FC2ブログ

無理かもしれない

12時お腹が空いて?失速した
動悸も激しくて  横になる
調理半ばで 無理かな?
今年の営業を終えた息子が灯油を補充
台所の蛍光灯を交換してくれた
ありがとう  お疲れさんとザ、プレミアムビールをプシュッ!
オー!どうした?と怪訝気味
ま~いいじゃない
忘れていた玄関と家中の窓ガラス拭いて
お年玉を神棚に供えて
紅白観ています
中森明菜ちゃんの歌が聴きたい
起きて居れるかな
無理かもしれない
スポンサーサイト



のんびりやっています

昨日から手掛けていた黒豆が後2分で仕上がります

昨日スーパーへ
お正月は高くなるからと
数の子 マグロのブロックを買い置きしていた
な~も同じじゃない!
ガッカリです
海老はお高~い
腰が曲がる前に腰抜けた!!
アベノミクスってなんだっけ?


これからキンピラ 紅白なます
(たけのことわらび人参といんげんと昆布とこんにゃく)のお煮しめをつくります
弟たちにはおふくろの味ですから作ります
紅鮭の大きな切り身 お汁粉  チラシ寿司も
嫁に来たこの家のしきたりと味ですから息子に食べさせます
孫 甥 姪 ようにザンギの下味付けもします
紅白のかまぼこは買いません
ナルトも緑色のみです

神様も仏様も地味~にお供えしました
知る限りのご先祖様それぞれに好きなものを用意しました。

地下鉄電車で従妹訪問

母さまの妹の長女 つまり従妹宅を訪問
母さまが亡くなった時いち早く駆けつけてくれた
食事 祭事 労い と気持ち汲み取り控えてくれていた

やっと叔父 叔母にお参り
従妹に感謝を言えた
元旦は叔父の祥月命日で
晴れやかにアレンジされたお正月用の仏花を供えることが出来た
叔父の闘病中じゅうぶんなお見舞いも出来なかったことを詫びた
従妹は
その後1家の長として努めている
荷の重さに眠れなかったこと
ストレスからの体調の不具合
10年前だから看護も介護も解らなかったり隠していた
やって見なきゃ 解らないねと言葉がハモってしまう

叔母と母さまは年にしては若かったね共
若ずくりすると言うのではなく
体型はおばさん フアッションも年相応だったよね
現代のように若い人と同じようなものを着ると言うのでもない
アクセサリ―と着物は好きだったよね~
どこで買ったの?
今度貸して~ など言ったりしていた
お互い一杯持ってたのにね~と
おしゃれが若さの秘訣かもねと
人さまには聞かせられないお互いの母の自慢話もしました

Mちゃんてシッカリしていて近寄れない人だと思っていたよ
それは貧しさゆえの頑張りだよ答えて
従妹には京都の妹にそっくりだわと言うと
大人しそうに見えるらしいけど言うときはハッキリなの 曲げないのとサヨナラ言った玄関で立ち話した。


札幌には南北、東西、東豊と3線の地下鉄が走っている
乗り継は頭を使う
誘導の色線をたどって 矢印??
生きた脳トレーニングでした

帰りの電車の窓に映った顔がしなびているように見えた
気のせいかな?

頭の整理が出来ないのでは?

樹木希林さんが言ったそうです
内田裕也さんが旅行の荷物が多いと言ったとき
失礼ですが頭の整理が出来てないのでは?と
自分 ピカッ!と来ましたね
トキメカナイものを捨てましょうより解りやすい
頭ですか~
自分は読んだ本は取っときたい病でしたが ある時捨てた
今日 究極の炭健康法
    諦めない人生
    50歳からの満足生活
    苦しまない練習
    脚からスラリと痩せる本
    女性に関する12章
    大往生したけりゃ・・・・
    平和を愛する・・・・
    (これに似たり寄ったりを他5冊)を捨てると決めた
    

餅つきの日だよ

28日は餅つきの日と決まっていました
8は末広がりでおめでたいですからね
5時くらいから鋳物のストーブを真っ赤に燃やして
大釜の上に蒸篭を2つ乗せてせっせと餅米を蒸かします
蒸け上がるとそこのいて~と気合で3升の蒸篭を一気に父が母が臼へ運びます
鏡餅 丸餅 あんこもち 豆餅 草餅
母さまの丸めたりのしたりする指先を魔法使いの様だと見とれていました
わたしたち姉弟はのし台の回りに正座して手伝いました
祖父はストーブの前で餅つきの間が空かないようゴンゴンとストーブを燃します
母の合いの手で父は杵を振りおろします
お昼になるとあんころ餅 納豆餅の熱々を頬張ります
最後の臼で赤黄色緑に色付けした餅を瑞木にまゆ玉のように飾ります

もういくつ寝たらお正月~の思い出です。

故郷の市役所へ

母さまに関する事務手続一切を弟は息子に一任した
それが
母さまと自分の親子関係を証明することが心要で
そこでストップ
えっ!と自分は絶句
何日たってると思ってんだい!!!!と担架を切りたいところ
まああ 抑えて押えて頼まれもしないのに
吹雪で列車遅延の中行って来ました
故郷は「あんたさん何処から来なさったの?」と言われるほどの重装備が恥ずかしい晴天
気温低くキュッキュッより低い貝殻を砕くような雪泣きでした
いいと言うのに同期生のH氏が駅から市役所まで送ってくれました
(卒業した中学校の跡地に市役所は建ちました)
時間にして40分
除籍 原戸籍 母さまのルーツである福井県の戸籍等合わせて4通取りました
戸籍法は変遷があるようでなかなか難解です
祖父(屯田兵)が戸主であった時代は長男の嫁(母さま)は婦と記され
嫁いで戻ってきた娘の子は孫と記され
家族としての命のつながり情の深さを目のあたりにしました
祖父からして孫のR子ちゃんYちゃんが祖父の懐で守られて来たのだと
此の家に嫁いだ母さまが一緒になって行く末を案じたのは子供心に覚えています
気持ちの狭い自分はなぜ?と憤り嫉妬したものです

帰宅すると故郷に住んでいるY子ちゃんから
お手紙とともに花とみどりのギフト券が届いていました
お手紙には看護や介護の労りと
.私にとってもおば様 お供えください   と
養女先でも高齢者の親戚付き合いが遠のいて
お悔やみばかりのお付き合いで寂しいと そんな中
養両親が実父(母さまの兄)としっかりお付き合いをしてくれていたのでとてもありがたい
これからも仲良くしてくださいねとまろやかな字で丁寧に書かれていました

帰宅してこのお手紙でしたから
今はバッテン バッテンのご先祖様がが全員集合で親しさを増すお取次ぎをしてくれたのでしょう。

鮭は山漬けでしょっ!

今年も寒風干しした鮭を頂きました
水揚げしてすぐ腹に塩詰めてハイ!冷凍 出来上がり
とはちと違います
手をかけて時を待った鮭はアミノ酸がいい仕事してます

水みずしい牛蒡でキンピラをつくりました
刻んでいたら息子が
「おっ!キンピラ!腱鞘炎に成るほど刻むんだね」と夕食を期待しているようです

さすが鏡餅を見てもしめ飾りを見ても買いそうになることは無くなりました
食べないわけにはいきませんから地味な色合いで年末年始の食事をつくろうと思っています。

幾つになっても

母さまの特養で知り合った5人
年齢は50代から70代
「男はつらいよ」ではないけれど
生まれも若いころも知らない
1つだけ それは
大切な人と寄り添った
大切な人と寄り添っているという事
自分は10月1日に母を看取った
Mさんの義母さんは11月24日突然死された
自分もMさんも終わったと思って居ない
他の3人に慰められたり
他の3人に訪ねられたり
同じようで同じでない日常を語り合える
互いの記録 情報を交換すると同じ一筋の道があった
時たまの笑いの中真剣な意見交換
新しい友と2回目のランチ会をした
同期生とは違う
職場の先輩後輩とも違う
町内の集まりとも違う
自分は貴重な友人を持った。

自分中心には

寝てばかりも何だからと
朝シャンして気合入れ従妹に電話した
固定電話のコールは続いた
30分置いてコール
そうです 自分の都合で世の中回っていない
午後からぐっすり又寝ました

今日はイブイブクリスマスというのだそうです
そういわれるようになったのは「平成」からですね
今日が誕生日で65歳になった上の弟は
小学生の時小学館の雑誌を小脇に抱えて
「僕の誕生日が祝日になるんだよ」と駆け回っていました

今上天皇は昭和天皇の言動から学ぶことが多々あったように思いますと
述べられ国民の幸せを祈られています。

久しぶりの滋養強壮剤

起きてもすっきり感がない
夜更かしテレビかな
イヤイヤ昨日の転倒で筋肉 神経が驚いたのでしょう
朝食摂って11時30分までぐっすりでした

さてさてとドリンク飲んで
義姉にお供物 妹にイクラのしょうゆ漬けを荷作りし送りました
(義姉のお参りは暖かくなってから行きます)
ノルマ達成気持ちよく又寝ました。

転びました!

11時30分京都のペンフレンドにカレンダーを送るべく家を出ました
昨日の暖気で歩道がガタガタのツルツル
これはちょっっと!です。1000歩歩いても人には会いません
伯母も叔母も母さまも冬道で転んで手首を骨折しています
気をつけないとと思っていたのに
傾斜の所で横に転びました
腰骨を強く打ち 仕方なく手も着きました
幸い怪我には至りませんでした

午後から来た弟が白熱球をLEDに交換してくれました
帰り際 道路ツルツルだから気をつけなよと言い
あ~ さっき転んだよと言ったら何も言いませんでした
菜園で採れた小豆で南瓜を入れ1日早くぜんざいをつくりました
明日は何があるやもしれませんからね
義妹に電話したら あ~という返事
半分持たせるねと言ったら
は~い!頂きま~すと明るい返事
気持ちの良い義妹です
明日は亡父の命日だからお供えしますとも言ってくれました。

健康教室受講

午後から月に1度の健康教室でした
MRA MRI 3DCTA 3DCT等各種検査における画像の見方を教わってきました
行きはよいよい帰りは恐いの8000歩でした


12月19日は

朝カーテンを開けると薄っすらの雪
どうなってる?
昨日は臨時休校した学校もあると言うのに
ホント どうなってる?
お天気伝えるお仕事の方
こと札幌に関しては外れです
少しは複雑な気持ちになっていらっしゃいますか?

フラットステーションで午後から映画鑑賞の日
午前中に母さまの礼状を2人の友人にレターパックで郵送
行こうと思ったのに身体に聞いたら
本調子でないから言うのでお昼寝しました

U氏から着いたで~えらいすまんな~と電話がありました。

夕方から荒れると言いました

夕方から荒れるのなら今だっ!
恵庭のTさんからサンプラザで「招き猫漫画集団」の原画展があるからと誘われていました
数日前引きこもりの気持ちになったので行けませんごめんなさいと手紙が来ました
勇気を持って変外するということも自分を守るには大事ことと思います
なかなか楽しめました。
ビルを出ると青空に太陽さんさん どうなってる?
大丸でピンクのチーフと羊の箸置き、十火の米菓を買って来ました
15時に家に着くころ冷気で鼻がジンジンしました
冬は長いブーツがやはり暖かいです。。
腰痛くたって足痺れて痛くってもカイロを腰に貼って
転ばないよう出来るだけ颯爽と歩きます。


午後から荒れると言うから

定期受診日でした
午後から荒れると言うので午前の予約はラッキーと思いました
片道4000歩痺れっぱなしの突っ張りっ通し
変わりなしで肺炎ワクチン接種して
フラットステーションにDVDをコーヒー添えてお返しして
ココアを頂いてやる気復活
富士メガネで気掛かりなことを相談
(わたしメガネあつらえるの趣味なんです)
バナナとピーナッツ買って帰りました
(なんかこの2点は元気出そうじゃないですか)

カーテン開けてみたら雲が浮かんで見えてます
道東は吹雪、海面上昇で注意が呼びかけられています
日本海側と異なり
通常雪の少ない地域ですし
数年に1度と言われ経験則にも乏しいことでしょうし不安なことだと思います。

まとめて日記(12月16日)

12月16日
勝手に決めさせていただいている人生の先輩S様に
近海の紅子と自分謹製ニシンの干物をお送りしました
同期生のU氏にはスーパーから道産の珍味をチョイスして送りました
(りっぱなお箱は要らないよね)
伊勢でお友達になった日本酒が好きでピンクの似合うMさんに
「ひっぱりたこ」という珍味と
ペアですからねっておもちゃのようなブレスレッドを送りました。

まとめて日記 (12月15日)

12月15日
何をしたか思いだせなくて月めくりを見たらお歳暮OKと赤字で書いてありました
大型モールショップとデパートを梯子して自己満足の品をお送りしました
明日明後日と猛吹雪になるらしいので
突っ張る足をかばいながら歩きました
帰りにミスドをご褒美に買いました。

孫のホルン

今日は孫M香のホルンソロコンテスト北海道大会を聴きに行きました
予選通過者44人ですからなかなかの聴きごたえです
C、Saint,Saens ロマンス作品36
上体をわずかに揺らし情感の伝わる演奏ぶりでした
銀賞でした
両親は息継ぎがとか弱いとか批評して
次は受験だねと追い打ちも忘れません
とか何とか云いながら途中名のある神社で合格お守りを買って持たせていました
当のM香はあ~終わった~とニコニコ 無邪気なものです
このM香 学校行事の合唱コンクールの伴奏者がいなかったとき
「わたしがやります」と引き受けて
両親 ババちゃん絶句!
(なにせピアノに触ったことありませんから)
娘も何年ぶりかだわ~とM香を猛特訓
お父さんはお母~さん弾けるの~と目パチクリ
ばばちゃんのビデオ鑑定によると流れた?かなもあったけど
指揮者を見ながらタッチはシッカリしていたよ
準優勝という成績でババちゃんは
なんて娘だろうとこれからがますます楽しみと思った今秋でした


ここまでの過程が大事なんだからとババちゃんは褒め称えたつもりです。

お歳暮の時期になって

お年賀は出さないからとのんびりしていたら
お歳暮をいただく時期に成っていました
5年毎に品は変えているけれど
皆さん御歳だし
何処にいても何でも手に入る時代だし
甘いもの しょっぱい物 お酒 乾物
皆それぞれ難点あり
積んだり崩したり
参った~



娘がおか~さんの顔見に来たよ~はあり難いけど
パソコン占領されて
することないからおやつ三昧
夕食を造る気持ちになりませんでした。

そそっかしいのは

今日は「風と共に去りぬ」の後編をふらっとステ-ションに観に行きました
ところが上映は「男はつらいよ 純情編 若尾文子」ですって?
なんで~?なんで~?
先々週だったそうです
あ~ !又です  聞き違えたと言うか 早とちりと言おうか?
落胆ぶりが目に余ったのかDVDを貸してくださいました。

昔むかし60年も前の事
先生が研修会で居ないけれど君たちは登校しなさいと言ったらしい
それを聞き違えて
登校する妹を横目に
弟の3輪車乗り回して1日中遊んでいました

その1日が義務教育9年間 1日の欠席です

そそっかしいのと頑固は今だ直っていません(泣き)

3つ目

妹に3つ目のゆうパックを送りました
すぐにウヘッ!未だあるのですか?
長芋立派で美味しかったよ~とメールが来ました
そうだろうと思い
これが最後です
まだまだ歳とったら着れそうなお洋服がいっぱいありますよ
和服はそのままにしときます
貴金属もそのままにしときます
旅の思い出の雑貨も飾っておきます
ありがとねとお礼の気持ちも同封してお手紙しました

妹が居てくれて助けてくれて本当に良かった
しみじみ思う井の中の蛙の情けない姉です。

義姉が亡くなって

大腸検査を終えホッ!とうどんをすすっていたら
携帯が鳴った
なぬっ?2番目の義姉からだ!

本人は退院したばかりだし これは事件だ!
「1番上の義姉に長いもを送ったら
宅急便屋さんが誰も居ません亡くなって
弟さんがかたずけをされたようですと言われたよ
私びっくりして~」と義姉

弟さんと連絡取れるのは自分だけ
明日にも稚内へ行こうかとか頭はめぐる
弟さんと連絡がついた
別人のような声なので
「大丈夫ですか?かくかくしかじかで・・・」
「Mちゃんごめんなさい 立っているのがやっとで・・・・
連絡しないで申し訳ないです  エトセトラ・・・・」
「こちらこそご無沙汰いたしていまして・・・・・・」
義姉は7月30日体調を崩して入院
弟さんは毎日面会してくださり義姉の用を足したりお世話をしてくれていた
9月16日早朝急変 仲の良かった義兄の許に逝きました。
「昔 お世話になりながら何も御恩返しが出来なくてすみません
大変お世話になりました」
「連絡しないで許してください 義兄 姉が残してくれたもので葬儀をして永代供養もしました 僕には何も迷惑はかかっていないから心配しないでください」
「お世話になりました ありがとうございました」と言うのが精いっぱい
「僕もね 1年半の間に兄 家内 家内の親 姉と4人も居なくなって
一人になってしまって ストレスと言うんだね 頭も身体もおかしい
簡単に入院はさせてくれないから」と心情が伝わった

市内にいる義姉2人に連絡したら
2人とも高齢 病人 病弱 虚弱
連絡くれても行けなかったかも等と
自分もそのころ母さまでいっぱい一杯だったかも

30年 40年 50年前に現在を思いだにしなかった
生前の7人の義兄 義姉を思いだしている。

もろくなってる?

旧日本軍が真珠湾攻撃をして太平洋戦争が勃発した日
叔父が特攻で南の島に散った
祖父にお神酒をお供えした

妹に2つ目のゆうパックを送った
母さまの持ち物で捨てたり処分するものは1つもない
(300gもある玉ねぎ1個じゃがいも5個長いも一本ニンニク1個を隙間に入れた
妹は宝探しのようにビックリ喜んでくれるでしょう)
ご先祖様になったのだとあんなに納得したはずなのに
どうもいけない
もろくなっている

インフルエンザの注射をしてきた
待合室で
かっての母さまと自分の様な方々にお会いした
どうもいけない
もろくなっている

8000歩を歩いた。

降りますわよ~

窓が明るいから雪が降ったのだと思いました
朝は重い雪
昼は軽い雪
夕方は風交じりの斜め雪
降りますわよ~というような1日でした

スーパーの道中
ツルツルのテカテカ道路でした

ゆうパックは日曜日でも配達するのですね
妹から
着いたよ 早速着るねとメールが来ました。

140サイズを2個追加

ゆうパック140サイズ2個作りました
妹に似合いそうな明るくてシンプルデザインの洋服ばかりを選んで詰めました
帽子も8個 包装を解いてないバスタオルとか肌着も思い切って詰めました
母さまのコレクションしていた雑貨小物もお正月に使そうな漆器も送ります
パラソル、雨傘も1度も開いてないのが何本もあって、これも送ります。

頼もしい妹

ゆうパック170サイズ(1番大きい)をなんとか持てたので京都に送った
母さま亡くなって「みなしごハッチになったね」と言ったら
何言うとんねん!4人も姉弟いて!
あれこれ勿体ないかな?
着れるかもしれない?と思ったらなかなか捗らないと言ったら
送ってくれてもいいよと言うのです
頼もしゃ~
電話すると病院から帰ったところで
副作用で口内炎が酷いので2週間おきの通院なのだそうです
元気にしてるからと明るい声だった。

風邪かな?

唇乾いて 左耳痛い 頭痛も少々
午後から衣類整理にかかったが
やはり変!なので横になる

ふらっとステーションでアートの創作に参加申し込みはキャンセルした。

ぼへっ!と

同期生のU氏から電話は来なかった
思わしくなかったのだろう きっと
朋友のH氏と
相談に乗ってもらったG氏には
連絡してるかな

妹への荷つくりもはかどらず
ぼへっ!の1日でした。

そうだよね

京都の妹からKちゃんが気持ちピリピリしてるから来るの見合わせてと連絡が入った
そうだよね ジングルベルが聞こえ出したら
気忙しいもの
元気な声を聴けたからそれでいい
了解だよ
自分も次々のスケジュールに
留まることを知らなくなってきてるなと
せわしない気分になっていたもの

あと30日

あら~  後30日だわ
眼科受診
左0.9 右0.6 不自由にも慣れた感あるけれど
運転免許の書き換えはこれで通るのかな~

R子ちゃんからニシンを釣ってきたから来れる?
遅いと生きが下がるからと早くおいで!と
バケツに一杯頂いてきました
根性で獲物を引き寄せる旦那さんのT夫さん寒い中夜も寝ないで有難う

U氏から
明日検査結果だね
そや 自分 皆と温泉から電話したけど出えへんかったな 寝込んでるかと心配したでと言う
何といわれても気をしっかり持って
お嬢さんの言うこと聞くんだよと言ったら
な~も な~も なんでやと明るい声
電話越しに飲んでる音がするから
そんなことは無いのだろう
それが当たり前です。
プロフィール

ハッピーみっこ

Author:ハッピーみっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR