FC2ブログ

おはぎを作りました

早く目覚めた
ストレッチしながら日めくりを繰る
お彼岸のお中日です
ひらめきました
今日はおはぎをいっぱい作ることにしよう

2キロの餡を練るのに骨がおれた
体力無くなったのを知る
5,5合焚きの炊飯器に6合ハリハリにもち米9割うるち米1割で炊飯
それを半殺しにして大きめに丸めて餡に投入

現れた娘チョコチョコと餡つけるので
それだと餡の付きが悪いからこうして投げ入れるのと伝授
あ~ 、思いだしたよと娘
息子がお~、ばたもちか、これこれと喜ぶ
洋皿からはみ出しそうに8個が息子の夕食
お母さんは兄ちゃんに甘いね~と娘が笑う
小さいおはぎを6個
仏様2個、母さま2個、自分2個
残りは全部娘に持たせる
痩せたいと言っているそな婿どの孫2人おはぎ大好き
唸るほど持たせたかったが
後4合作るにはちょっと辛かった

息子が娘に言った
この牡丹餅の作り方ちゃんと習っておけよ

母さまデイから帰宅
初めまして
綺麗なお家ですねと御挨拶
今日の晩ご飯は牡丹餅ですよ、お好きですかと聞くと
好きですよと笑顔
美味しいですよ、あなたは此処に勤めて何年になりますかと聞かれたので
ハイ!26年ですと答えました

26年ぶりに餡のおはぎを作りました
スポンサーサイト



順を追って

日記だから順を追って書きとめておこう

13日
 母さま手足の爪を切らせてくれた
 私はそんな身分ではありませんありがとうと言いながら
 10時20分迎えの車でショートステイに出発
 足の浮腫みが出ないように願い見送る
14日
 Tさんに誘われニッカウイスキー工場見学
 今日の空のように
 創業者の熱意を想わせる清く深い味だった
 竹鶴12年ものをを買って帰宅
 息子は献血記念で戴いた杯で旨いとボトルを空けてしまった
15日
 休養の日
16日
 朝1番宅急便のおにいさん
 s様からです
 なにこれ~と歓喜の声があげてしまうほどのカボスを
  頂戴した。氷水にカボスを半分絞りいれて戴く
  以来1日4杯、何にも言えない、残暑の身体に
  活力を与えてくれる、 いつもいつもありがとうございます

 上の弟夫婦来る
 母さまの今後を話し合う
 越冬できる施設で待機して入所を待つてはと言う
 昔のお袋ではないからと
 弟夫婦も辛い決断をしたのだろう
 従うと言いながらも
 自分は覚悟しての同居だったので
 なかなか舵が切れない

 故郷のイケメン軍団の4人がバーベキューの最中酔っ払って
 電話してきた
 大阪のU氏が肺に影があって20日に生体検査するという
 そう言えが最近電話こないな~
 なにかあるようなそんな気がしていた矢先のことだった
17日
 早朝、菜園に行き黒豆を収穫してくる
 17粒植えて何粒?に増えたのか?

 母さま
 初めましてと帰宅
 足の浮腫みなく良かった
 秋は栗だなとひらめき、夕食は栗ごはん、イナダの刺身
 このイナダ美味しすぎる
18日
 母さまはデイ
 昨晩は独語も多く
 テーブルを拭いたり、杖なしで歩いたり活発
 転倒を心配する
 変化かな?とあれこれおもう

 下の弟のケースワーカーさんより電話
 病院受診を勧めても
 本人にその気なし、Sちゃんも困り果てているとか
19日
 昨晩は久方ぶりの自家中毒になった
 自分身体は元気
 なのに、結婚を機に今ではアデトン血性嘔吐症症と言うらしい
 昨年の8月になって
 もう大丈夫と思ってたのに
 好きなことしてるからと思ってたのにな
 残暑で汗と思っていたこの3日ほど
 あれはひや汗だった
 目もパンダのように周りが黒くて
 アイシャドウいらないな
 緑内症の点眼薬のせいだなと思っていた
 奥目になっていた
 そうです。喜劇役者の岡八朗です。

大阪のU氏に電話
 聞いたよ、気を確かに行くんだよと言うと
 俺、手術はせいへん!
 明日病院だから又ねと言うと
 自分寝むとうなったんか?と話は続く
 何時死んでも心残りは無い、
 自分もそうやろと問う
 75まで生きれればとも言う
 自分、今年は何時京都に来るんや、歩けるうちやでと優しい言葉
 時たまする咳が気になる
20日
 R子ちゃんが23日の下見を一緒に行こうと連絡してきた
 ほとんど回復してきたので
 気晴らしを兼ねて札幌駅で待ち合わせをした
 
 お土産にしゅうまいを買ってきたら
 息子がこの時期によりによってこれかい?と言う
 あ~ 中国ね
 プロの作ったものは美味しかった
 破壊される様子や漁船を見てもずっと心が病んだ
21日
 オスプレイが映っている
 帰れと反対している
 3,11の時も心が病んだ

 野田氏が再選された
  昨晩4人の候補がTV出演していた
  てんでバラバラでずっと寝つかれなかった
 変な自分は
 野田さんの顔を見つずけている
 体調崩さず
 切れることは無い
 顔面ピクピク痙攣することもない
 ふくよかな表情は変わることは無い

 関心のある人です。 

昨日ー4

母さま起しに行くもこのままにしてくださいと起きようとしない

午後やっとのことで起床
バナナ1本、サツマイモ少々
水分は取りたがらない
傾眠続く

なんか自分も気弱になってきた
ケアマネさんが
今のお母様にとっては何処でも
穏やかに過ごせるところが1番
そういう段階になっていると思います
娘さんや息子さんのお気持ちは解ります
これまでの御家族さまはいないと思います
良く継続されていると思います
ガンバッテくださいと申しましたらきっと
倒れるまでと思います
ただお母様は今安定されています
娘さんも持病が増えて
少し御自身のお体のことも考えてください
お互い
余力のあるうちに、少し早いかなと思う決断も
有かなと思います
確かに
にっちもさっちも行かなくなってでは遅すぎます

弟にも自分が70まではと初めから言っていました
母さまは身体は丈夫なので
100歳までは太鼓判です
遠慮のない親戚は間違いなく
Mちゃんが先だねなどと言います
変に納得する自分がおかしいのですが
生きると言う気構えが
身体の作りが違います

この頃
母さまは何事にも億劫
傾眠傾向にあります
食事にもむらがあるようになりました
頑として聞いてくれなくなったら
充分な身体介護はできません

母さまは今テレビを見始めました
ベットには8時頃にしようかな
明日はショートだからタイミングを合わせておかなくっちゃー

お声をかけてくれた時が決断の時なのでしよう
後のことは
自分はそれしかできないのだから
自分を納得させるしかありません

弟夫婦は何といってくるだろうか?
実のキーパーソンは弟だから
従おう
後は今まで通り
私たちの母さまです


息子が
昨日夜中にゴトゴトしてたけど例のストレッチ?
うん、今は2回だけど、1年前は2時間おきだったの
そうかー 葬式代はいらないから、ついでに自分の申し込みもしておけよ
と励ましてくれた?

そして昨日ー3

昨晩母さまはグッスリ休みデイに行った

ケアマネさん
越冬可能な施設を提起された
そこは
一番新しく特養を申し込んでここならと思えるところであった
場合によっては特例でショートを続けて
特養の入所をを待つというものでした
願ってもないお話かもしれませんが
来年の7月に主治医の法人会で特養開設なのです
保健施設、在宅、地域と決まりがあるとのことで
母さまを入所させてくれるという保証はありません
越冬可能なところは市内ながら遠いのです


なににこだわっているか?
認知症対応で現在通所しているデイサービス
心身共に機能維持が保たれ
離れたくないのが一つです

いいとこ取りばかりでは
それほど困っていないのだな
と受け取られるのは人情だと思います

弟と義妹に説明して決断を仰ぎました

説明を聞いていた息子
全く聞いておれないなー
紙と鉛筆を持ってきて図で示してくれた

自分としては
3月まで今の保健施設
その後在宅で今のサービスを続行
7月開設の特養の申し込み
その前に
越冬可能の施設から入所可能の報が入ったら入所する
いいとこどりで虫が良すぎるでしょうか


昨日は低温でおまけに寝不足
筋肉強張って
ストレッチとマッサージの連続

頭使うと体が疲れる?
石ころのように昨晩は倒れて寝た

昨昨日のこと-2

母さま1睡もしないのにデイに行きました
驚きと言うより敬意です

ケアマネ訪問日

母さまは平成16年転倒による圧迫骨折でとある大病院に入院
退院に当たりデイサービスを主侍医より勧められ
ちなみに要介護5からの出発であった
現在の病院を紹介される
同時に鬱で長くお世話になっていた院長から
その病院は親しい後輩だから紹介状を書いてあげますよ
そのことを主治医に話すと
その道の専門ですからそちらに通院していて構いませんよと仰る
鬱の主治医は1つのほうがいいでしょう
大丈夫信頼できる先生だから
何かあったらいつでも相談に乗りますと言っていただいた
この先生
H9年に母さまに付いて行った時
お子様としては苦労されると思いますよと言われた事を思い出す
そして今の主治医に
受け入れがたい事でしょうが将来精神病院と言うことになるかもしれません
兄弟の連絡を密にとっておかあさんの事を考えてください
御兄弟がお母様のことで仲たがいをしないようにと
お話されました


その後母さまの周期的に来る
浮き沈みに振り回され
強い薬を使ったところ、足腰が立たなくおとなしくなりました
身の危険を感じたのでしょう
その薬は飲まないと絶対拒否しました
そんな母さまを見て
自分はそんなことはさせれないと思い
上の弟も同じ考えだったようです
それで
どうしても同居している自分に火の粉は振りかかります
自分の家なのに何度夜家を出された事でしょう
携帯を持ったのもそれがきっかけです
近くにいる娘の家に泊めてもらって
翌朝早く帰りなにくわぬ顔で朝食の支度をします
杖で叩かれ、かっちゃかれ、噛みつかれ、人で無しのように言われて
泥棒扱いは序の口です
怪我をさせないように取っ組み合いもしました

農家をしていた時
父と母とのいさかいが嫌で
上の学校に行かないで家を出て働きたいと
夜星を見ながら
稲のはさ掛けをしながら訴えたら
上の学校に行きなさい
親を踏み台にして大きくなりなさい
学校を出てからでも遅くは無いでしょう
と言われたを忘れることはできない

今思うに
ひと通りの道を来たのかな?
いやいやまだまだこれかだな


何としても自分が強く、譲らない時期があった
何時のころから
添って添ってが身を持って解るように
自分にも心地よいのだと思うようになった

ケアまねさんが
当施設が在宅強化型施設になりました
それで
11月から春までの越冬は出来かねます
そこには特例とか何とかあるのですが母さまには無理のようで
厳冬期に家に戻るのは
母さまと自分に不安がありますと仰る
多くの相談を受けてはいますが今冬は難しいと思います
そのことは去年の今頃聞いていた

昨日のこと ー1

母さまは1晩中独語

わたしは今日、明日には死にません!
5年は大丈夫です!と誰やらと話している
隣室に寝ていた自分、思わず大笑い
飛び起きて部屋を覗いてしまった
息子もどーした!と起きて来た

起きると少しの雨模様
寝不足を我慢して、菜園に大根の成長具合を見に行った
滞在時間20分
あまり成長していない
1本立ちにして
虫食いを気にしながら帰宅した

母さま、自分、息子の3人は寝不足で日中爆睡

母さまに会いに来た弟
どうした?と不思議顔
一緒に住んでいないと解らないことだ
あまりに見事な黄桃だったので
口に入れたら
唇が腫れ 耳、顔、頭が痒い
かきむしってベートーベン状態
娘に知れたらこっぴどく叱られる

最近の母と娘

散歩に出ようとオレンジのパラソルさしたら
取っ手がが無かった
何時落したんでしょうね
ね と申しますのは
靴下1足洗っても干すときには
片っ方しか無い
4日のうちに2度もです
どうしたんでしょうね?
この頃こんなことが多い


母さま
タオルを持ってデイに行くと言った
バックにもポケットにも入れませんと言う
右手でタオルを持っているから手すりに旨く掴まれない
左手に杖を持っているから
車いすから立ち上がれない
私を騙すぅ!!と不穏になった
ので
自分隠れて、職員の方にお任せ、バックも助手の方に渡して
見送りはしなかった
連絡ノートに施設に到着後車からしばらく降りられませんでしたと記載されていた

秋らしく

明らかに昨日と違うすずやかさになった
気温28度湿度が30なので洗濯物の乾きが早い
ウッドのベランダで 
後、1週間という暑いほどの陽を浴びる
小庭に出たいが湿疹を治さなくっちゃー
注意深く水やりをしても
野菜たちは水を欲しがらなくなった
枯れてきた
秋なのだなと思う


母さまも今日は自宅
2人でのんびりと過ごす
水分を摂りたがらないので
ソフトクリーム、みかんを食べてもらう
午後からは2人でコックリさん

パソコンも控えめで
目薬をせっせとさして
持病の薬を時間通りに飲んでたら
1日はあっという間に過ぎた

それでも2人の胃腸は快調
エビ天とシャケの麹漬けで美味しく夕食を戴いた

定期受診日でした

今日は母さまと自分の受診日でした
運転している弟に
母さまは
運転手さん御苦労さん
弟は
ハイ!
待合室で隣に座った弟に
自己紹介もしないで何者だ!と大きな声
息子だよ、一緒に来たんだよ
いや!あんたの顔は初めてみます!
主治医にも
わたしの昔の名前を知っていますか?
はい!Uさんですと名前をおっしゃる
(苗字をOですとカンニングしたが)
もういいです!と母さまは怒ってしまった
帰宅しても自分を見て
誰に頼まれてこんなところに連れて来た!人をだましそうな顔をしていると言う
こんな事柄は戸惑ったり特別なことではないから
日記に書くのも気後れする

そしてこんな日は
母さまも疲れるのだろう
早くベットに入った

3度の食事も更衣もトイレもスムーズ

血液検査も栄養状態も問題ないので次回検診は主治医と相談の上10月31日に決めた

目の次は「とびひ」です

今日も暑い日だったが
体調はすこぶる良い

昨日はやはり暑い熱風の中
オレンジのパラソルさして緑内障の視野検査に行った
結論を急ごう
視力検査、1週間前よりよく見えた
視力あがっていません?と聞くと
看護師さんが見えてますねと仰る
視野検査所要時間40分
院長先生が正常眼圧緑内障で初期の初期で
点眼で失明することはありません
右目の初期白内障は簡単な手術をすると視力はあがりますと診断
母さまのこともあるのですぐと言うわけにはと言いながら少しの恐れも
これも点眼を続けて経過を見ることにした
この1週間はテレビ、パソコン控えめ
なんか調子が良い
近間はいいけど車の遠乗りはだめだなと淋しい気持ち
この件は1件落着

この季節になると自分は毎年「とびひ」になる
そんなこと言うと不潔ったらしいと思われるが
原因が解りました
アレルギー持ちなのと
狭い小庭に軽装で出てガサゴソするから
雑菌が着いて痒い事になるのでしょう
明日は受診日ですので強めのお薬貰って早く治したいと思っています

母さまは
とても快調に暮らしています
少しのトラブルは御愛嬌で
何度顔を洗っても何度ブラッシングしても
いいよ~と待って居れるようになりました
信じられないほど気長になってます
先日、もう少し涼しくなったらと
一言でいえば派手な上着を買いました
この暑さでまだ出番はありません

熊が出てます

菜園の近くに熊が出ています

豊平川と藻岩山の間に菜園はあるのですが

穏やかでありません

でも

大根の成長が気になるので

起床5時30分

母さまの寝ている間に

お気に入りの豊平川の堤防を走って

少し黄色みを感じる藻岩山めがけて

ミュンヘン大橋を渡る時

札幌のビルディング群が都会だなと思わせる

藻岩の山を降りてきて、豊平川を渡り

地下鉄真駒内駅に現れたそうな

物騒で長居は出来ないので2時間で帰ってきました


京都の妹にクマ出没の地図送ろうかな?
プロフィール

ハッピーみっこ

Author:ハッピーみっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR