FC2ブログ

菜園の家

お天気が良かったので菜園見回りです
黄砂の為か
ミュンヘン大橋から見る札幌の街は霞んでいました

トウモロコシとツルなしモロッコが3センチほどに成長していました
京野菜の万願寺とうがらし定植の為に穴を6個掘りました
さてと?
暑いほどの気温上昇で
玄関の内壁にペイントを塗ってみました
弟がナスと南蛮を植えに来たので
家の周りにアリ駆除剤をまいてと頼んだら
そんな暇はないと
どっかり座って一服しています
あれ!働いたっけ?
全く休憩の好きというか
休憩の多い弟です

せっかちな姉はチャッチャと粉剤を撒いて帰宅
シャワーにビールで
労働の後の達成感!でした。
スポンサーサイト



椅子の修理

お正月に皆が集まった時パソコン前と食卓テーブルに移動に便利な
自分用のキャスター付き椅子

もう一脚(これは老朽化?)
元気の良い若者に屈して壊れました
もう限界
新しいのにするか?
と 息子
鐘は鳴りましたが
笛は吹かない
慣れ親しんだ道具なのでそもそも新調は考えていない

ホーマックへ
ハイ!お財布忘れました!
夕立が降る中
家にUターン
なんてこった!
財布も忘れるようになっちゃった

鋸きりで板を切断 ボルトで固定
女の細腕 こんなものだろう

椅子返して
下地の位置をずらして
キャスターを取り替え
これはGood

椅子に座った息子
??? ん? どうした?
解る?と聞くと
解るさ~ やるね~ とそれだけ。

15年経っていた

札幌駅でTさんと待ち合わせ
Tさんとは15年ぶりにお会いする
Tさんは勤務1年で退職した
会社から駐車場までの5分をあれこれ話していた

賀状のやり取りのお付き合い
2年前突然お電話を頂いて
高齢のご両親のお話を聞くようになっていた
母上が昨年7月に他界され
今も病院とのいきさつ
母上様への思いを悶々と抱えているようです

今は86歳の父上と2人暮らし
亡き母上様の友人の足も遠のき
父上様も運転での毎日の整骨院通いが日課とか

お友達に電話しても
終わってみたら聞くばかりで
何も話せないで終わるという
自分だけが
話を聞いてくれて
働いていたころ

「和」が大切と口癖のように言っていたとか

一人行動の好きな自分がたいそうなことを言ったものです


父上との関係が上手くいかなくて
別居を繰り返したこと
過去うつ病になったこと2度
読書で現実逃避をしているのでは?と思う事
今後どうなるのか不安な事
などなど
バイキングと喫茶で4時間をあっという間に過ごす

父上に何かと思ったが
ミスタードーナツしかみあたらない
甘いもの食べれる?と聞いたら
ええ と細くなったお顔の優しい目が笑った
2箱買って1つを
ハイ!
いいんですか~ありがとうございます

改札口で立ち止まった時
Kさん お酒飲めますか
父は4時からの晩酌が楽しみで
私もウイスキーを飲みます
父は1階 私は2階
一緒に食事することはありません
話好きで新聞の集金さんが来ても喜びます
飲むと饒舌になります
それと
入浴しても加齢臭がすごいのです
Kさん お忙しいのは知っていますけど
一度  お酒飲みに来てください
亡母がお布団一杯用意してくれてますから

父上を思う気持ちが自分には伝わった

気になることを数件訪ねた
ああだこうだとは言わなかった
これからゆく道で心と経験から会得することだから

お父様はあなたが居てくれて「安心と信頼」の気持ちですよ
自分がそうだったように
精いっぱいやったら
「これまでの自分を信じること」
馬は引いていけても
水を飲むか否かは馬自身だからね と
そうですね~ 本当~と笑う
(飲む気にさせるのも美味しい水を用意するのもTさんですよ~)


畑をしている聞いたのでとうきびの種を送ってあげるねと約束した。

菜園の朝

菜園の朝は早い
山と川に挟まれた景色の美しいところです
母さまの認知症状が早く
夏は野菜を作りながら温泉巡りをして
冬はマンションで暖かく
などと計画していた
1度目の菜園宿泊ですっかり頓挫
楽しみながらの家つくりも中断
ペイントがそのままになっている
もう4年経った

菜園が一段落したら
バーベキューをしょうと弟と話した

弟は休んでばかりではかどらない
仕方がないので腰を曲げ曲げ手伝った
おかげで苗もの植えれただってさ

藤は満開を過ぎアラ古希の様だった

敬老パスをもらったので
大通り公園までバスに乗る
50年ぶりにススキノを通った
ビルと老舗の呉服屋さん寿司やさん中華屋さんは健在だった
ついでだからと
テレビ塔に登った
あっと言う間だったな
こうして
観光客のように見下ろす自分が不思議に思えた。

菜園へ

弟と母さまを訪問
昼食を一緒に摂る
今日は順調に食事を口に運んでいる
デザートに小さいあんころ餅を4個
どうぞと差し出すと
明るい顔になり2個取った
自分の好きなものが解ると言うことは嬉しいことです

あのねおか~さん
トマト植えたことある?
これからトマトとナスを植えに畑に行きたいの
早く帰っていいかな?
どうぞどうぞというので握手して振り返ると
もう下向いて目を閉じていました

その足で菜園に直行しました。

のんびりと

京都行から1ケ月経ちました
行事も菜園も一息ついてのんびりです
少しばかり上がった気温に後押しされて
小かぶ オクラ 青紫蘇の種を植えてみました
4000歩の散歩にも出かけました

年に2度しかお参りしない神社で
お賽銭を入れて
カランコロン
今日あることを
ありがとうございますと手を合わせました。

今のうちに

母さまはお膳を払いのけるとのことで
皆さんとは
時間差の食事?

要らないとはじめ拒否でしたが
そこは自分の長年の腕です?
海苔巻きを一緒に食べました
今日は気温も上がったので
デザ~トはソフトクリームです
お寿司だね~
冷たいね~と
乏しい笑顔?で自分を見てくれました
(同じフロアーの皆さんにもと12個持参しました)


小庭に
トマト しし唐 ピーマン キュウリ スイカ を植えました
時期を逃すと
野菜たちにも罪作りになります
今のうちにです。

動けません!

息子に
おう!
どうした?!
と言われても
動けません!
休養です

撒かないと生えないからと言い訳しつつ
来年は
手のかからない物を植えようと思っています。

送られて

朝起きると
腰が前にも後ろにも
痛くて痛くて動きません
帰れないな~

畑を貸しているS子ちゃんが
叔母さんが居るのなら行きま~すと種まきに来ました
自分は立ち上がれないので
ズッテ人参の種植え草取りを手伝いました

もう一晩泊まっていくと伝えると
時間あるから送っていくよ~
家で休んだほうが疲れが取れるでしょうと言うので
お言葉に甘えることにしました。

種まきをした

小雨の止む11時から早めの昼食を摂って外に出ました
先ず植えるもののも予定してと区画割り
苦土石灰 堆肥 ぬか 肥料を撒きスコップで耕しました

上の弟は昼すぎても現れません
下の弟は菜園に全く興味なく
キュウリがぶら下がっていても
トマトが熟していても採ろうとはしない
60歳の都会っ子です
今日は調子が悪いと街の自宅に帰っていきました

大根 とうきび モロッコ 20日大根 黒豆を植えました

茗荷が芽を出してきました

一息ついて
藤の木を見ると沢山の花芽を見つけました
遅~く来た弟が
喜んで剪定の仕方が解った~と自身の笑顔です
バッサリ切り過ぎで去年は咲きませんでしたから

亡父が植えた藤ですが
家宅の人であった父は満開の藤は観ずに終わったはずです
これまでは庭の邪魔にしてバッサリ
今年で2度目の開花です。

菜園で

母さま訪問後菜園に来ました
母さまは心配していた不穏もなく海苔巻きを3人で一緒に食べました
安心して畑を耕せます
小雨が降って外仕事は無理なので
トイレ 台所 お風呂をピカピカに磨き上げました。

晩秋のような天気です

寒すぎます
ベランダで育てていたトマトの苗が~
カバーが風で飛んで
葉がちじこまってしまいました
どうする?
明日も低温予報です

十勝山麓では積雪があって
オホーツク海方面でも雪降りだそうです

母さま訪問して
菜園に泊まり込みの予定なのですが
どうする?
うーん? うーん?

そろそろ弟から電話が来そうです。

30分で帰ってきました

朝からの強風と雨です
どうしょう?と思ったけれど行きました
このところ不穏で
食欲もないようです
おかーさん こんにちわ
嫌な顔 あっちへ行きなさい!
お赤飯も金つばも色が嫌いと言います
昼食はお膳から出して
遠くへ押しやっています

顔色も少しは良くなっているし
覇気もあるので
様子を見ることにして
職員さんに好物を預けて帰ってきました
う~ん?。

地区健康づくり全体会議

H25年度の事業及び収支報告
H26年度の収支案及び事業案について
役員改選等速やに承認 決定

つながる人と未来へとの副題で
1 健康寿命の延伸
2 健康格差の縮小
3 すこやかに産み育てる
それぞれへの取り組みが講演された.

健康つくりを
市民一人ひとりが参画して         (自助)
地域とともに                (共助)
市民 地域 企業 関係機関が連携 (環境整備)
ですすめ
豊かな人生を送りましょうと言うことです


見渡すと同じ年頃の方々ばかり
それもご婦人のパワーがあふれている
顔なじみのない自分は一番先に会議室を出ました。

お花見  2

今日はKディサービスのお花見最終回でした
10日が満開でしたので
どうでしょう?
車で丘を登り
戸田墓苑内の桜並木が見えた時
間に合ったとホッ!との気持ち
触れればお落つる風情です
時折の強い風に乗って桜吹雪
道路の両端はピンクの絨毯でした
大小の丘も遠く近く桜色でした

今日が一番のお花見ですね
こんなのはなかなか見れないね
笑顔いっぱいの利用者さんの横顔を拝見しながら
今日もよい日だったと思った

kサービスに着くと
Nさんが
私お引越しをしたのですよ
色々一人で考えることがあって
なかなか決められなくて困りました
先生の顔をみて
お電話番号解っていたら相談したかったと仰いました。

これも断腸の思いの一つです

昨日は花粉が多く舞ったようです
一晩中寝たよな 寝なかったよな
薬を飲んで
午前中トロリトロリと休養

U氏から世話になったな~
帰ってきたんやと電話があった
疲れてると思うから
休養に努めてねと言ったら
犬の散歩だけや~
来月中頃には行こうと思っているんやと返ってきた

それを機会にかたずけもの
成果は
おおきなゴミ袋一杯のビニール袋
大きなゴミ袋いっぱいの大小の紙の手提げ袋
中のゴミ袋一杯のコーヒー ジャムの透明瓶どっしり

断腸の思いで捨てました。

ふつふつと

午後より
特養「H野」2回家族会設立準備委員会に出席
1回目は京都行と重なり欠席している
初回から欠席とは不本意だった
人の話をじっくりと聞くと言うことに欠ける自分は
此の会を機会に変わりたいと思っている


母さまの事

うつむいて頬杖ついて
顔色悪い
萎びている
お昼食べましょ
要らない!
大福ですよ
チラリと見て要らない!

配膳から40分経過している
職員さんに聞くと
昨晩も小食
今朝も遅くに小食
そして今
水分も足りないようだ
スプーンで口に運ばれるのを拒否する母さまは
このまま昼食も下げられるのか?
自分席を離れて戻ると
Oさん食べませんか?との声掛け

爪を切りましよう との声掛け

母さまの日常は?
自分が訪ねた時が非日常?

なんとも 何ともな
沸々と・・・・・・です。


92歳の母の日

8時40分
来た来た弟からの電話
Mちゃん行くのか?
行くよ~
いつもは10時ころなのに
今日は気合が入っている


弟はフリザー加工の犬(母さまは犬が干支)カーネーション
自分は生花の赤いカーネーション
そっとテーブルに置くと
母さまは手を叩いて綺麗と喜んで呉れました
女性の入居者さんの前にはカーネーションがそれぞれに花瓶に差されています
母さまのだけはダントツに長い?
職員さんが教えてくれました
遠くからでも見えるようにと切らないでと母さまが言ったのだそうです

己への厳しさも誇りも気使いも優しさも変わりません


爪が伸びているからと弟が言いました
チャンスをうかがっていたのですが
なかなかイエスと言ってくれません
それでも
右手薬指を残して4本切ったところで
あとは自分で出来ます!!と拒否
はい!それまでです


又来るねと言ったら
怪訝気に握手

弟は手をピシャリ!と払いのけられてしまいました
ありゃ~。


そして我が家
娘が鉢を抱えてやってきた
ベゴニヤの王様だねと言ったら
さすが~と忙しく帰って行った

夕食は
生ラムでジンギスカン
母の日だからと
息子にサントリープレミアムモルツを1本
自分用にアサヒクリア(x本)
今流に言うと
生んでくれてありがとう
家に来てくれてありがとうだねのコメントに
お~ そうだったか   で終わり。

お花見

ぶるっ!と冷たさ感ずる中お花見に出発です
いつもお元気な
Kさん Eさんが沈んだお顔で行かないと言います
(ディサービスセンターに帰ってからお聞きすると
Kさんは血圧高く Eさんは全身が痛いと言う
先生はたまに会うから私たちの事が解るんですねと言われた)


戸田墓苑は満開でした
車窓からカーブを曲がる毎に
遠く桜の杜が目に飛び込んで
感嘆の声を皆して挙げました

同じお弁当を頂いて
こんなに食べれないと言っていた利用者さんも完食です
そしてもちろん笑顔です

帰路途中
ロイズで菓子パン チョコレートのお買い物です
顔なじみの車椅子のAさんが
遠慮がちに売店に行きたいと言います
あれもこれもとご家族にお土産買って満足の笑顔でした

無口だからと聞いていて
話の途中で座を離れるN氏
車窓から服を着た犬を見たので
犬も寒いのですね~と言ったら
家にはパグ犬がいるんですよと言われた
自分は苦手と思われてるなと思っていたから驚きました
顔の割にかわいいと言いう事
賢いと言う事
12年も飼っていると言う事
お話が弾みました

職員さんは
ノルマに工程に忙しい
少しはお役に立てたかな
それよりも
自分が一番楽しませていただいた
ありがとうございました。

昨日の事

昨日の事
岩尾ダムに行くと言うのにおかしくないのかな~
新入りの自分
層雲峡ってどちらですか?
天人峡ってどちらですか?
だ~れも
運転手さんに任せておけばいいのの雰囲気
忠別湖?
ちがうでしょ!
Uタ~ン62キロでありました

芝さくらもチューリップもまだまだ出でしたが
人も車も疎らで
若緑を堪能しました

サロマ湖の端にも行きました
湖の漁村は住宅が立派でした
豊かなのでしょう


それに比べて
白樺さえも細く
川にも恵まれない起伏の多い山村では
酪農に志をたてたものの
他に活路を求めたのであろう
サイロ 廃屋 自動車 重機までが置き去りにされていた

北海道は広い 農業に 酪農に 漁場にと言われるけれど
適した土地は限られている



今日は菜園を気にしながら休養に努めました


そんなことではなくて

芝さくらを見に行くことになりました
まだ早いと思います
温かくして行けば大丈夫と友人たちは言うのですけど
そんなことではないと思うのですが
新入りメンバーとしては従います
400キロくらい走るそうです
でわ
遊ぶとなるとパワーが出ます。

タイヤ交換しました

ゴールデンウィークも終わったので
タイヤ交換をしました
と言っても
ガソリンスタンドに持って行っただけです

腰が痛くとも
そこはコツがあります
軽タイヤですしね
物置に入れるとき
今秋も自分で出来るといいなとフト思いました


札幌はあちこち桜が満開です
地方局の女性アナウンサーが
桜を見るとすがすがしく
心が洗われますねと番組の終わりに言いました
そうでしょうか?。

なんとかなりますように

腰を曲げ曲げさすりながらバス停の時刻を確認
エントランスまで来ると
8階のHさんが
Kさん上から見てたのよ 今日は痛そうねと声をかけてくださいました

そうなのです
あと50分でバスに乗るのにこんなんじゃ~
気を張って
身じまいを正しているうちに
腰も幾分伸びたと自覚

駅前のいつもの所でで同期生U氏を見つけました
自分悪いな~ なんのことやらさっぱりや
甥子さんの入居に関する書類
区役所 税務に関することその他諸々
特に変わった契約は無いこと 一般的な事
しかし
これとこれはUさんも目を通してね
此処が一番行き違いのあるところだからね
控えはファイルしといてね
フムフムとU氏

チャッチャと終わらせ昼食を頂きながら
兄の事も一段落して
なんか疲れた気持ちや
眠剤も切れて市販のでは不安なんや
いい時に商売辞めたと思うとる
人に恵まれ借金残さず
小さいながらも家も持てた
これからは歩けるうちや
12日頃には帰ろうと思うとる
自分今度何時来るんや
何処でも案内させてもらうで
話を聞いてもらえるのは有りがたいんや

3週間一人の食事は寂しかったで~と
バス停まで送ってくれました

言いたい放題の自分でしたが
ご馳走様
過労だと思うからゆっくり休んでくださいね
直ぐには疲れは取れないと思いますからねと言いました

U氏はなんだか足取りが弱く見えました

U氏は10月の店終い以来北海道にかかりっきり
なんとか納まるところにおさまって
なんとかなりますように。

突風で梅の鉢が!

乾いた風の強い朝でした

ガタッ!!ゴロッ!!

ベランダを見たら

桃の鉢に梅の鉢をくくりつけてあったのに

お見事!

劣化した紐が切れて

ヒックリ返っていました



母さまの事

おかーさんお昼一緒にたべましょ
怪訝な顔
タイミングよくボール状の白飯3個が配膳された
1個食べてもういらないと言う
職員さんが朝食を9時に摂り それも主食のみ
すき焼き風の副菜をすすめてもキュウリの酢の物をすすめてもいらないと言う
弟がこんいちわというと
よく来たねと言う
あのテレビを観てるじいさんわたしを睨みますと自分に言う
弟の事です
おかーさんがご飯食べているかな~っ見てるんだよ
食欲ないようなのでそれではと
義妹の用意してくれたメロン キウイを
ハムサンド半分
アンドーナツ4分の1
とうきび4分の1を硬いよ~と言う(確かに)
あなたもどうぞと弟にすすめる
俺歯が4本しかないから食べられないと弟の返事
母さまは若いのに硬くて食べられないだってと自分に
顔を寄せて笑った。


一人で行けんのかい!

午前中疲労と鼻クシャで休養
そろそろ電話が来るぞと思っていたら
Mちゃん今日行く?
行かない 明日行くことにするよ
そ~か~

夕刻電話が来た
Mちゃん明日何時に行く?
お昼めがけて行くよ
行くとき寄るから

一人で行けんのかい!

息子命だった母さまのところに

そういえば同期生のG氏が言っていた
行っても3分持たないと。

いよいよ花粉アレルギー

夜中の3時30分
空気が変わった気配
ツツ~と鼻が
アレルギー特有の症状で目覚める
6時30分までラジオを聞いてしのぐ

頭のハッキリしないまま
たけのこご飯を持って母さまを訪問
あんたの事嫌い!
副菜の菜の花和えがひっくり返っている
主菜の鮭のムニエルがつつかれたようになっていた
職員さんがご飯が来てませんねと最後に持ってきてくれた
Oさんお赤飯ですよ~
大好きなお赤飯にも母さまは見向きもしない
タケノコご飯をボール状にして2個を前に置いたら
要りません!と
ポイと!テーブルに投げた
初めての事でした

自分には
昼食を提供する順番が違ったからこうなったのか
朝から調子が悪かったのか
トンと見当がつかない
あなた嫌い!
あなたお食べなさいと少しの会話

自分と母さまは下向いて傾眠
おかしな光景だ
2人を見て職員さんは何を思ったか 思わないのか
自分から原因を聞くことはあるのかな

それでも
握手をして又来るねと返ってきました



その足でF宅訪問
T夫さんは退院して2度目の検診を9日に控えている
それでハッキリするんだ
海にも山菜取りにも行ったと
コジャックと谷地吹きの食べるばかりに茹でているのを頂いてきた
畑を見ると
小松菜 エンドウが芽を出していた

3年も姿を見せてなかった雀が2羽 金くさりの木に留まってチュチュと鳴いていた


帰りの道を間違えて新川通りに出た
川岸の桜並木に
思わね目の保養
怪我の光明と言うのですね。

1日で3日分動きました

2日?
何の日?
そうそう結婚記念日でした
会費1000円なり
当時の文化会館
引き出物は紅白のおまんじゅうでした
72歳 元気で居てくれればそれでいいわ

1 ベランダのウッド敷き
2 病院受診 
   どうですか?と主治医
   聴診器がいつもより長い やはりだ
   変と思ったら直ぐ来るようにといわれた
   下半身の痺れのほうが強い
   花粉症 これは申告せずひたすら時の過ぎるのを待つ
3 富士林檎の苗を3件目でゲット
   3年目の姫リンゴの花が間もなく咲きます
   1本では実がならないそうで買いました
   花も実も欲しいです
 

そんなに飲まんといけないかい?と息子に言われる前に
ビールをチルドで冷やしました
   

春は花粉アレルギーさえ発症しなければルンルンです

充実した1日でした   感謝           

母さま入居1年

母さまが入居して16日で1年になります
今日は開所1年の記念行事として
お寿司屋さんが
目の前で握って入居者さんに生寿司を振る舞ってくれました
母さまはお品書きを見て
えんがわ?縁側は食べれないと笑いました
お魚だよと自分は手をパタパタ蝶のようにしました
何という説明でしょうね
まぐろ サーモン ほたて さば は読めたのですが
甘海老で首をかしげました
アマエビですよ 南蛮海老の事と説明
次はイカですよと言ったら
子供でないから読めます!!

ガリは付いていなかったので所望した
美味しいと笑顔になった
さすが食通です
さらにお稲荷さんを2個追加
自分が作るのとは一味違う
さらにイクラを2個追加

えんがわのお品書きが気になるようなので1個いただく
板さんが目の前に置かれたときには
不思議もなく
すんなり完食
お茶をすすめたらもう一杯と口を押える
腹も身の内もういいでしょう


いつものように口腔清掃
トイレにも一緒にいった
前回は夢中で気が付かなかったが
身体が骨ばり
大腿骨の肉が落ちていた
それでも立ち上がりは問題なく
自分が誘導するものの
安全な手すり位置 
車いすの肘掛を確認しているのが解った

これからは
コミニュケーションとともに
こういった介助 触れ合いも多くしたいものです。
プロフィール

ハッピーみっこ

Author:ハッピーみっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR