FC2ブログ

こうしてはいられない

26,27,28日と3日目も寝込んでいました
今日もダメだわ
55年も前風邪からくる高熱で唸っていたら
亡父が桃の缶詰めを買ってきて食べさせてくれた.
扁桃腺が腫れた喉に冷たく
肩で息していた自分は人心地付いたのを思い出していた
ふと思う
母さまが亡父に頼んだのだろうか
亡父の一存だったのだろうか
今となっては聞くこともできない

一本の電話で風邪も吹っ飛んだ
母さまの入居施設から
肺炎のワクチンと麻しん風しん混合ワクチンを間違えて投与したというのだ
経過を見守って対処致しますと事務長さんが誤りに来られた
数回予防のために打つこともあるから安全と言われたと思う
そんなことは無い!と気持ちで反論はしたが
言葉には出なかった

置いて行かれた書き物を見ると
重大な副反応から
その他の副反応まで
そう痒 不機嫌 発熱 発疹等は

食欲不振な母さまにとって分かれ道の重大な反応である

何と言われようとかまわない
訪ねることのできない自分は施設に電話した
少しの変化も見逃さないでほしいとお願いした
そして経過観察をして処置させていただきますとの返事であった

5日~2週間に症状が現れるというらしい
風邪で寝込んでなんかいられない

2日目からの頭痛が治らない
のどの痛みが今一つ続いている

こうなったらと
ノ~シンを一服
ショウガをたっぷりとすりおろし蜂蜜とお湯を入れて
これでもかこれでもかと何杯も飲んでいる。

スポンサーサイト



風邪をひきました

着込んでも寒いな~と思っていたら風邪を引いたようです
春めく陽ざしについついと
流行色のシャツに目がくらみ
流行チェックのパンツに手が伸びて
薄着して
風邪をひきました


窓からの陽ざしに包まれて
これも幸せのひとつだと
日がな1日に薬を飲んで寝ていました。

ソチオリンピックは終わった

浅田真央ちゃん
イヤこれからは
浅田真央さんと呼ぼう
深く心を動かされた
魔物にもあったし
魂も砕けそうになったのかもしれない
己に負けなかった
もういいだろう
思う通り普通の女の子になってほしいと思う


オリンピック4度目のスノーボードパラレル銀メタル竹内選手
知らなかった
報道されている範囲で浮かされている自分が嫌になった


転けた発言もそうなんだそうな
確かな情報も得ないで
咀嚼しないで
けしからん!というのはけしからんそうなのだ?


母さまの事

K職員さんの介助で食がすすんでいた
(食欲が無くなってから初めての事
しかしK職員さんは3月から施設内でショートステイに移動になる
母さまの気質もわかってくれ上手く生活全般に渡ってコミニュケーションが取れているのに不安)
M香がおば~ちゃんにとクッキーとチョコ菓子を作ってくれた
柔らかいチョコは口当たりよく
あま~いとでした。

M香のホルン(23日)

近くの保健施設で
中学生の吹奏楽が聞けるという
M香もⅠ員としてホルンを吹いている
札幌はキタラでコンクールがあり金賞にあと一歩だった
入学当時はかたつむりを抱えて?下向いての演奏で
あり~ぃ?こりゃダメだ!
近くの刑務所の秋祭り公開
うんうん 形になってるけどまだ恥ずかしさが見え隠れ

そして今回
ババ馬鹿と言われて結構!
まあ!
ほそっこい体で頬を微妙にふくらまし
顔を赤くして、目を張り演奏する姿に
音色に
ババちゃんはものすご~く感動したよ
泣けてきたよ

楽曲がすすむほどに
保健施設にディに来ていた利用者さんが
頭を揺らし
身体を揺らす
音楽の持つ力に感動
若さの魅力に期待して
涙が出たよ

ありがとう
ありがとう
また来てねと言ってたね

(聞けばホルンという楽器は相当難しいらしい
中学に入学以来練習のないのはテストの時だけだとか
本人もさることながら先生に感謝です)


母さまの事

午後から訪問
昼食がすすんでなかったのをお聞きしてから
大福
サンドイッチ
イチゴを一緒に食べる
いつものようにあなたもどうぞとすすめてくれる
が  一変
弟は胡散臭いオジサンに
自分は小うるさいオバサンに見えだしました

20日母さまは

チーズ入りのポテトサンド
低糖花豆
大福
昼食に出された野菜とじを半量

あなたと食べると何でも美味しいと笑顔
カップに入れた澄まし味のスープは色が嫌いという
コーヒは苦いとしかめ顔(試飲すると確かに 苦情は控えた)
替わりのイチゴジュースは酸っぱいからあなたにあげるという


車いすでお散歩しましょ!と誘ったら
あなたが言い出したのだからどうぞという
1階まで下り雪景色を見る
駐車場を見て車だねと言った


帰宅途中
靴屋さんで春色の室内履きを探したが見当たら足らなかった


21日
午前中は休養
2時には陽ざしも強く気持ちがよかったので
思い切って「おひなさま」を飾った

一息つきました

身体を温めに温泉1泊
メールはどこえ行ってもついて来る
確かな自分の存在を教えてくれるのだから感謝

帰途に「抱きしめたい」の映画を観た
障害とは関係のない妊娠脂肪肝で「つかさ」は帰らぬ人に
二人を取り巻く両親の言葉が重い
真実の愛 長い短いではないけれど・・・・

降って止み 突然の突風を繰り返す天候の中
かいくぐるように青空の間に帰宅した

昨秋母上をなくされたSさんから便箋3枚の封書が届いていた
K浬ちゃんからもおばさん大好きとハガキが来ていた。

心まとめてよっこいしょ! 明日から

年末からの予定も今日までと昨晩は早く床に就いた
安堵からか寝付かれず
20年前背中にメスを入れたところがキリきりと痛み
張をを感ずる
自分ではマッサージの手が届かない
昨日の「健康寿命」で聞いた
癒すこと
抱えて生きるということなのだろう?(大げさか?)



東京都知事選挙
都民でなくてよかった~
決められる候補者いなかったも
言われることだけど人間ひき際が大事だってこと学んだ
テレビというフイルターを通すと色が付く

オリンピックの沙羅ちゃん残念
2度の追い風 課題だったテレマーク
足したり引いたり
気持ちがおさまらなかった
今日も鞭打つようにTVが期待のの映像を追いかける
なんとかなりませんかと言いたい
(その後差引なしのカーリングに夢中になった)


嘘つきベートーベン
よくもまあ~とマスコミに言いたい


レジェンド葛西選手
ほら吹きマックにならなくておめでとう


男子フィギァ羽生選手
何とナントの金メダル
運と実力の神様が仲良しだったおめでとう


男子フィギァ5位の町田選手
物言いが他と違う
強気の発言にハラハラしていた
有言実行おめでとう


ノルデック複合の渡部選手
やったね! おめでとう


ハーフパイプの
平野選手 平岡選手
闘志秘め優しい青少年
幼い時からテレビで見ていたから感激 おめでとう


連覇をしていた王者がまさかの敗退
何度も言って何なのだが
フイルターを通すと見えるはずのないものも見えてきて


今は亡きコメディアンが言った
世の中はそんなものですを深く思う


頑張る姿はメタル 入賞にかかわらず間違いなく
忘れそうになる勇気と感動を思い起こさせてくれています
ありがとう


母さまの事

弟と昼食訪問
早起きしてお弁当を3個作る
チラシ寿司 芋天 餃子 白菜お浸し 卵焼き 団子
鮭 ブロッコリー コーヒー

自分は後から来て態度がでかいと叱られました
弟は爺さんと呼ばれてショック

犬模様のかまぼこを綺麗だねと1個分けてくれ
みんな美味しいよ~というので
お母さんが味付け教えてくれたんだよと言ったけど
聞こえなかったのかスルーされました

おか~さん 帰ってもいいかい?
お好きにどーぞと言うので
いっぱいお食事してねと握手して帰ってきました

抑肝散を処方されました。





圧力鍋の話

4年前に母さまと京都の妹を訪ねた時
妹は有ろうことか圧力鍋に針金をまいて使っていた
当然蒸気はダダ漏れ
なにより危ないっしよ~
いいんや 2,3回すればそれなりや~

昨日ポイントがたまったので交換して釜を送ってあげました

ところでです
圧力鍋蒸気は初めから傘のようなところからシューと出るのではないのですね
たまたまガス台の近くにいたのでシューを待っていたら
火傷にご注意ください!のポッチからモヤモヤ
壊れた??と見ていたら
火速?加速して
傘が踊り狂いだしました
な~るほどね
50年も圧力鍋を使っていたのに知りませんでした


これから
「健康寿命について」の健康教室に行って
自分の身体が長持ちするように勉強してきます

去年までは2000歩で痺れ痛みが取れたのに
今年は3500歩
それからやっと気持ちよく歩くことができます

歩くのを辞めれば
止まれば倒れるとは此のことです。

F宅から帰宅そして母さまと

11日夕刻F宅に行こうとすると息子が
此の寒空に70のおばあちゃんを外に出すのは忍びないと送ってくれました
ツルンつるんの雪道運転より
何かと問題のあるJR北海道のほうが安全と思ったのですが
そこは素直に乗せていってもらいました

弱弱しく便り気なさのF夫さんは
2日の滞在中に目を見張るほどに
日常動作 生活ができるようになり
ごみ捨てなどは問題なく
外の空気は気持ちがよいと
S子ちゃんとスーパーにも運転して買い物に行きました
13日にはお小水が溜まるのがわかるとの事で
早すぎるほどの回復と思い喜ばしいことと思いました

S子ちゃんには
何か一品お惣菜を作ってあげれば
大丈夫と思うよと話し合ったりもしました

夜のトイレ介助は
R子ちゃんの出来ることが多いので
F夫さんが男の力で力任せにしないよう助言したりもしました

R子ちゃんはいつ来てくれる?と言いましたが
1週間から10日は来れないから
ご飯をちゃんと食べててねと言って
s子ちゃんが駅まで送って呉れました

そして今日
母さまにこれはという気の付くものをもって訪問
こんにちわ~
しばらくですね~と迎えられました
花豆の低糖煮
ホットケーキ
ザンギ
団子
ポテトサンド
コーヒー
少し甘みのあるものが口当たりもよくすすみます
供されたお粥 カレーも少々
副菜もデザートもほぼ完食

1本で1日分の野菜というドリンクを半分こして飲む
ネーミングが気に入ったらしく何度も読んで聞かせてくれる

おかーさん顔色良くなってきたよ
お水も飲んでね皺皺になっちゃうよ~と言ったら
叩くように頬をさすって笑った
立春と書いて額に入れた書とともに携帯で写真を撮った
今度来るとき写真持ってくるからね約束して握手した

この調子?
で 大丈夫かな?

歩道を歩く帰り道
淡雪が舞っていた
掌に受けながらかえっえきた。

建国記念日 黒飯つくっています

今日は建国記念日です
祖父は紀元節じゃ~と言って神前に額ずいていました

例年ならお赤飯というところです が

自分の育った環境では
黒飯は弔事の時に引き出物として出される特別なものでした

ネットのおかげで
それは北海道だけの事と知りました で

今日は菜園で一昨年収穫した黒豆で
黒飯と相成りました

小豆より大粒な分いただいた時
香ばしさが口いっぱいに広がります

後3分で炊き上げです
お供えしたら
祖父の写真は何と言って驚くでしょうね。

お雛様を出さなくっちゃ~

起床 7時30分
カーテンを開けると
陽ざしか違う
空気の色が違う
春の兆しの色でした

お雛様を飾らなくっちゃ~


年寄ってさー 
もうちょっと自分のためにゆっくりと過ごすんじゃ無いの?
俺が先か? おふくろが先か?と息子
それはわたしと自分
あんたの成功は待ちきれないわ
酷いこと言うなー もう少しだからと 息子は出て行った
今の小さな暮らしで十分と自分の声が追いかけた


母さまはパン食べて
水分も摂取出来ていた
ビーフシチューは汚い色だから食べませんと拒否
人参は美人に成るってと言うと
ハイハイと掌に載せさせてくれた
副食の野菜には手を付けない
(昔味付けのキャベツの炒め物はどうだろう)
串団子3個
サツマイモ1切れ
カルピス味の飲料をうま味だね~喜ぶ

疲れて寝てしまったので
バナナ サツマイモ 団子を預けて挨拶せずに施設を後にした

暖気になったので
雪は淡雪になって舞い降りていた。


京都の妹に
写真を送った
パソコンを変えてから
操作が呑み込めない
待っているだろう
どうしたかと心配しているだろう

12600歩も歩いた
気がかりな用事はこなせているけれど疲れました
早めの入浴で寝ることに致します

あつ!
お雛様はこの次です。

お団子忘れちゃった~

お団子忘れちゃった~
その年になったら後で用意するなんて、忘れるから駄目だよと弟
そうだね~ アイス買いたいからお店によってと自分
朝飯食べてないからさお弁当も頼む
ハイよ!

母さま うつむいて険しそう
おか~さん お昼一緒にたべましょ!
お粥(施設でも早速用意してくれていた 感謝)
ざんぎ アイス りんご バナナ 持参
スプーンは使えなかった
掌に乗せると口に運ぶ
サケのハイカラ焼きをバナナと見間違えたかパクリと口へ
美味しい?と聞いたら
最高!!と笑顔
ざんぎは焦げちゃった~言ったら
大丈夫美味しいよ~
弟をあなたの旦那さん?と数知れず聞く
弟ですと答えると
いい男だね~と言う(昔は確かに)
鼻水が出てきたのでチョッキを肩にかけると有りがたいと言った
1時間30分で副食のあえ物とお粥半量を残しもう一杯と疲れた様子

栄養士さんの意向もあるだろうが
今は食べれるものを摂って力を付けてあげたいと思う

明日も来たいよ  握手と手を差し出したら
蠅のように払われた
疲れたよね

看護師さんに呼ばれて

母さまは朝食2割
昼食もほとんど手を付けずふさぎ込んでいる
顔色が黄色い
顔が皺皺
おか~さん
御芋だよ(有りがたい)
お団子だよ(小首を傾げて手を伸ばす)
プリンだよ(甘い)
コーヒーです(温かいからね 気をつけてください)

お顔が小さくなったよ~
皺皺になっちゃったよ~と言ったら
自分のほっぺを叩くように撫でて笑った

おにぎりにタラの身を載せて
きゅうりのあえ物も
食べたらお体が喜びますよ~と完食

花模様の生麩に
お花が咲いてるね~ 何のお花? 京都のかな?

近くで2人の様子を見てたら可笑しいような掛け合いでしょう
しかしお食事は完食


看護師さんがお話があると来られた

水分摂取も食事量減りつつあります
(話 はしょって)
今後胃瘻の選択は?
(話 はしょって)
胃が小さくなってからでは胃瘻もはかばかしくないらしい

(話はしょって)
施設に入居しても
母さまの場合家族の意向で今後が決まる
エンシェアも摂取するように試みて
共に食べるということに頭を知恵を使おう

何と午後のレクリェーションの書道で
数年ぶりだというのに
チャッチャッチャッ!と
味のある文字を書きました
生年月日は忘れた!というので
○○○○だよというとOK
平成は無理だろうと思ったら
すらすらと書きました

母さまは
まだまだこれからです

昨日は吹雪でした
お粥をもっていこうと思ったのですが
疲労感 多く
吹雪を幸いとばかり
休養にあててしまいました
それがちょっと悔やまれます


6日 F宅から2度目の帰宅

4,5日とF宅に泊まり6日夕刻に帰宅しました
お食事の支度
トイレ介助が主なお手伝いです
食材はS子ちゃんが買ってきてくれるので調理するだけ
R子ちゃんに味付けを聞いてF家流に調理すればいいのです
昔話をしながら3日はすぐに経ってしまいました
入浴はT夫さんに手順をを聞いて次回ということで
洗髪だけにしました

F夫さんも途中熱が出たり 足のむくみ症状が出ましたが
直接の関係は無いということで7日の退院となりました

生体検査の結果
精管のそばに腫瘍があったものの70パーセント大丈夫だろうとの主治医の説明
只 散らばる性質のガンだそうで
その処置法もあるのでまずは安堵
体調良くとも検診だけは滞ることのないようにとS子ちゃんに助言した

帰宅して息子に話そうとすると
伯父さんがS子が命を救ってくれたと言ってたよ
後10年は大丈夫だろうと言ったから
10年経ったら後8年は大丈夫だよと言ったら
そうかなと伯父さん笑っていたよ


(F夫さんは今回の入院
誰にも話さないでくれと言った
歳取った男なら成る病気だし
歳より同志切りがないと)

息子の分別でお見舞いに行ったんだと思う
ネッポリ ハッポリ聞きたいところだけれど
1ケ月したら釣りにも行くってさ さすが伯父さんだな~
と聞いたので踏み込まなかった



娘の誕生日

パソコンメールに
M子さんの誕生日です
送信メッセージをどうぞと表示された
どうしてだろう?

その娘
40年前6時18分難産の末誕生
自分は数年の間体調が優れなかった
娘も2人の子を授かり
肝っ玉は大きいが
体調万全とはいかないらしい

深夜放送を聞いていたら
ショパンのノクターンが流れてきた
音楽に疎い自分は昔聞いたような聞かなかったような?
難易度もどの程度なのか知らないが
その曲がショパンということは解った
小さな手で諦めず毎日練習していた
たまに弾いたら?と言っても
とてもとてもと手を横に振る

昨晩
電話して
幾つになるの?と聞いたら
40とウフフと笑った


お団子がいいの?

昼食を一緒にと思い母様訪問

職員さんもお手上げの機嫌悪さ

こんにちわ~
人それぞれです!!
お昼ご飯を一緒に食べてもいいですか
どうぞ これは私のです!!と険しい 
食はすすんでいない

サツマイモ
豚ロース焼き
ざんぎ を持参
わたしが作りましたお味見してくださいと言うと
サツマイモ?と手をのばしてくれた
ロースはほんの1切れ
ざんぎは1個

ボール状のおにぎりをお団子と言う(初めての事 解らなくなったのかな?)
お豆腐のたらこあんかけ 青物のあえ物を
手の平に乗せてあげると口に運ぶ
カップのお味噌汁は声掛けで飲めている

時間をかけた声掛けと介助で8割がたの摂取
娘さんだと食べるのですねと介護士さんが言われる

おか~さん お願いがあるの~
言ってごらん?
髪を切って綺麗にしたいんだけれどいいかな~
いいよ~

所要時間10分
もう少しというところで下手くそ!と不穏になりました
大雑把ではありますがサッパリ
母さまらしい髪型になりました
まゆ毛もカットしました
オレンジ色のリップクリームもまゆもひきました

フロアーに戻って
皆さんに綺麗になりましたね言われると
知らない!と自分を近ずけてくれないので退散

2階のK池さんを初めてお尋ねしてから帰宅しました
1年ぶりのk池さんは片手を上げて自分のことを覚えてくれていました。

遅いな~

遅いな~
弟の電話が来ない
行かないのかな~
そんなことは無いな~
まっ!いいか 自分は明日も行くから

14時30分
Mちゃんは行かないのか?
行くよ~

母さまは頬杖ついて下向いている
昼食は主食完食
副食2割  との事
ケアカンファレンスのプレートでの提供は効を成さない
お汁はカップ提供で継続

イチゴ1個
大福を小1個
サツマイモ 3センチ1切れ
ソフトクリーム 小1個(ウエハスは除く)
水分120ml
美味しいねと食べてくれる
(こんなに召し上がりましたかとお渡ししたメモを見て
介護士さんが驚かれた)

しかし
1度での声掛け薦めでは
要りません わかりませんと拒否する
頃合を見計らっての声掛けがポイント

しかし
介護士さんの入居者多勢の中でのグットタイミングは難しい

母さまの爪が綺麗に揃えられていた
(チャンスがあればと爪切り持参したのだが有りがたい 感謝)

弟が
髪伸びてるなと言う
おか~さん 明日 カットしてあげようか
いいですよ~
(と 前髪を掻き揚げる)
前髪 短くしたらサッパリ素敵かな? 明日ね
と約束して
握手して帰ってきた。

1日に一時帰宅

F宅から一時帰宅しました
T夫さんの手術は30日は全身麻酔をして14時30分終わりました
主治医の説明によると他への転移も無いとの事
切除したものを生体検査?(自分の解釈)1週間ほどかかるそうです

s子ちゃんが麻酔の覚めたT夫さんのコメントをスマホで動画にしてR子ちゃんに持って来ました
T夫さんは成功したから心配しないように、大丈夫だと浮腫んだ顔で力なくいい
R子ちゃんは良かったねと精いっぱい笑って動画に撮りました
明日S子ちゃんが病院へ持っていきます

次の日
もう歩いているよ 腹が痛い 大丈夫だとT夫さん
カバノアナタケ飲んだかい?とR子ちゃん
いいや まだご飯当たらないからとT夫さん

短い会話でお互いの身体を心配している様子が伺えウルウルしそうになります



土,日曜はK浬ちゃんの学校も休みなので自分も一時帰宅しました。

プロフィール

ハッピーみっこ

Author:ハッピーみっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR