FC2ブログ

定期受診と予防接種

今日は母さまと自分の定期受診日でした
勤務し出した弟に代って
息子が仕事のやりくりをして送迎してくれました
行きも受診も経過も順調
先に母さまがインフルエンザの予防接種をすることになって自分から離れた
自分の不整脈の経過を主治医に聞いていると
カーテン越しに
聞いていません!
するもしないも自由です!
何をされるかわかりません!
ホールで大声なので
待合室の人々は目張りおにぎりのような目をして固まっていました
接種することなく
薬をうけとることもできずあえなく帰宅
まあ のんびり機会をうかがいましょう
でも 自分ができたので母さまにうつすことはないということで良しとしましょうか
帰りの車のなかも家に入る時も穏やか
一時でも離れたのが悪かったようです

息子何を思ったか
夕刻ビールを買って帰宅した
奮闘?している自分を
傍で見ていて慰労のつもりかな?
こちらこそ
今日はありがとう

今夕食の時も
おばぁちゃんの孫です
あらまー お母さんは元気ですか

いつもの会話でした
スポンサーサイト



散歩

気温が昨日より3度低いという
午後から散歩がてらスーパーヘ
家の前は公孫樹の街路樹でマンションを除いて日当たりのよいところは黄色味を帯びてきた
角を曲がるとナナカマドの実が赤い
葉が落ちると千両、万両にも負けない
ハマナスの生垣もある
季節外れの花が3輪、顔を近ずけるとバラの香りがした
京都のような繊細さはないけれど
山紅葉も陽に映えて赤、橙、黄色と見ごたえがある
プラタナスの樹皮も独特に
大きく伸びた枝も来春のために剪定されていた
松の香りがすると針葉を拾って見た
松の木って落葉するのかな?
公園の作業員さんに聞いたら
電気屋です。
エゾ松かトドマツでしょう言う
間違いなくそれは違うと思ったけれど?

しばらく散歩が楽しめそうです

暖かく穏やかな日でした

暖かな1日だった
小庭に下りてアサツキの球根をプランターと地植えにしてみた
それとは別に
冬の室内ではどうなのだろう?と実験
来年の菜園はガーデニングのようにしょうなんて
やる気満々でクスッと笑みがこぼれる

家の金ちゃん達
ファイブスターズにトリオ
酸素を入れたら全員メタボになって
寿命が短く、1匹になってしまった
ホームセンターの金魚売り場でにらめっこしてたけど
しばらくは1匹で
そこで4LDから1Kに引っ越ししてもらった

先日小金湯温泉から拾ってきた栗5個で栗ご飯をつくった
作ったよとメールして
孫のK太と途中で待ち合わせ
ばばちゃ~んと走ってきた
夕暮れのなかでも凛々しく見えた



母さま
昨日の日曜日は15時になっても起床しなかった
どう言っても
間をおいても
食べ物で釣っても
息子が来たよと言ってもダメダメ

やっと
トイレへ
又すぐ酷い激昂
自分両手をげんこつで
両足は蹴飛ばされ
メガネはたたき落とされレンズ吹っ飛ぶ
母さまが勢い余って便器から落ち転ばないように
注意を払う
受けもするけど、少しは叩かせる
どうしてこんなことするの~と自分は間の抜けた応対をする
お前は敵だからだと大声で叫ぶ
一度部屋に撤退
20時にトイレ
お食事しますかと聞くと
はいと穏やか
長い台風は去った


鈍痛だなと
両手を見ると青丹菅原です




2度目の紅葉へ.

k施設のkさんより御都合がよろしければと
小樽への紅葉バスツア~のお誘いを受けている日
昨晩より
母さまとの会話、接し方、生活リズムには気をつけて
今朝母さまはデイに出発した

ボランティアとは名ばかりで
利用者の皆様に教わること
元気を貰っていることのほうがはるかに多い
先生お手伝いに来たの?
先生何処に勤めているの?
先生此処に戻ってきてよ
全く先生様には弱い

一路小樽へ
回転すしで昼食
手宮公園へ
朝里川ダムへ
雪虫が霧のように舞う
紅葉は一言絶景
来年は義姉に是非見せたいと思う

母さまよりは
はるかに利発は方々ばかりだけれど
訪ねる度に穏やかな変化が見られ
速い、遅いはあっても
みんなが通る道
人生の先輩は
どんな境遇にあろうとも
みんな先生なのだと思う


昨日のこと

自分には5人の義姉がいる
市内に2人居る
1年に1度小旅行に連れ出す
今年はニセコから余市、小樽小樽と予定していた
おもわない目の不調で思うに任せず
いつも検索して心積りはしていた
目薬の薬効あって改善の兆しあり
天候もマァマァ
昨日を逃したら峠はもう雪だろう

9時00分、3番目の義姉に
ねっ!遊びに行こう
いいよっ!でも娘の夜勤のご飯支度するから泊まれないよ
直ぐ2番目の義姉に電話
今日の御予定は?
何もないよ
明日は出かけるの
予定あるよ、今日ならいいよっ!
話は即決
直ぐ
迎えに行きますからと
定山渓、中山峠、小金湯温泉、藻岩山観光道路
紅葉は陽に映えて見ごろだった
何より2人の義姉が思いがけなかったと喜んでくれた
走行距離150キロ
気持ちの良いドラビングだった



月が出た

日本列島が急に低温になったようです
紅葉の季節です
やっぱり帳尻は合うようです

昨日は
弟が股引持ってきてと言うので預かって病院に行ってきました
滞在時間10分
ついでに又菜園に寄って大根を3本抜いてきました
スーパーでは1本58円で漬物用を売っています
洗ってあるのは135円です??
来年からは
欲張りは止めてガーデニングのように通路をたくさんとって
優雅な菜園にしょうと思います
つくつくに植えるのはやめよ~っと

母さま
今日から2泊のショートです
車に乗る時強風が吹いてきて
にわかに不穏激昂
杖を職員さんに向けてしまいました
命がけなのです!!と
ケアマネさん心配してくださいますが
施設入所は無理かもしれません

午後から
年末の大掃除に向けて洗剤をどっさり買い込んできました

ラジオで
月が出てますと言うので見てきたら
ホント!速い雲の間からお月さんが見えました
この前見たのはいつだろう?

ネズミが来たぜぃ!

10月20日

健康教室受講「楽しい身近な薬草ののお話」
まずガマの穂「いなばの白うさぎの」お話です
去年京都のデパートで東北の「マコモダケ」なるものを発見
葉はガマの穂にそっくり
3本100円なり郷愁に誘われてゲット
主張のないお人だなと食した感想
可憐な白い花、講師が解る方いますか?
(げんのう証拠)と言ったけど小さい声は届かない
故郷の軒下に砂利がひいてあってげんのう証拠を育てていた
屯田兵の祖父は年がら年中鉄のやかんで煎じて飲んでました
どくだみ、ヨモギ、ふき、おおばこ、ハコベ
見渡すと何でもあります。
来年ハコベをてんぷらで食べてみようかな?

10月21日

スーパーから帰ってやれやれ
ベランダ見たら
クリクリお目めのメタボちゃん
可愛い~
ん??
ネズミだ~
棒を探してきて窓ガラスをトントン
居なくなったけど
ベランダには芋、かぼちゃ、玉ねぎがあるんだよね~

10月22日

昨日からベランダに出る時は
トントントン今出ますと合図してから
戸を空けます
ウッドデッキをかたずけました
野菜を段ボールにきっちり仕舞いました

母さまの冬の下着,セーター,チョッキを数点買いに出かける
グレイも青も似合わない
母さまにはやっぱり紫が基調だなと思う



母さま帰宅

弟の病院にセ-ターを届ける
ついでに菜園によってピーマンと成長の悪い大根3本持ちかえる
帰宅してすぐ
リハパンゴム手袋等の配送があった

母さまショート中パワフルに職員さんを戸惑わせていたらしい
今日はご機嫌ですと帰宅
夕食はこの暖異変で美味しいイナダのお刺身
筑前煮、酢橘あじのサラダ、大根葉のお味噌汁
息子がおばぁちゃんお味噌汁美味しいよと勧めているのに
お刺身美味しいよーと声かけしたら
話にはストリーがあるんだよ
水分足りないんでしょ!と息子に叱られた
はい!仰る通りで
ははさまは
息子の好物の大根葉を箸でつまんで
たいして美味しくないけどアッサリしてるねと口に運んだ

なんとも深い笑いがこみ上げる
美味しく戴いた夕食でした

楽しみをつくって

午後から弟の見舞いに出た
顔色もよく順調に回復しているようです

菜園にも寄る
先に植えたニンニクの芽が3センチ程に成っていた
この分なら
青森6片ニンニクも芽が出そうです
ひと雨ごとに寒くなると言うけれど暖かい今年の雨にはありがとうです

最後の窓のカーテンを交換して
ホーマックへ
壁紙の上から塗料を塗ることにした
白い、大きな缶を買った
それと刷毛も大、中、小、3本

楽しみは自分で見つけなくっちゃ!

8500歩

昨日の疲れが取れず起床が遅かった

途端に太ももの後ろが痛くて腰が曲がる
菜園に行くパワーもでない
それならと
家から3キロのところにあるノグチイサム設計の公園に行った
1時間30分、8500歩
人造の山にに登って
東の開拓記念塔を探し
南を見て札幌方向をながめ
北の石狩の風を受け
飛ばされないように、絶景かな、絶景かな、
今日も1人遊びをした



栗ごはん

今日は孫のK太の参観日
帰りに娘がピカピカながら不揃いの栗を持ってやって来た
小さな栗は校庭で栗の実に石をぶつけて落とした栗
女の子がそれを見て先生に通報
孫はすぐに帰ったと言うのだが
ビシビシと音がするので友達と二人現場に戻ったところ
校長先生に注意されたという
僕たちだけではありませんと弁解しなかったところが
サッカー少年か?
近くに車も止めてあって戻った運転手さん
車の周りを1周して帰ったそうな
孫の両親
石を投げて採るのは良くないと教えたそうだがなんで
策を高くするとかしないんだろう?
と逆切れ気味

そんなことでひるむK太ではない
次の日大雨の中近くの公園でピンポン玉の様な栗を採ってきた
頭も体もびしょぬれで

今どき珍しい子供だ

そんないわくつき?の栗で
夕食は栗ご飯をつくりました
前回の中国産のセットの栗ごはんとはほっこり具合が違います
ありがとう美味しかったよと電話を入れました

息子の言うこと
サッカーとゲームの好きな孫を評して
好きなことをすると言うことは
ほかのすべてのことを捨てることだぞ
社会に出た時、通用するかが問題だ
なんか難しい話だ


母さま
昨晩より独語しっぱなし
さかんに
自己責任
自己判断を主張
何かにつけ名刺をくださいと言う
ほとほと疲れた
20分遅れでショートの送迎の車で出かけた
足がむくまないよう
便秘にならないよう
可愛がられてすごしてきてもらいたいと願う

これからは雨の日が多くなります

昨日朝のうち雨だった
1週間ほど降ったり曇ったりの日が続く天気予報なので
菜園に向かった
藻岩の山の山頂も今日は見えない

レースのカーテンを新調して取り付けた
大根も一回り大きくなったようですが
強い雨に打たれた葉がヒトデのように地に這っています
そうこうしているうちに雨がやみましたので
青森6片ニンニクを10個植えました

4個植えた無臭ニンニク3個は15センチ伸びてます
1個はどうした?
掘ってみると何と真横に延びていました
黒いビニールで覆っているので方向が解らなかったようです(笑い、ごめんね)
根は上質の白滝のように20センチもありました
真っ直ぐに植えかえました
さて順調に育つでしょうか?


デイから帰宅した母さま
卒寿の垂れ幕を見て卒寿とは何歳ですかと聞く
90歳ですよと答えると
わたしは80歳と思っていましたよ
そして
わたしは平成24年1月24日生まれの90ですと言う
訂正したら
馬鹿ものもの知らずと怒られました
そうです大きな声で
部屋で顛末を聞いていた息子
胸が痛いねと後で言いました。

今日は直ぐに話がリピートします
顔を見ないで答えたら
失礼な!と注意されました
大きな声で、

室内25度はないと母さまは寒いと言います
ストーブをつけました
夕食もよせ鍋にしました
体が温まって、
眠たいと言うのでもうベットでテレビを見ています。

疲れを知らない日

朝1番ピンポ~ン
ヤマトのお兄さんが重いですよ~大丈夫ですか~と
酢橘第2便を配達してくれました
丁寧に包まれたかぼちゃと
青森6片ニンニクも一緒です

もう自分朝からハイテンション
よし!
当別の伊達別邸を見学にいこう
酢橘のジュース作って
おにぎり持って、いざ行かん!
片道25キロ、着いて驚いた
ななんと!
休館日と赤字の立て札
月曜が祭日の場合次の平日が休みです と

阿蘇公園と言うのが向かいにあって
そこを散策
隣が当別神社で1時間1人遊びをした
帰りは違う道を通って25キロ
少し窓を開けてのドライブは
楽しかった~


母さまに
これねキュウリのようだけど南瓜だよと言うと
あら、南瓜でも動物の食べる南瓜ですねと笑う
夕食は
南瓜をシリコン鍋でチンして融けるチーズを蒸らす
 調味料は要らない
もう一品
南瓜のてんぷら
絹の舌触り、塩もいいが
天つゆに酢橘を絞ると
息子が唸った
清涼感のあるてんぷらだ、夏にいいねー
母さまも何もつけず
美味しいですよ~
新米のご飯より南瓜のてんぷらで夕食をしました
S様ありがとうございました。

2日続きだと違う景色が見える

11時過ぎ菜園に向かいました
ミュンヘン大橋を渡るとき
真正面に見える藻岩山の山頂の景色が違います
いつもは鉄塔しか見えないのに
今日は展望台も見えます
あら~
どうも手前の木が伐採されたように見えるのですが
原始林が鬱蒼とが売りだったはずですが
聞くに山頂から札幌市内を見下ろす夜景は道内3大夜景とか
邪魔になったのかしらん?
これは確かめねばね

豊平川に太鼓のような幌平橋がかかっている
この橋、元は個人が設置した
川向かいの中島にはリンゴ園があって
リンゴ泥棒の被害を懸念して反対があったそうです
この太鼓橋の階段かなり高いから絶景だろうな



母さま
あなたも一緒に行きますかとデイに出かけた
帰ってきた時
わたしは●●です
わたしを知っていますか?と自分に尋ねた
はい、存じてます、お待ちしてましたと答えた
送ってくれたのは男の人です
家に上げてねぎらってあげてくださいとも言った

自分がリビングから出る時
必ず
ゴミを投げてくるからね
顔を洗ってくるからね
洗濯ものを干してくるからね
庭で草むしりするからね
と声かけする
はい、どうぞ御自由にと必ず答えてくれる

終りよければすべて良しなのにね

昨夕カーテンを閉める時に西の空を見た
今年は天候が思わしくなく
西の空を見る楽しみの習慣が無くなっていた
山の上が黄色、空がオレンジ、これってどういうこと?

朝、カーテンを開けた
山の上は雲、見上げると青空、そういうことでした

直ぐ菜園に車を走らせました
台所の残飯を埋めて
通りかかった御近所さんにミョウガとシシトウ白かぶを差し上げました
大葉は必要な時採ってくださ~いとも言いました
Sさんが青森6片ニンニクの種を送ってくださると言うので
チヤッチャッと床をつくって
豊平川の堤防を「吾も紅」の歌聞きながら
母さまを思い気持ち新たにルンルンで帰ってきました


弟がいつものように母さまを訪ねてきました
朝、菜園に行ったんだよ
俺も昨日行った

万歩計代わりの携帯を見ようしたら
無い!!
首から掛けとけ、もう忘れっぽくなってるんだからと弟
そう言えば、ジーンズの突っ張りが少なかったかなーと自分
年寄りの感覚なんて当てにならないからと息子
もうさんざんで
明日の予定もお流れです

弟からトイレの前の棚にあったぞ
すみませんでした、レンジの上に置いといて、あ~あ

母さまも夕食まえのトイレで
どんな気持ちなのか分からないでしょう!!
触るな!!
顔も見たくない!!
お前と一緒にご飯は食べたくないと
トイレに引きこもっています
叩かれたので手の甲が赤くなり手首の骨が痛いです
自分の胸は痛くなりません
母さまこれだけ気丈で元気ならまだまだ大丈夫です

そろそろ声かけをしてみます(祈り)

ストーブの試運転 ・心臓がショックを受けた

一段と涼しさを感じた
母さま今日はデイの日
起床の2~3度の声かけを想定して早起きした
どれどれとストーブ試運転
室温25度ながら快調に燃えました
此処はまず節約と20分で停止する

母さま低調ながら何とかと思いきや
見たテレビが不適切だった
与野党の批判と揚げ足取りですっかり気分を害してしまった
朝食も食べるどころではないと言う
バナナ1本
小さな大福1個
ベーコン1枚を拝み倒して食してもらう
気分を上げようとコーヒーをどうぞと出すと
悪口を言う人のものはいりません!!
わたしには聞こえます??
ものすごい怒声!!
その声で自分は心臓が止まったと言うほどの痛み
何も言えず
取り繕いもできず
ヘナヘナト成ってしまった

これまで
取っ組み合いをしても
罵倒されても
理不尽でも
気持ちの底に揺るがぬ重りがあったのに


簡単なこと
自分は大きな声、カナキリ声にに弱い

母さま帰るまでに立ち直らなくっちゃーね
小庭で土いじりしてたら気も晴れるだろう




秋本番

起きると室内でも昨日の空気と違う
ゴミ出しに外に出ると
管理人さんと涼しくなりましたねと朝の挨拶
郵便屋さんの来る時間にエントランスに行くとウィンドウ越しに
これから黄葉する公孫樹を市の職員さんが剪定していた
夏の間に成長した枝に雪が積って木を傷めることのないようにでしょう

夕食は
鶏の水炊きにした
この水炊きというもの
自分は1度も作ったことがない
息子の作るのを見てなるほどなるほど
自家栽培の春菊、ニラも投入(何という言い回し?)
酢橘を絞って甘露甘露
1日中傾眠がちだった母さまも
美味しいです。お客様でないからお構いなくと
 たくさん食べてくれた
心配していた便秘も事なきを得た(安堵)

酢橘がいつの間にカボスに

今日は家でパソコンしたり恩師、妹に手紙を出すつもりが
ノンベンダラリと過ぎてしまった
別に寝ていたわけではない

母さま便秘で
摘便してあげたいがなかなか触らせてっくれない
わたしが此処に来たいと言ったのだから我慢しますと
切ない言葉
涼しくなったので知らず知らずのうちに水分接種が少なくなったのだろう
又、足のむくみを気にするあまりの結果かなとも思う

Sさんから戴いた酢橘を1日3個は食している
あたふたとしていた時の
自分の元気のもとで
氷を3個水100cc位?酢橘2分の1
それに自分を主張しない清酒をタラリ
なんとも言えず美味しい、甘露、甘露
人は焼酎でしょと言うけれど清酒です

娘に
カボス上げるねと言ったら
酢橘でしょ!
いつからカボスになったの?と突っ込みが入る
ん~ん??
ひも解くと酢橘がいつの間にかカボスになっていた
すみません

夕食に
トマトの湯むき玉ねぎぴーまんに酢橘ドレッシングのサラダは贅沢美味しい
キャベツの千切りの上にシュウマイを乗せ酢橘をギュッと優しいお味でした

気が付いたら月が変わっていました

台風17号が去って高い青空です

母さまがショートステイから間もなく帰宅します

好物を沢山用意して待ちます


9月22日
下の弟が上の弟に付き添われ緊急入院

9月23日
中学の有志一同13名で恩師を訪問
恩師はスポーツに力を入れていて
運動神経の悪い13名は目にとまらなかったのでは?
バットで叩かれチョークを投げつけられた先生だったけど
時が流れて
思いも変わり1年に1度は訪問している
お子様のいない先生ご夫婦は
北国1番の高級介護付きマンションで過ごされている
君達が初めての教え子だ
君たちが訪ねてくれるから目標が出来て頑張れると仰る
先生の身ぶり手ぶりが53年前に戻っていました。

9月24日
弟の病院へ
Sちゃんは心労で参ってしまった
(入院手続きの書類を預かる)

9月25日
病院へ
シャツ、パンツ持参

9月26日
菜園の家を清掃

9月27日
菜園の電気料支払い
病院へ石鹸を届ける

ニンニクを30球植える


9月28日
R子ちゃんを2け月振りに尋ねる
お盆の時の外食が楽しかったと言ってくれた
寒くなる前に
今度は焼き肉に行こうと話しがまとまった

9月29日
病院にラジオを届ける
菜園のトマト、キュウリの1部、をかたずけた
秋大根に追肥
年末の大掃除のつもりで念入りに掃除
(壁紙の汚れが気になる、張替かな?)
義妹が炊き込みごはんを届けてくれた
菜園に1泊
テレビが無いのでラジオを聞いて
照明も押えて1人いろいろと思う
薬飲み飲み、ドリンク飲み飲みでも動けることが有難い

9月30日
6時30分起床
お味噌汁、納豆、卵、茄子の焼き物で朝食
家の周りを一回り
3年目の茶ぶどうが食べごろだ
山を見たり、川岸を歩いたり退屈はしない
13時に
上の弟からまだ居るの?なにしてるの?
とあきれて電話が来た

10月1日
眼科を受診
左目1、0
右目0、4になっていた
点眼薬の効き目です
緑内障は眼圧はもともと低いので問題なし

10月2日
そして今日母さまが帰宅しました
コヒーは大好きですよありがとうと飲みました
息子が帰宅して
おばあちゃんお帰りなさいと言ったら
あらいい男だね~、親せき筋ですねと笑顔
あの人おばあちゃんの娘だよと息子
自己紹介しないから私は知らないよと母さま

日常が戻ってきました
プロフィール

ハッピーみっこ

Author:ハッピーみっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR