FC2ブログ

初夏

昨晩は疲れ果てストレッチも上半身だけ
朝起きようとした節々と筋肉が痛い
これって乳酸とやらが溜まってるということ?
昨日は調子に乗って13000歩も歩きましたから

午後から菜園見周り
藻岩の山は若緑からもりもりと成長する深い緑に変わりつつあった
豊平川を横目に
先日の雨で増水、濁流
お天気につられて緑地帯で遊ぶのは危険そう
孫のM香、ホルンに一生懸命
孫のK太、サッカー少年
もっと自然に親しんだらどうかねー
知識は当然、
自然から学ぶ知恵も生きる力になるよ

20日大根、青首大根芽を出していた
不織布で覆っていたせいかクションとしている
此の高温なので思い切って不織布を取り払った
どうなったのだろう?
いつもと違う?
近くの菜園で無いのでこまめに見れない


小庭にキュウリ2本シシトウ1本ピーマン1本を植えた

風もおさまって初夏だなと思わせる1日だった
そして札幌祭りが近い空気の香りです

スーパーに行った時
母さまの好きなバナナを手に取った
無理に尋ねたら自分がオーバーワークと思い戻した。
スポンサーサイト



リンカーンを観てきました

家から近くの映画館でリンカーンが今日で上映終了です

リンカーン、独立戦争?
全く頭が付いていきません
誤ったか?
少しずつ頭の霧が晴れやれやれ

時代の種、どの種が将来役に立つ種なのか解っているのなら教えて欲しい
(今の世にも言えることだろう)
人は法の上で平等でなければならない
(今の世ではそう言うことになっているけどそれだけでは人は満足しない)

事を成し遂げる人は
綺麗事では済まされない
妻にも子にも理解されない

自分の頭にはかなり難しい映画だった

ひとつ途中で気が付いた
顔の半分が大部分影で撮られているということ
1個の目と半分の表情で
言葉以上に訴えるものがあった

もう一度観る機会があったら注視したい



八重桜が雪洞のように重く垂れて満開
紫のライラックも咲き出した
ドウダンつつじの白く可憐な花が下を向いている
レンギョウの残りの花と若葉がひと枝にバランス良く付いている
 全く別の草木のように自分には映った
 此れもこれもと探しながら歩いた

ケアカンファレンス

7時起床
朝食後家事を済ませ
花粉アレルギー緩和の薬を飲んで12時までベットでウツラウツラと寝る

16時より
母さまのカンファレンス
事前に母さまを訪ねると他の利用者さんとTVを見ていた
もう何年も聞いてなかったような笑い声も聞いた
カンファレンスを前に
此れで良かったのだ
職員のみなさんに感謝の言葉しかない
施設内では車いすを使うことは少なくなった
介助ではあるが自力歩行で過ごしている
食事もほぼ完食
少なかった水分量も増えてきている
夏を前にして心配材料が減った

薄いパジャマを箪笥に納めてきた。

元気でなくっちゃー

7時起床
昨晩又胃痙攣になってしまった
病気の症状ではなく
母さまと離れての暮らしに順応出来ないため起こっている症状?と思っている
気持ちの穴を埋めるように動いているのも要因なのでしょう
昨日、訪問しなかったのを気に病んでいるのも確か

明日はケアカンファレンスがあるので今日は行かないと決めた
しかし
K施設のYさんに川柳の原稿をお返しに上がった
Yさんは白内障手術のため暫くディを休まれる
N職員さんが6月に道の開拓村に行くのですがボランティアお願いできますか?
と問われたので都合がつけば喜んで、宜しいですよと返事した。

母さまを訪ねると
あなたはどなた?私を知っている?と聞く
おかーさんだよ、娘だよ、
どんな関係?と聞く
答えに躊躇していると
あなたは答えれない!頭が悪い!と少々激怒
片ずけ物してくるからねと座をはずす
箪笥に夏の靴下、スラックスを納めた

おかーさん又来るからねと肩に手をやると凝っていた
揉んであげるよと言うと
働いてないから良いですよと言う

自分の体調の良い時に尋ねないと
無駄に不穏にしてしまう
気をつけよう


気温は上がってきているというが風が冷たい
手足が異常に冷たい
昨夜の様な事になると意気消沈、淋しくなるので
湯たんぽを入れました
ビールも飲みたくありません
もう寝ます。

動くなと言われても

7時起床
痛いところは無いが
身体が重いので母さまの訪問を思いきって休むことにした

11時に息子に来客あるようなので
母さまの冷蔵庫の下見にY電機へ
ついでにウインドウショッピング
危うく衝動買いしそうになる

午後から庭に降りて
プラムの徒長枝を切り落とす
一位も風通しの良いようにこじんまりと剪定して整えた

(ウドのてんぷらをしたので娘にメール)

何時ゆっくりするの?死んでからかい?
と 息子に言われる
発泡酒を飲んでいたら
冷えてるビール飲んでいいよ だって。

一気に畑仕事

菜園で土耕し、種まきの約束を弟としていた
午前中には行くからと聞いていた
昨晩の入念なストレッチ
起床時も入念なストレッチ
どうにか身体は動くようです
昨日息子に
職業では無いんだからそんなに根を詰めるなと注意を受けている
種や苗はこっちの都合では育たない
耕して肥料を馴染ませて準備がいるのだ
四の五の言っても言い訳と気分が悪くなるだけだから
黙っていた
だから痛いとは言えない
腰を曲げても歩けない

先日準備していたところに
20日大根、春巻き大根、トウキビ、モロッコを植えた
万願寺とうがらしを植える予定のところを耕した
定植はまだまだのようです

下の弟がギター弾きに来て
吉野家の牛丼をお昼に食べたらとくれたが
一度休むと動けなくなるので家に帰るまで水分だけ摂取

上の弟が遅れてやってきたが
休んでばかりでトンと進まない
Mちゃん歳なんだからさと言って又休む

そんなところへ
F田さん一家が洞爺に葺きとウド取りに行って来たと顔を見せた
ついでに貸している畑に黒豆をパッパッと植えて帰った
3時起きだったという
無駄な動きはしないT夫さんです
苦労せずして葺きとウドを戴いてしまった


16時15分帰宅
洗濯、シャワーしてビール
此れってしあわせの一つです
夕食は牛丼
ストレッチして寝ます

上の弟と母さまを訪ねる

午前中小庭の片隅にモロッコの種を植え不織布をかけた
プランターにもエンドウ豆を植えた
今年ももグリーンカーテン代りにしよう
プラムの白い花も咲いた(剪定不適切に付き少しばかり)

夕食の頃弟と母さまを訪ねた
ソファでクッションを抱えて童女のように眠っていた
おかーさん、お食事ですよとソッと起こした
右手に杖を持ってもらい左腕をしっかり支えて立ち上がった
歩こうとするとどちらの足から?と聞く
好きな方からと言うと
自分に身体を預けながらも食卓まで歩いた

食事の途中だったが
おかーさん バスの時間なので帰ります
又来ますから元気でいてね、ご飯一杯食べてね
ハイハイ、みんな都合がありますからねと笑顔だ
ユニットの入所の方は母を除いて2人
御挨拶をして帰ってきた
いつも伺うので知り合いの様な雰囲気になって来ている

車の中で弟が
良いところに入れてよかったと言う
ディの送迎の不穏も無くなったから
それだけでも穏やかに暮らせそうだね
早い入所だったので心配したけれど
職員さんも母の気質を呑みこんでいただける時間が取れて幸いだったね
口にはお互い出さなかったけれど
気のすむまで母さまを訪ねて話そうと思ったし、思ったはずです。

Mちゃんが今まで頑張ってくれたから、、、、
労いの気持ちが言葉になったのだろう

(此の弟の運転は荒いので目が前方から離せない)




好きな時間

7時30分起床
頭の後ろがボーッと重たい
朝食を食べ12時までベットで休む

陽が射してきたので
ベランダのプランターにホウレンソウ、小松菜、春菊の種をまく
土が違う
去年今年と土作りに精を出した成果かもしれない
浸水性はあるけど保水性はどうなのだろう?

小庭に下りると
プラムの蕾が膨らんできている
ブドウも芽を出してきた
リンゴは花をつけてくれるだろうか?

今日は自分の好きな時間を過ごせた


(菜園から採ってきた蕗をお煮しめにした
娘に勤務の帰りに寄ってとメールしてタッパーで持たせた)

頑張りました

7時起床
夜半何度も目覚めたので身体倦怠感あり
ストレッチしなかったので特に下半身が痛重い
いつものように昼食めがけてプリン持参で
母さまを訪問
見たことあるようなと嬉しい母さまの言葉
此れまでで1番顔色も良い
ミートボール状の白飯が2個残っていた
小さな小さなお赤飯のおにぎりとばくりっこ
美味しいですねーと笑顔
職員さんが
母さまの気質、を理解いただけ有難い限り
此処は暖かいね~と言うと
此処は最高だよと答えて呉れた母さま
一時の安堵を感謝して施設を後にした


k施設に寄りYさんの原稿を戴く
前回の訪問より活力がみなぎられている
Yさんが仰るには
娘が言うんですよ
95はまだまだだよ
目を手術して楽しもうよ父さんって
ですから6月の第1週は僕居ないからって
あら!だったら私の目も一緒に治して来てくださいと言ったら
何言ってんですか~と言われてしまいました。

その後菜園の種購入

クッタクタです
息子のお取り寄せのビールを御相伴にあずかり
もう寝ます、ハイ!

動いたな~

この頃4時30分には目が覚める
ラジオを聞いたりして
6時30分に起床している

菜園に行こうと天気予報を見ると午後から雨、雷らしい

藻岩山は若草色
この前の雪も消えモクレンの花が浮き立っている
豊平川の中州の柳も水害から復帰して
勢いよく伸びている
途中大粒の雨
菜園がどんなになっているか見るだけでも行こう

まもなく小雨になったので
除菌剤、殺虫剤、米ぬか、有機肥料、石灰を混ぜて散布
少しでもと剣先スコップで
エッチラ、オッチラ掘り起こす
今年は作物を植えるところを高くしょうと思っている
又雨が降ってきたので退散
アイヌねぎと蕗を採って帰宅

午後2時空が真っ暗
さながら18時過ぎの暗さ
雨が土砂降りになってきた
それならばと
ベランダにウッドを敷き並べた
雨が止んだので
プランターに土を運んだ

自分は今日は実によく働いた
腰も痛い
足も突っ張る
花粉アレルギーでやるせない

もう限界なので休みます

ストーブとも今日でお別れかな

午前中は洗濯、かたずけ
12時めがけて母さま訪問
おかーさんと挨拶しても相手にしてもらえない
写真立ての話にも乗ってくれない
職員さんが昼食を運んでくれた時
母さまの車椅子を無断で移動した
此れは私のです!と激怒
小さな声でそそくさと食事を置いて下がった
慣れない職員さんとはいえちょっと、ちょっと
やむなく
おかーさんお食事ですよと大きな声で勧める
お好きなものからどーぞ
南瓜のお味噌汁ですよと説明
ブロッコリーのサラダも勧めてみた
お箸が用意されていなかったので用意していただく
促しがあれば箸もつかえた
あんなにリサーチしていったのに生かされていない
残存機能を維持してとは程遠い理念の実態

爪切りを持参したが今日は無理のようです


満開の梅が散り始めました


小庭に堆肥、肥料、除菌剤、殺虫剤、石灰を混合して播いた

昨秋プランターに植えたアサツキが見事に成長している

今日はストーブを焚きませんでした。

いよいよです

どうか?というお話ですが
5時クシャミと○○水で目覚めました
いよいよ花粉さまの到来です
気温が上がってきましたから

昨日も5時起きでした
朝の空気は黄金いろ、晴天でした
河内晩柑を持ってF宅に向かいました
演歌なんぞ聞いて御機嫌さん
突然、ピ=ッ、ピィーッ、車故障?
何処もランプは点いていない
走るべきか、止まるべきか
尚も鳴り続ける
後続の車もある、3車線の真ん中を走っている
ピーッが止まった!!

気が付きました
6時です
携帯の目覚ましアラームが鳴ったのです
1度で切れるように設定していますから救われました

F宅に着くともう2人は起きていました
R子ちゃんはT夫さんに介助され起き上がるとソロリ、ソロリと手すりを伝って
1人でトイレに行きました。
脳梗塞で左まひの後遺症のあるR子ちゃんとF夫さんはこうして20年暮らしています
公務員をしていたF夫さんは掃除、洗濯、買物全部こなします
趣味の釣り、山歩きもします
ストレスがたまってきたと見るとR子ちゃんが行っといでと言うのだそうです
俺もたまにはビール飲みに行きたいと思うよとF夫さん
行って来ればいいっしょ!とR子ちゃん
1人じゃな~
(じゃ 今度みんなで行こうよと言うことになりました)

お父さんお供えしてきてとR子ちゃん
おーとF夫さんは河内晩柑を持って立ち上がります
お父さんは忘れっぽいんだからとR子ちゃん
(冷蔵庫に何がどの位あるか、見てない、動けないR子ちゃんはよく把握しています)
家のやつは本当に記憶がいいんだからとF夫さん

朝はお天気よかったのにねという話になると
R子ちゃん
「朝照らしは婿泣かせ」って言うんだよ
へーっ!解釈も聞いてなるほどでした
80歳のR子ちゃん 日常生活の知恵袋も大きいです。


今夕は民謡公演に友人の娘さんが招待してくれます
母さまのところは弟にお願いして
かたずけ物をしながら身体を休めます

昨日の朝開きかけた梅の花がもう満開です
もし実をつけたら欲張らず摘果します
桃の木を1本枯らせてしまいました
可哀そうなことをしたとまだ始末で来ていません
学びでした。

母さま

11時45分特養に着く
母さまはポツンとリビングに座っていた
おあーさん こんにちわ
ハイ こんにちわ
(整容を整えた様子は無い、衣服も昨日のまま)
写真立ての説明をしてくれる
此れが(母さま)母親です 此れが(自分)私です
そう認識しているのですから仕方ありません
湯のみのネームを見て
名前を親が書いてくれました、親心を有難いと思いますと言う
お優しいお母さんですねと合槌をうつと
ハイ 勉強は一生けん命しなさいと厳しい親でしたとも言う
(その通り孫の自分にも同じことを言う祖父でした)
手を取ると少し熱い(熱かな!)
あなたの手は冷たいですよと摩ってくれる
河内晩柑の口当たりが喉に優しく果汁も指で綺麗に完食です。

職員さんが
Kさん Oさんはトイレもお風呂も拒否され全くできていません
お家ではどうされていますか?
それでは私がと言うわけにはいきません

昼食も終わりのころ
おか~さん、お風呂一緒に入りましょう
今ね、おか~さんが気持ちよく入れるように
お湯を沸かしてくださってるのですよ~
ハイハイありがとうと手を合わせます
何かヒントになればいいのですど
若い職員さんの目が成るほどというように見えました
トイレのへ誘導も母さま独自のコツがあります
認知症の場合特に技術より人と人との信頼関係が大切と自分は思っています
あれっ!と思うことは多々ありますが口出しはしません

いつ頃になったら母さまは職員さんと馴染んで暮らせるようになるのでしょうか

自分は家ではなかなか出来なかった会話の時間を多く持ちたいと思っています

おか~さん、お風呂に入るの楽しみね、お風呂のお話聞かせてね、
ご飯も一杯食べてね

出口で振り返りお互いにバイバイする

健康教室に受講「認知症のケア」
自分は受容の段階に入ったと思っている
気持ちが浮き沈みしながら
母さまとの2人3脚は続く

夕刻になると切なくなる
入浴は出来ただろうか、混乱はしていないだろうかと。

河内晩柑の春

8時40分
ピンポ~ン!
(レンタル介護用品の引き取りです。9時30分のお約束では?)
は~い ありがとっ?
ヤマトのお兄さんが笑って
大きな段ボ~ル抱えて立ってます
ああ~ 息子の仕事の書類?
いいえ 愛媛からお荷物です
え~っ!あ~っ!
勘違い、早とちり、慌て者の自分こうして1日が始まりました
そうなのです
S様から河内晩柑が送られてまいりました
酢橘の白い花をブログで見てリンゴの花に似てるのかと思ったりしていました。
まさに黄色い宝石
嬉しい 母さまに持っていこう
どんなにしてビックリするでしょう
心に突然舞い込んだ春です。
ご馳走様でした。


昼食少し前に着きました
母さまは両手を頬に当てリビングで下を向いています
こんな姿勢の時、気持ちは低迷しています
おか~さん こんにちわ
ハイわたしはOです、あなたは?
Kです。
??
元気?
変なのです、誰もいなくて 誰もかまってくれなくて
(不安全開のようです、不慣れなようで近くに職員さんはいても食事準備に懸命です)
そうなの 私と話しましょう、Oさんと写した写真持って来ましたよと写真立てを見せると
此れ私と人差指で写真を指し、その人差指を自分の鼻に当てます)
河内晩柑を剥いてスプーンを添えて前に置くと
噎せずに何度も口に運びました
どう?お口に会いました?と聞くと
最高!と笑顔を見せてくれました

隣の席のNさんが全部食べてしまいましたと自分に話しかけられた
美味しく戴けましたか、宜しゅうございましたねと会話
明日もお話が出来るかも知れない

帰宅してすぐ
N地区地域健康ずくり全体会議に初めて出席
年配の方々60名ほど
何処の世界にも不満やもめごとがあるものだと
微笑ましくも思えた自分は不謹慎か?

帰宅して又も
14日病院受診した薬を受け取りに行く
母さまの介護用エプロンもついでに購入

小庭で土作りをしょうと思ったが
左の背中が痛く、胸もつかえるような気分
此れは一寸休養だなと判断。

腰が少しいいと思ったら此れですからね
食欲はありますし
頭も自分ではまあまあ冴えてますので(自己判断)
良しとしましょう。

お引っ越しをしました

おかーさん ごはんですよ~
壁を向いているので1度では起きないと思う
ごはんは要りません
ではもう少し後で起きましようねと離れた

おか~さん ごはんですよ~ 車椅子持って来ましたよ~
私につかまってくださ~い
整容を終え
いつものメニュー、
今日はもう一品、妹が母の日に送ってきた福井は永平寺の胡麻豆腐
まったりとして口当たりが濃厚
美味しいですと母さまはスプーンで口に運んでいる

8時30分娘夫婦、2人の弟が到着
円卓を囲んで皆でケーキを食べて雰囲気作り
母さまを中心に和やかに歓談
10時に荷物を積み込み
3台の車に分乗して特養に出発
母さまは自分の車に乗って自分が運転
他の4人も運転するが
いつも通りが母さまには1番いいのだ


新築新設の特養に着いても不穏になることは無く
入居契約、説明、かたずけをしている間
母さまはテレビを楽しんでいた
家に居るような雰囲気で
時々職員さんが声かけしたり、移動して
現在の現在の身体、精神状況の把握に努めているようだった

此処では専門的にお世話戴けるが
そればかりでは処しきれないと常ずね自分は思っている
なにかございましたらお電話下さいと
老婆心?お節介?ながら職員さんにお話しして帰ってきた

母さまの気質を解って戴いて
母さまが穏やかに過ごせることを願ってやまない

サヨナラを言わずにそっと帰ってきた

慣れるまでにどのくらいかかるのだろうか
センサー付きのベットだが
何事もなく入眠、熟睡してくれるだろうか
明日の朝、若い職員さん 上手に起してくれたらいいな~


弟、娘夫婦みんなで来てくれて本当に助かった
今日はありがとうございました
母さまの元気なころの通院には3年間下の弟が付き添ってくれて
上の弟と自分は職務に専念出来た、最近の2年間は上の弟が運転手、
6ケ月前からは息子の手を借りることが多かった。
義妹は10年間1週に1度の訪問に母さまの好物、初物を持参してくれた。
娘夫婦は無理、暴走しがちな自分にブレーキをかけて助けてくれた。

今度は私の番だからと馬鹿も言う気になれない
今日から
母さまと一緒の違うステージが開いた
これからもみんなよろしくねと自分は言葉だけ
弟にお寿司を御馳走してもらってから帰宅した。

お引っ越し直前

母さまの特養お引越しの用意を只今終えました
購入したものは
介護用車椅子クッション(半永久的に使えてジョクソウ予防、治癒抜群の優れもの)
サイドテーブルのみ
それでもコテンコテンになりました

5月13日(火)
母さま保健施設を13時に退所予定
病院受診があるので送迎は無し
施設に着くと母さまは大声張り上げ不穏!ふおん!
昼食も未だ摂ってはいない
この分では13時45分の受診は出来ない
病院に遅れる旨連絡、いつもこうなのだが親切に対応して下さる
お食事は母さまの気儘に任せた
退所前のトイレを職員さんは頑張って下さった
出来なかった時のために一式自宅から持参した
トイレから出たところを
おか~さんと役者が登場
お前なんか知らん!
薬なんか飲んでない!あんた行きなさい!
とか何とか病院へ
体重測定嫌!
レントゲン嫌!
採血嫌!
そんなこと言ってたら診療情報提供書貰えないじゃないですか
主治医に呼ばれましたら
悪いところは根性だけです
I市の出身です
優しい主治医に
お名前は?お歳は?ご両親は?お子さんは?
質問攻めです
63歳です
4人です
どちらがどちらか分からなくなりました
気持ち変わってレントゲン、採血OKでした
採決に至っては
痛いのは我慢するけどもっと真面目にやりなさい!と言ってました


介護タクシーでは不安でしたので息子に応援を頼みました
車は乗りなれている自分の車です
待ち時間の間
甘いものでも飲む?と聞くと
あなたと同じものと言います
自販機から出てきたのがあろうことか砕いた氷が浮いたココアでした
自分 氷だけかき集めて飲んで
恐る恐る差し出すと美味しいですよ~ ハ~ッやれやれです
乗車の時 扉を閉めてから乗ると言います
ハ~ッ?いったん受け入れて何とか乗車
着くと自分の家でないという  けど
あなたが行くなら行って見ようと言う
気の変わらないうちに
声かけしながら車椅子を準備、階段を手引きで上がる
そのテキパキさ加減?に
息子 さすがだね~

室内に入って
3人でお茶をする
自分は息子の妹だそうです
よせばいいのに息子が母です、孫ですと言う
そんな値のない顔しか自分はしてないそうです

病院から貰ったパンフレットに
「今日は元気でも
明日の健康に
自信はありますか?」と書いてある
病院だからこんなことを言うのかな?と母さまはポイ!と捨てた

母さまは脳トレで漢字読まなくても、書かなくても
計算しなくても抜群に何でも出来ます
でもでも認知症なのです
何処だかの総理大臣「あなたとは違うんです」と切れていた
値のない顔をしている自分はいつも戸惑うのです

23時30分
母さまが咳をし出した
咳は2時30分まで続いた
何度かテッシュを持って声かけしたが
母さまはメガネを拭いてしまう
気持ちが高ぶって寝付かれずラジヲのスイッチを入れる
4時、白々明けになって日の出の時間なのかな?と思い眠りにつく

いつものバナナとヨーグルトで朝食
テーブルに飾った2日遅れのカーネーションを
綺麗綺麗最高と手を合わせて愛でている
おか~さん笑って~とデジカメ向けたが
なかなかリクエストには答えてくれない
画面を見せると
もう出来たの?私だねとほほ笑んだ。

ショートスティ退所前日

母さまをショートステイ先に訪ねて一緒に昼食をしようと決めていた
特養入所に際して
衣類を見たところ有り余るほどの枚数があり
1点も購入していない
明日で主治医の診断もしばらくは無いだろう
母さまの好きな先生だから
一段とおしゃれしてお別れをさせてあげたくなった
そうだ!帽子とショールを新調しようと決めた
外へ出ると冷たいこと
京都は30度だというのに何ということでしょう
やっと紫つつじとレンギョウが満開です

施設に着くと
母さまは昼食前の入浴に行くところでした
遠くから手を振ると
笑顔は無かったけれど振り返してくれます
車椅子をお風呂場まで押させてもらいました
出来るものなら一緒にお風呂で背中を流したいと思いましたが
それは叶いませんでした

ケアマネジャーさんと生活相談員さんに施設での様子を聞き
10年間厳しい助言もいただいたHさんにもやっとお会いすることが出来ました
仕事の手を休ませてしまいましたが
良かったですね
Kさん(自分)が潰れるのではないか心配していました
Oさん(母さま)はお若い時の気もちの悩みのあるところに
認知面にも問題が生じ
Oさんご自身が一番辛い思いをされました
と労いの言葉をかけてくださいました
Kさんはお幾つになられましたか?
私の母と名前が同じMさんですよね
働かれるというお気持ちはありませんか
あちこち身体に不具合あることは他人には話さない主義です
はい、もうお金になることは出来ないのですけど
退職以来K施設でボランティアを気分に任せてさせていただいているのです
そうですか
僕はその係もしていますので是非此処でもと言われます
10年前Ⅰ介護士さんだったHさんが今では施設を統括する立場になられているのですから
月日の流れを思わずにはいられません。

こんな自分に皆さんお声をかけてくださるのですから感謝です。

ハイビスカスとイチゴタルト

今日は母の日
母さまの整理箪笥を荷作りする日
弟に任せて
自分は母さまの部屋を今までと同じ雰囲気にする
娘が赤い大輪のハイビスカスの鉢を抱えてやってきた
室温で瞬く間に開く
あら~ 南国の~花と横目に見ながら
整理ダンスの上置きの中を細々と娘が整理してくれる
少々ばててきた自分はありがとう、ありがとう
息子がやっぱり娘だね~
いやいやここ一番と言う時はお兄ちゃんさ~と娘と自分
ついでに納戸もかたずけてくれて助かりました
要らないものばかりでしょ!
棄てなさい、棄てなさいと言われ続けた
息子が娘に1時間ぐらいで帰るからと出かけた
何だろうと?不審に思っていると
フルーッファクトリーのイチゴタルトをワンホールと
チーズケーキ3ホールを両手に持って
やぁやぁと帰ってきた
かぁちゃんも此れなら食べれるだろう?
イチゴはお正月から今どきが一番おいしいと思う
サクサクのタルトにカスタードクリーム 拘りのイチゴと絶妙の組み合わせ
焼きたてのチーズケーキとで夕食代りにしました。

もう70なんだからね
自分を見て息子と娘が笑う
任せるわと自分
倒れるから動き過ぎてはダメだと釘をさされる。
わかったよ
ありがとう
母さまは自分のお母さんだから出来るだけの事はするんだよ。

同期会新聞に続きCDが届きました

朝から小雨模様夕刻には突風交じりの雨になりました
それでも空は明るく雨を除けば昨日に遜色はありません
桜の開花が無いのですから昨日より悪かったという
悔しさはありません
外へ出た解放感からお口も滑らか
おしゃべりに花が咲きます
前田森林公園のサンクガーデンの緑が雨に輝いて見えます
壁泉を背に手稲連邦の雪が
異国のお城から遠くを見上げているような錯覚になります
今日も無事12名の車椅子の方々と語らいをご一緒させていただきました
ありがとうございました


朝 
出かける寸前CDの小包みが届きました
先月末に脳血栓奇跡の生還のK氏から同期会新聞が配達されていました
遅れに遅れて昨日ビールをワンケース送りました
帰宅してから
ごめんねCD届いたよ
「北海道歌の風景」
副タイトルは男気・望郷・情愛・哀別と眞心にジワリじわり染みる
      北海道の名曲ばかりをK・Kがプロデーュス!
まさに昭和38年からついこの間まで41曲が録音されていました
小樽勤務の長かったK氏哀別があったのかな
ススキノでは接待で遊びでよく飲んだようです
宗谷、知床、積丹は仕事で観光でよく訪ねていたと聞きます
酒と演歌は合うネェ、実に美味しい!と結んでありました。

もう2度もCDを聞きました
日記のように54年の歳月が次々と思い起こされます
とても良い物を時を戴いています(感謝)
自分ばかりでなく
人様のお役にたてるような人になれたらと一層かみしめている自分です。

桜は未だでも

ディサービスセンターのお花見介助に乞われて言ってきました。

お天気に恵まれ
遠く手稲山、藻岩山を眺めながら
一路 前田森林公園へ
桜はまだまだ堅い蕾ですが高い青空の下
蛇行している茨戸川の橋を幾つも渡り
サーモンファクトリーでお買い物もしました
利用者の皆さんは
札幌は地震も水害も無くて住みよいところだねー
広いねー気持ちがいいねー
益々長生きするねー
笑顔、えがおの車中で
こんなにと思える幕の内弁当を皆さんきれいに完食されています
デザートのアイスも戴きます
若芽と青空のよいお花見で皆無事に帰りました
自分は又元気を貰って帰ってきました
今夜は
身体のメンテをしっかりして明日も行きます。

気持ちの良い陽気でした

今年1番の陽気で春気分

(昨日の手稲山、藻岩山からの風は冷たかった
山々の頂きや沢は真っ白です)

窓を開けて
母さまの衣服再度点検
春夏の肌着のたたみ皺が気になって洗濯した
動き過ぎたのが夕刻には
胸が苦しくなり横になる

京都は28度とか
妹の事も気になるけれど
札幌との気温差に不安を感じる

今日はもう寝ます。

何処に居ても一緒

おかーさん ご飯ですよ~
お腹が痛いです(排便なのか少々不穏?)
起きれるくらい?
口が痛いです
歯が痛いの?
顔ではありません!心が痛いのです!
じゃあ、もう少し後で起きましょうね

30分後の声かけにはすんなりでした

朝食もヨーグルトと卵だけですすみません
頬に手を当てジッと下を向いています
お薬ですよ
そこに置いときなさい!
(手助けなしでしたのでばら撒いてしまいました 拾い集めて手渡ししたら会釈だけ)
息子がテッシュを取りに母さまの杖置きの傍を通ったらパッと眼を開いて杖確認をしていました
あんたの事あやしい奴だと思ってるんだねと鼻をグシュングションしています

今日からショウトステイです
靴を履きますよと言うと
痛い!嘘つきのインチキ野郎!
コートを着せようとすると拒否
仕方なく肩に羽織ってイナセに送迎車に乗りました
送迎の職員さんに今日が最後のショートと言うことをお話しし、2年10ケ月お礼を述べた
家のOO会ですか?思いが通じましたね
ありがとうございました
母さまに手を振ると
やっぱりインチキ野郎!と口が言っていた
深くは考えない事
前に明日に
何処に居ても一緒。

母さまのディサービス最後の日

いつもより30分早く起床
いつものようにバナナ、ヨーグルトをテーブルへ(母さまの大好物)
自分は
粉と錠剤のサプリメンとコーヒー飲んで
よっしゃ~!今日も元気で
お味噌汁、卵焼きを作ってテーブルへ

母さま今日はやけにありがとうを連発する
朝食の時
バナナは半分ですか?
これは食べてもいいのですか(ヨーグルト)
食べ終わりにスプーンが器に立たないと小首をかしげていた
枇杷もどうぞと言うとツンツンと突いて
あんまり好きではありませんと言う
笑顔が良かったので
カモノハシのペリー君と記念撮影
ついでに
「おばあちゃんおめでとう91歳」の垂れ幕を納める
(実物は持って行けないので写真で持参)
HDAICが7近いけど難しい事は言わないでプチケーキとコーヒで〆です。
突然わたしは大正11年1月12日に生まれました
O、Mはお兄ちゃんです(弟)
わたしは末っ子で一番最後にお嫁に行きました(4人兄弟の3番目、3番目にお嫁に行きました、そんなことどうでもよい事で自分に話しかけてくれることが嬉しい)

今年の桜は未だだけど
ピンクとグレーでまとめた洋服とコート、フェルトのお帽子でたった今出発しました

車椅子で送迎車に乗り込む時初対面の研修生に挨拶していたら
うるさい!!と叱られました。

送迎車が小さくなって空を見上げたら
雲間に群青色の空が見えました
明日からはお天気になるのでしょう
2つ目の記憶に残る空になるのでしょう。

雨でした

車で今日も出かけました
黒の生地の良いスラックス(着用のは生地に腰ハリが無くなってきた)
黒の小さい皮のポシェット(腰の負担減の為)
3時間もあちこち見て歩いて買わずじまい
気晴らしに終わって
なかなかこれと言うのは無いものです。

母さまが持参する
物干し、テッシュ等日用品を購入
ハンガーにも名前をつける
試しに自分の茶碗、コーヒー椀にも記入した
食洗機を使うというからどの位耐えられるのだろうか
おかしなことが心配になっている

母さまは枇杷が好き
枇杷を食べると自分は救急車で運ばれる
弟が持ってきた今年の枇杷は大きく見るからに美味しそう
此の枇杷
62歳になる弟が東京からUターンして札幌勤務になった時
珍しいものをとご先祖様と母さまに買ってきたのが始まり
以来34年此の時期弟は買って来る
昨夕2個、朝も夜も1個ずつ食べて後4個残っている
自分は見るたびに頭の中までジンジン痒い
眼も鼻もムズムズチカチカ
見なければいいのに
やっぱり見てしまう。

子供の日

昨日菜園で行者ニンニクを6本採取してきた
苗を植えて2度目の春で太っていた
豚肉に絡めて食べたら旨かぁ~でした。
愛媛のS様から送っていただいた青森6片ニンニク10球とも青々と12センチに伸びていた。
(10月12日に植えたと記録している。他は9月27日に植えているが成長具合に変わりわない)

おはようと息子
子供の日だなと何やかや話しかけてきて煩い
鯉のぼりも横に並ぶようじゃねと言うと
初めは縦に集まっていても
やがて離れてさ
終いにはまた集まってくるのさ
なんか解ったような様な風なことを言っている

母さまの衣類に名前を付けていると
おばあちゃんを嫁に出す気持かい?
なんならあんたも付いて言っていいよだって
口数多い息子だがよく見ている

弟、連休で疲れたか
母さまのベットでいびきをかいて寝てしまった
あなたはだあれ?初めましてと言っていた母さま
弟が帰ってすぐS二さんだよ、おかーさんの子供だよと言ったら
真っ当な眼差しでS二のお母さんですとはっきり言った
あとで弟に報告しておこうと思った

残念なことかな?

昨夕のタラ鍋
母さまの前にセッテングして
自分ビールを取りに席を立ちました
戻ると
違うというので食べません!
ううん、おかーさんのですよ
お前は嘘つきだ!!
テレビに目をやると
あら~
憲法96条改正だとかのニュースです
行け行けの説明説得です
わたしは決められたことは守るのです、お前の言うことは聞きません!
国の言うことには逆らわずにやってきました
それが日本人です!!
そんなわけで夕食大幅に遅れて
床につくのも8時過ぎてしまいました。


先ほどのラジオ
この頃の母はお花より商品券を喜ぶとか
即効娘にお花で無くキラキラ光ったマニキュァにしてと言ったら
もう1ケ月前に頼んだよ
あらそうなの、悪いわね
(毎年のバラも小庭に根付いているし、観葉植物も倍に成長した、贈ってくれたものを愛でて大事に育てよう)

何してるの聞くから
これから菜園に行くよ
やっぱりね
リンゴが芽吹いてきたんだよと言ったら
食べれないのに?
うん、白い花が綺麗だから、去年は咲かなかったんだよ~
ふーん  娘の返事が声弱になりました
子育てと慢性疲労のようで
でわ失礼でした。

ドジな娘で

おか~さん 朝ですよ ご飯ですよ
ハイとパッチリ
良かった~
腰のあたりに落ちていたメガネをハイと渡すと
盗られましたと言う
此処に置いてありましたよと言うとそうですかと答えた
先日不用意にメガネわ?と聞いて
次の行動に難儀した

車椅子でトイレに移動中ドアにぶつかった
ぶつかるんでない!
ハイ 廊下が狭いものでウヤムヤウヤムヤ
バカ野郎!
すみません

朝食の時麦茶を見て
毒入りだ!
すみません 入れ替えてきます
もう要りません!
すみませんとミルクたっぷりのコヒーにして
急遽ポテトサンドに変更しました
プレンヨーグルトに甘いリンゴとニンジンのゼリーを乗せて
甘いよ~とだしたら
甘くない!嘘つき!と怒られました
急いでチーズを出したら
冷たい!要らん!とこれまた叱られました。

おやつの時
新しい飲み物
オレンジスパークリングを注ぎました
乾杯して飲んだら
ニガイ、甘い、シュワシュワ、
微妙なお味です
母さまの顔を見たら
苦笑いのような表情です
それでも最後までチビリチビリと飲んでくれました
自分だけが見た
母さまの秘密の表情です


今日は
母さまと1日中2人きり 電話もかかってきません
特養のアセスメントシートの記入をして
8日のショートステイから入所の16日までのスケジュール表を作りました。
其のままでと言ってもそろそろ準備にかからなくてはいけません

そんな時に限って
お花見ボランティァの依頼があったり
マンションの総会だったり
同期会に50年ぶり出席のFさんの送迎問題が出てきたり
暫く止めていたサプリメントを今朝から飲み始めました
気休めです


夕食はタラチリ鍋です
盛りつけてありますのでひと肌になったら食べます


ちょっと調子よくない?

ハァ~ッ!今日も肌寒い日です

のっそり現れた息子に
あのね、タイヤの交換しないの?と聞いたら
あれ、あんたの車だからさと言う
でもさ、あんたの乗ってるほうが多いよ
まあ、この冬はスプーン1杯の雪かきもせず楽させてもらったし
自分の車だから冬でも洗車しているし
いくら言ってもタバコを吸う吸いがらもかたずけている
全く年取ったら親の言うことは聞かない

タイヤ交換して来て駐車場に納めていたら
其のまま、そのままのジェスチャー
なんと車に乗って息子は出かけました

甘ったれるな~。

夕食は
アスパラ、春菊、シイタケ、玉ねぎ、サツマイモの天ぷら
美味しいよ~と母さまは
高く掲げて喜んで食べてくれました
ディで疲れたので
19時には寝てしまいました。

ケアマネさん最後の訪問

母さま8時起床
昨晩は就寝時興奮状態で自分を見て
あなたの目が大嫌いだから
寝ません!と23時までリビングに居た
自分は自室に籠り穏やかになるのを待った

それでも起床8時
ケアマネさん訪問の9時には朝食も終えた
大うそつきとケアマネさんに悪態付いていたけれど
Oさんお世話になりました。握手をしていただけますかと
手を差し伸べられると、
握手して左手で甲を優しくなで
又おいでなさいと挨拶した。
自分には
腰は痛みますか?
少しお身体を休めてくださいと労いを受けた
Hケアマネさんになって2年半あっという間の期間だったが
沢山の助言を戴いたと共に
自分の心のメンテナンスも毎月の訪問時にしていただいた
心より感謝している。

夕食は生寿司にした
胃腸が丈夫なので母さまの好きな物が用意できいる
有難いな~
幸せだな~。
プロフィール

ハッピーみっこ

Author:ハッピーみっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR