
気丈な大正の女性です
こうなったらお話だけが楽しみまた来てね
伯母さん勿論 暖かくなったら母さまと行くし
出来るだけ伯母さんのお顔見に行きますよー



デイから帰った母さま
兄(伯父)にTELしたいと言う
伯父はとうの昔亡くなったけど
母さま やっぱり 感じるようです

泣くという事

今年の自分泣いてばかりいる

紅白歌合戦の森進一を見てなんか知らん泣いた
桑田を見て本当に大丈夫かと泣いた
DR,コトー診療所をみてずーっと泣いた
大学駅伝見てこれ又泣いた
「リストラばんばの疾走」を見て泣いた
調教師が65歳中高年の星だ
故郷の護国神社のばんば競争を思い出した
今日は江利チエミさんの命日だという
これまた泣いた


母さまは自分が小さい頃
長女だったせいか
泣くなといった
泣かないという事は母さまの小さいころからの環境と
生き方だったと思う

それを良しとして身に付いた自分
どんな時でも泣けなくなった
奥歯を食いしばると喉が痛くなり涙は引いた

事が起きて1年もしたころやっと泣ける自分だった

第4ステージになってやっと直ぐ泣けてくる

除雪

カーテンを開けると青空 昨夜除雪の音も聞かなかった

JRの駐車場を見ると
車の上に雪乗ってるのと 乗ってないのと
どっちやねん?

朝食終えて駐車場に行ったら
ハイ!しっかり13センチは車に乗っかつてました
此処は北国
こんなのはお茶の子さいさい
パパッ!と撥ねてオーライです
しかし今日の雪は重かった

ふと思い出した
22年前弁華別の1件屋にしょうか此のMSにしょうか悩んだときがあったっけ

少しの雪でアップアップしてる自分
MSで正解でした。




成人式と金魚

今日は成人式です
5センチ位の降雪で風もなく安どする

弟の長女が成人で1年も前から晴れ着を用意して
明日は美容院 写真館 式場と送り迎えだ と嬉しそうだった弟
長男は背広であっけなかったらしい

午後写メールくださーいと義妹に言ったら
振り袖姿の美人のメイコの写真が送られてきた

母さまに見せたら
息子は解っても 孫は知らない という
母さまには内孫が3人いて
事あるごとに 何で? と思える程の御祝儀を渡していた

ちなみに自分の長男にも長女が結婚するときに あげておくよ早くお嫁さん見せて と渡していた

今思えばこんな事もあろうかと前渡ししていたのかもしれない
それも母さまらしいと思える


ひさし振りの青空にホームセンターで金魚を3匹買ってきた
メダカ10匹 可愛そうなことに全滅した
絶滅危惧種とか?
欲しさだけで可愛そうな事をした

メダカの水槽に3匹
これくらいが調度いい数と思う
コミニュケーション宜しく丈夫に育ってほしいと願っている
今初めての餌をやった

ファイブスターズのほうは皆順調さんに育っている
その中の2匹が
アヒルだと思って飼っていたら白鳥
でしたみたいにヒラヒラ尻尾なんです。
さて?  どうなんでしょう?

雪国の冬

朝1番ソーッとカーテンを開けると
積もってるーっ
夜通しショベルカーの音してたものね

駐車場に行くと裕に30センチは積もっている
1時間ゆっくりと除雪
ついでにマンションの前もはね、箒で掃いておく
勤めていたころ自分のところだけ 蹴散らすように除雪
周りを観る余裕なかったのに
自分も人並みの老人になれるようだ

午後3時にもう一回除雪
5センチは積もっていた
西の空を観ると少しの青空から
かすかなオレンジとピンク色の夕陽が見えた
これで雪もしばらくお休みだなと思った


弟が母さまの好きな甘いものと果物を持って来た
大雪で車も停めれないからと連絡するつもりが
すっかり忘れてしまった
Mちゃん今 雁木に行って来たんだけど風もないのに吹雪で前が見えないんだよ
そうなんです雁木は豊平川の近くで平野です
雪が降らなくても風が吹いてなくても
地吹雪でお先真っ暗なんです
自分そこに10年通勤してましたからよく知ってます

そこで男性社員から教えてもらったこと
前が見えなくても絶対止まってはいけない 走りつずけろでした

真っすぐに走っているという感覚だけで走るのです

雪はねと1年後の母さま

母さまをデイに送り出し
なんとなく駐車場に行って驚いた
ワゴンRの上に50センチ以上雪が乗っている
もう少しで車が埋まるぅ

身支度をして出ようとしたら
娘から除雪に行くからしたらダメだよと言うTEL
この前の降雪の時 不用意に 怖くて寝た と言ったからです

この前は今迄のように一気もっきにしたからで
今日はゆっくり一定のリズムでしょうと思う

娘と孫親切な言葉のわりには
2時間休み休みしてたけど
終わってから もう終わったのー とやって来た

気持ちだけで十分ですよー
1時間ぐったりして連れてきた鉄(ポーなんとかと言う犬です)と寝た



夕食後病み上がりの同期生に無理しないでねとメールした
昨年無理して具合悪くしたと後で聞いたから



母さまのこと

あなたとは馴染みがあるからと帰宅した
デイ施設から
個別機能訓練計画書を清書していただいた

今の歩行を維持していきたい
穏やかな精神状態ですごしたい
会話をする機会を持つ
身体清潔の保持
食事の口から摂取

以上を母さまの1年後の自分として手助けをして一緒に暮らしたいと思っている

雪国では冬に洗濯物外に出さないよ

朝から吹雪
最低気温もマイナス11度
あまのじゃくなのかな?こんなもんで寒いとは思はない
マイナス17度位になると雪もキュッキュッと泣くから凍れる冷たいと感じる
まあ 天気の話していれば無難です

それにしても なんじゃ??と思うことあり
札幌駅前で吹雪と気温の低さを伝えるテレビ中継で
タンクトップをハンガーに掛けて
このように風と雪で偏っています と言った
ちょっとー 北海道では冬に洗濯物を外に干す習慣はない
何処の生まれなんだろう?
打ち合わせとかないのですかー?
メンバー皆本州の人?
それとも外に干すのかー 今は?


なんか自分気が荒い
そうです  歯の治療を20万で抑えるか40万にするか悩んでます
自分変な癖があって貧乏になると気持ちシャキッとして結構好きなんです
保健なら20万もしないけど贅沢?しょうか?と
20万なら1回旅行出来るけど40万なら無理かな?

妹と2人で思い出旅行したいなー
どうしょう?
ノーシンじゃんじゃん飲んでこんなになってしまったけど生活基盤作る上で仕方なかったなと思っている

壊れる日

札幌駅前にでもショッピングに行こうかなと思ったら猛吹雪でした

これでは行けないと部屋を見渡すとレースのカーテンが気にかかる
年末に省略していたのだ(手抜きでーす)
サーテンの洗濯をして 雑巾持って家の中うろついていたら13時になってしまった
遅い昼食をしょうと ごまめ を口に入れたら 堅いっ!こんな堅いクルミ?と思ったら右下の  だった 欠けたのだ

午後から牛肉のしぐれ煮を圧力鍋にかけた
さて蓋を取ろうとしたら取手が ボロッと外れた これも修復不可能壊れた

全く何という日だ!!

お花を持ってニシンを貰いに

母さまと自分まだ寝ていた7時 電話が鳴った
おっかなびっくり出ると
おはよう びっくりさせてごめん ニシン釣ったから持っていくよ
T夫さんでした
私 お年始に行こうと思っていたから貰いに行きます この間ベランダに置いといて鮮度落ちなかったから大ジョーブです

11時ごろ家を出たらよいお天気でしたので花屋さんに寄ってお花を観ようと思いたちました
奥さんのR子ちゃんの御誕生日が2月3日でいい胡蝶蘭があったら買おうと思ったのですが 大ぶりのシンピジュームが陽を受けてそこだけ春でした

イエロー とピンクがありました
自分の好きな色イエローで花芯の赤いふっくら花弁の新種のようです

R子ちゃんびっくりするだろうなと思うとなんか自分もウキウキ気分で車を走らせました
F家に着くと子供のS子ちゃんその子供のKちゃんも来ていてお年玉を渡すことができました

20センチ程のニシンをいっぱい貰いました
なんと150匹あると言います
内臓をつけておくと意気が下がると厄介な鱗も取って捌いておいてくれました いつもすみませんよもやま話をして息子に10匹 友達に30匹置いて帰宅 後は塩をして干しました

京都の妹に送ってやろおうっと!!


母さまのこと????

あなたのお名前は?
M子ですよ
少し考えた母さま あなたと一緒に働いたことありますね
なかったと思いますが
、、

テレビを観ていた母さま
あなたと一緒に此処に入りましようという
入れないよー
いいえ入れます!!
じゃー 一人で入って見て
きっと画面の様な所に行きたいという事なんだと思う


夕食の終わった母さま
どんぶりの中にエプロンを丸めて入れた
初めてです
丼ごと下げようとすると
あ それ頂戴と言うので
エプロンだけ渡した
お粥のノリがついてるけどこの場はまあ いいか

母さまの感

昨晩風邪引きの息子夫婦が来た

息子は生後20日ぐらいから気管支様喘息で兎に角弱かった 小学生になってスイミングクラブに通い少しは改善されたが野球クラブに入りポジションはキャッチャーでした。 その時代は水泳は肩をいた傷めるという事で水泳のほうは泣く泣く止めましたが綺麗に泳ぎます(ハイ 親バカです)何でも興味を示す子で英語も習っており 教育ママと思われていたようです。

そんな息子は特別国家公務員 外食産業を経て何を思ったか学生に戻り今は税務関係の仕事をしている。好きなように生きておれるのは一見ホワ~ンと見えるお嫁ちゃんの力が大でお嫁ちゃんには何時も済まないと思っている。

お嫁ちゃんと自分はビ-ル息子はノンアルコールビールで乾杯 同じ区に住んでいても年に3回くらいしか会えない 自分の体の事を報告して、7月のお墓掃除お願いね と頼んでおきました。解ったよとこころいい返事 ありがとう


母さまの事
デイサービスで神社参りに行ったらしい が車から降りなかったそうです。
O西M夫さんに電話したいのですが
お電話番号は解りますか
あなたは知らないのですか
私は知りませんけどー

O西M夫と言うのは母さまの兄で13年も前に亡くなっています が その奥さん母さまにとっては義姉が11月16日脳梗塞で入院 12月25日よりリハビリー専門の病院に移ったと2日に届いた従弟からの年賀状に書かれていました 左半身不随で起き上がることも歩くことももちろんできません 右手 会話 食事摂取には問題なく
家族は勿論関わる方々に支えられリハビリーに励んで居るという事を電話して聞きました

近じかお見舞いに伺おうと思っています
家庭菜園で89歳にしてはしっかり身体を動かしていた伯母です 大正生まれの気丈で細やかな伯母です
きっと きっと と思っています

母さまにはこの事を知らせてないのに 聞くと言うのは凄い  です

弟夫婦

自分には2人の弟がいる

一人は去年天皇誕生日に還暦を迎え退職した弟
しつこい話ですが大学生3人もいるのに会社の慰留もなんのそのリタイヤしたのです。本人いわく限界なんだそうです。二人見てたら義妹の迷亭も恒例でそれを見ている弟は大笑い仲良さそうだからいいんでしょうね。
迷亭というのが母さまとなんです。
おかーさん至らぬ嫁ですみません
嫁って? あなたの事は知らないよ
S二さんの嫁です おかーさんと一緒に住んでたんですよ
マァー いい加減なこと言って  S二こんなこと言わせていいのかい
俺の嫁さんだよ
迷亭義妹 おかーさんだーいすき 抱きつきます
オー気持ち悪い あっち行け
外野席 黙ってればいいのに
一度のお見合いで愛し合って結婚したんだよね
もうこうなったら弟に好きだから結婚したという言葉を言って貰わないと収集がつかないのです。こんな女は叩いてやるというし 
おかーさーんと抱きつくし スキンシップ通り越して格闘するのです。
最後には いい人  大好きバイバイとなるのです。
ススキノの商家の一人娘 苦労して今の会社を興した御両親に育てられどうして?と思う程の質素さですが、食事と教育には惜しみません。そんな義妹を頼りにしている自分です

弟は母と同居なばかりに好きな人には振られ
お見合いしては断られ
そんな二人が たった一度あっただけで意気投合
ホテルのレストランもクローズ
裏口から案内されて出てきたそうな
車も次の日引き取りに行ったというのですから
どんだけ盛り上がったんだか
それにしてもいきなな計らいのホテルだこと


義妹の御両親が話してくれたことがあります
家は継がないというし
どんないい条件の人を紹介されても嫌だというしそれがねー 真面目な人が一番です いい息子が出来たました と  不思議な事に父上と弟は親子のようにそっくりです。

自分初めて聞きました
どーしてS二と結婚したの?
30前にはと思ったからだそうです
結婚してしばらくは弟の言ってることが理解できなくて8歳も違うんだから解らないー!と抗議したそうです。
今では逆転のようです。

もう一人の弟は58歳
末っ子で小さい時から病弱
高校生の時音楽で身を立てると夢を見るも挫折
40歳の時入院していた病院で
義妹と知り合い交際15年 2年前だいだい的に結婚
これまた知る人ぞ知る食品会社の一人娘
おっとり おだやか ワイン好き
2人共身体が弱いのでお互いいたわりあって暮らしているようです
おねーさん この頃ユニクロ着てますと微笑んでいる
2人は話す時互いの目と目を見て話している

2人の弟は自分が小学生のころおオムツ持参で学校連れて行って授業を受けた のどかな時代だった
だからと言うわけではないが2人の弟が可愛い 暮らしを共にしてくれている2人の義妹も愛おしい

 

1月2日

正月も2日目
午後より上の弟夫婦と大学生三人のオイコ メイコ
下の弟夫婦 娘と孫2人 総勢10人の来客
4時間半を母さまを中心にトンチンカンながら
年の初めの顔合わせとなりました

母さまは2人の息子は絶対です
少しでも言葉が過ぎるような雰囲気になると
私の息子に口出しはならんと
母さまは物凄い剣幕で起こりました

2人の義妹おのろけも言えません

明日は風邪がやっと納まった息子夫婦が来る予定です

2011年 元旦

明けましておめでとうございます

お天気も身体も心も周りを取り巻く状況も穏やかーに新年を迎えました


おめでとうございまーすk太が飛び込んできた
TVを観ていた母さまTVから飛び出したと勘違い
失せろ!!といった
K太その剣幕に大慌て玄関に戻った
後から来た娘とM子と鉢合わせ
3人でリビングに入ってきた
仲間を連れて戻ったか!!バージョンアップ
娘が子供です 孫ですと説明するも聞き入れられず別室に待機
時を稼いで正月料理食べる間中母さまのお説教付き
正月早々気の毒な事になって申し訳ない
これは普通の事だからと流してくれたが
母さまにとって 
在宅は如何なものかという感を強くした


自分正月ボケらしい
2日と間違って
義妹に何時頃来るの?とTELしてしまった
全く持って危ないなー
プロフィール

ハッピーみっこ

Author:ハッピーみっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR