FC2ブログ

これが

白樺アレルギーを除いたら連日の気温高で
体調はすこぶる良い

目をウルウル飴玉舐めながら
ベランダにプランターの配置を決めた
40×70のプランターを2個
今年はグリーンカーテンはしない
室内からいつでも花が見えるよう
小庭からチューリップの鉢(6本)を堀上げて
ポトス等観葉植物や蕾のついた(度忘れ?)を外へ
ガーデニング?と言えるかどうか?
季節の花や樹を鉢で育て植え替え楽しむ計画です
亡父がチェンソーで彫ったカウボーイハットの像を置いて
新しいカメラで撮りました

腰の痛いことばかりしているけれど
これがわたしの好きなこと
朝星夜星で勤務していた時
数字が頭を駆け巡る毎日だった
休日になると頭痛で起き上がれなかった
夕刻になると不思議と治った
いつかぐっすり眠りたいと思った
60歳になったら来るかもしれない
早く年を取りたいと言ったら
変わっているねと言われたことがある
来なかったらそれはそれまでと

これが今がそうなのだと
土と戯れ  芽を愛でて
太陽に身を包まれている
流れるように過ぎ行く       感謝
スポンサーサイト



50年前

午前中は湯疲れで静止


午後から頼んであった「クミコ  コンサート」のチケットを受け取りにプレイガイドへ

大通り公園に出てテレビ塔を見上げると後方に今までなかった
高層マンションが目に飛び込んだ

4丁目に来ると柔らかな噴水が円を描いていた
老若男女が憩っている
即席の花壇にはジュリアン ペネチア パンジー チュウリップ
わたしの気持ちは少しずつタイムスリップ

バブルに手を出さなかった銀行の看板が多く目につく
角の都市銀行が建て直され今風になっていた
(地下街に大金庫の扉が展示されている)
向かいにA銀行があったはず?
白恋人I 製菓と同じビルに これも今風
デザイナーだった義兄の電通は手堅く昔のたたずまい

聖恩碑の4面の吐水口から勢いよく水がはきだされいるはず
鬼 虎 龍 確かめたくて6丁目へ
水は張られていなかった
ライラックと白いこごめ花に気を取られ確かめるのを忘れた

道庁近くになると斗南病院
ここはお姑さんがクモ膜下出血が原因で亡くなったところ
(今のように直ぐに手術という治療は確立されていなかった)

道庁は東京駅とよく似ているたたずまいに思える
同じ時代を真似たのか?設計者が同じなのか
そんなこともわたしは知らない
道庁の庭内は解放されている
一位が格式高く剪定されている
これからの八重桜が鈴のように頭を下げている
銀杏は芽吹いたところ
宮崎県庁を思い出した

レンガのカフェテラスの路をゆっくりと駅前通りへ
ここは?協和銀行も富士銀行も
仮名だったり財閥のドッキングだったりはたまたアルファベットとコラボだったり
あっ!
株に興味ありませんってhさん訂正させてください
D証券で長いこと債権持ってました
S信託してました
もう一つわたし不動産大好きです  ごめんなさい


間口4間半そのパーラーはありました
子供達の父親を両親と引き合わせたところです
中も同じかな 今度行って見よっと!

札幌駅 小さいな~
いつも近くで見るので感じなかったのですが
左は大丸デパート右はJRタワ~ 挟まれて窮屈そうでした。

白樺花粉が飛び始めました

2時20分部屋の空気が変わったように思えました
クッション! クッション!
いよいよ白樺様の到来です!

川向こうの義姉と姪のYちゃんをお誘いして日帰り温泉に行ってきました
2月に実兄を亡くした義姉に
久しぶりに晴々したよありがとうと喜んでもらえた様です
ハンドルを握れたわたしはそれ以上に感謝でした。

気温24度

気温が24度まで上がりました
心底冷えてますから体感的にはどうも?
行き交う人は暖色系での半袖

家の近くの桜は散りかけています
紫の木蓮が庭先で満開です
街路樹のライラックも蕾を付けていました

石楠花の切り花を頂きました
なんとつつじ科なのだそうです

○越ですとお届けがありました
はじめての就職先での先輩Mさんから
母さまへのご仏前でした
シングルになった時今は亡きご主人とお尋ねくださり ある宗教に入信をすすめられたことがあります
丁重にお断りするもお人柄は変わらず お年賀だけのお付き合いになっていましたが
久方ぶりにお話しすることが出来ました
肺炎で入院 回復は1年たってもまだまだと言う
あなたも長生きしなさいね 80歳の先輩でした

ベランダにウッドを敷きました
へとへとに疲れました
寝ます!!

海の幸山の幸 春の訪れ

長万部に「キュウリ」すくいに行ったF家一族が
洞爺で「コジャック」と「谷地フキ」を採ったからと
夜を徹して車を走らせて眠い目我慢して届けてくれました

「キュウリ」は産卵のため川を溯上するところを決められた径の網で胴付きを着てすくうの
ですから根性が要ります。何よりも好きでないと出来ません

コジャックは人参の葉によく似た山菜です
谷地フキは水のきれいな沢に自生しています
どちらも灰汁の出ない真みどり色です
道内の山を知り尽くしたT夫さんならではの捕物で
娘婿のHさんにだけ場所教えてあるようです

3枚におろしてフライにして
数の子はコンニャクと合えて
めんみに漬けこんでと
ありがとう一杯の夕食でした。

梅花が満開です

わたしの家の小庭で梅花が満開になりました
ちょっと残念なことが
コンクリート色の乾いた空気の町では
精彩がありません
近くのグミの緑がわずかに梅花を引き立たせてくれています

ホーマックまで散歩  花の種を観て
午後からプランターの土作りを始めました
無理しないむりしないと自分に言い聞かせています。

開花イコール花粉

23日

気温20度に達すると言う報あり
桜の開花宣言
眼がショボショボ
花粉が舞い始めたようで
喜楽と憂鬱は裏腹です。

24日

U氏より電話
兄が未明に亡くなったんやと
覚悟していたけど
自分入院で来札出来ない
月曜に退院する
5月に体力着いたら行くさかい
これまでも相談に乗ってもらって助かった
宜しく頼むなって
ところでお身体は?
未だ痛みはある
右肺上部3分の1をとったのだから
外科は傷口ふさがればという安易なものではない
U氏は残った家族の道しるべを付けて上げたのだから
兄上様も安心されてるかとお悔やみを
まずはお身体養生されるよう
ほどほどに励ましたつもりです
(頑張っている人にさらにがんばれは酷な言葉と思うから)。

 副題  タイトル 忘備録?

19日  家中かたずけ
     体中がイタイ痛い
     これは笑いごとではないと心中複雑

20日  NPO法人の 年次計画を急に決めると連絡有
     出席します!
     とは言ったもののマッサージ ストレッチする
も 改善されない
     車で往復
     目が明るくなって手術した事を良かったと思い
     車の便利必然を知る
     高齢者の自動車事故ニュースで知ることが多い
昨今
     歩けなくても運転は出来るのです
     此処が重要

21日  休養  ストレッチ マッサージに努めて1日が
終わる
     湯たんぽを入れて就寝

22日  気温が上がると言う
     マーブル色の青空でした 
     新しいカメラで小庭の梅の花を接写してみました
     タイヤ交換に行きました
     筋肉の張りも和らいで大丈夫と体感
    ( 息子がごめん!悪いねと )
     母じゃのほうこそ自信が持てたよ
 
     午後から
     万願寺唐辛子
     トマト  
     長ナスを育苗すべく種を植えました
     室温20度まで待ってたから
     発芽に期待しています。
        

何があってもなくても良い時間

8日 日帰り温泉で身体を温めて来ました

9日 家中片ずけ 
   H氏からハワイから何時帰ったの?
   学校は何時から?とメールが来ました
   ハワイ行ってないし
   学校行ってないしと
言ったら
   孫と間違えた  返事来ないから変だと思ったよ~

10日 息子  誕生日
    15時40分に2日間の難産でと教えたら
    なんでそんなこと? 今まで聞いたことないよ
    わたしの誕生日は6日71歳になりました
    めでたしです。
    S子ちゃんとK里ちゃんが手ずくりパンのランチ
    持参で遊びに来てくれました
    お土産の「小樽ワイン  ゆいか」も戴きました

11日 家中片ずけ
    前職の先輩Tさんが讃岐うどんをゆうパックで
    (四国に行ってきたのかな?)
    U氏から4Lのタケノコがゆうパックで
    (大きすぎて茹でる鍋がありません)
    甘~い 優しい春の香り お刺身が最高です!

12日 家中片ずけ
    統一地方選  午後より気合入れて投票所へ
    紫つつじがチラホラと咲きだした

13日 家中片ずけ
    午後より特養役員会 
    ホーマックで春野菜の種を購入

14日 NPO法人のブルベリー植樹200本
    (防風網必要かも?)

15日 U氏肺がん手術日
    気丈夫にと電話を入れる
    多のなことは無いだろうと強がり?

16日 M電機にカメラ電池の予備を買いに行く
    鍵が無い!!
    娘の勤務先まで貸してもらいにテクテク
    15000歩クタクタ
    息子が黙ってカギをM電機まで
    取りに行ってくれました
    あ^あ  多いな~ 
    注意されないのが身に沁みる


17日 運転免許更新
     やった~ 昨年からの気掛かり事項が
     無くなりました

     ドッ!と疲れて19時30分就寝
     U氏の肩の手術日でした

18日 「健康教室  貯筋」 受講
    片道30分が45分も係って痛くて痺れて
    歩行進まない
    腹式スクワットも骨盤体操も怠けている
    不安な気持ちが心拍数を上げている
    何があったって 又 道は拓けると
    根拠のない自信? 安らぎ? 受け入れる?
    気持ちが?
    
    道端の紫の露草の花弁をつまんで吸ってみた
       (エゾエンゴサク)
    甘いはずなのに甘くないわ
    呑気なわたしでありました    
    

寒いんだから~

今日も昨日より気温低い
昨夜の北風でベランダが枯草と砂ほこりまみれになった
掃除の途中
サッシに黒カビ発見 速 カビキラー


梅花は小休止
桃とグミが追い込みをかけている
姫リンゴがダッシュ

桜  桜は小庭にはありません
リラ  リラもありません。

眼科受診

傷口も順調に治ってきている
点眼は無くなるまで続て
1ケ月後検診

裸眼でも免許大丈夫だから
寝不足しないで早く行っておいで
と先生に言われました

往復6000歩
知らない間に市場が開店オープンしてました
あれこれ買い物が楽しくなりそう
ささやかな楽しみが増えました
いいえ 出来ましたかな?
人参はSマート
バナナはRズ
白滝はBク
曜日によっては5%引きとか

1日1度は出かけましょっ!

身体が冷える
体温低い
温泉探そっと!

どこまで思い出せるかしら

3月25日
本日より夕餉前のビールはしない
べランダのガラス拭き
窓越しの陽は暖かくともまだまだ風は冷たい

3月26日
明日の白内障の手術に備え身の回りの準備をする
コップ、箸等母さまのを借用

3月27日
10時に大丈夫だからというのに娘が病院まで送ってくれた
(印鑑を忘れて息子に19時ごろ届けてもらう)
到着するとあれよあれよと指示看護されて準備が整い
20分の手術を終えた
体温35度1分 血圧100の60

3月28日
全身筋肉痛
よほど力んで手術を受けたらしい
眼帯が外され保護メガネをかける
S子ちゃんk里ちゃん娘がお見舞いに来てくれる
18時30分より眼がゴロゴロする(不安)
裸眼で見るとカレンダーの余白の白いのに驚く
少しずつの衰えに
いままでわたしは何を見ていたのだろう?

3月29日
眼のゴロゴロ感はなくなり安堵
テレビも見ず安静に努める
心配していた段差感 縦線感は無い
白が青白く見え違和感がある
自然がどんなふうに見えるのか気にかかるする

3月30日
退院の日
顔を洗ってよいとの許可が下りる
シャワーも解禁
娘夫婦が迎えに来てくれる
今夜は寝れると思った
3日間は同室の方のイビキと
廊下を隔てたおじい様のハッキリした寝言で
びくつく毎夜でした


家に入るや否や電話が鳴った
義妹のお父様が朝亡くなられたと言う知らせでした
(心臓に加え肺炎を併発してしまっていた)
自宅に戻られ落ち着く頃息子と駆けつけた

3月31日
仮通夜 息子送り迎え
義妹 心細かろうと午後には家を出た

4月1日
お通夜
お父様が相談支援した方々が道内外から駆けつけ
ほとんどの方が会長になられ社長職を退いておられる
親父も歳だからなと言いつつスクリーンの映像を観ながら苦労の時代
躍進の時代を懐かしく話されていた


4月2日
告別式
義妹はお母様が亡くなられて13年
一人娘として公私共にお父様を支え
近年はとくに添ってきた

喪主をつとめた義妹
母を労わり手助けしている甥 姪
施主として挨拶している弟を遠く眺めて
ちゃんとやっているからねと
母さまを想った

4月3日
久しぶりの熟睡
身体があちこち痛くてしょうがない
雨風のなか傘さして
フラットステーションに映画を観に行った
「神様のカルテ」
往復6000歩


4月4日
今日は亡父の誕生日
亡くなった日は時としてあやふやになるのに
誕生日は忘れない  どうしてだろう
大好きだった金つばをお供えした

R子ちゃんとT夫さんの52回目の結婚記念日(4月6日)を
生意気恥ずかしながらわたしがスポンサーになって催した
長女のS子ちゃんに買い物してもらい
すき焼きパーティとあいなった
長男のH人ちゃんS子ちゃん夫婦とK里ちゃん
元気にまた会おうねと電車(汽車)で帰ってきました
月がやけに低く赤い色をしてました(皆既月食 次は3年後とか)

義妹のお父様の初七日でした

弟に何時からお参り?と聞いたら
11時からだよ お参りに来てくれるの すみませんと言っていた
朝食を終え道順を調べていたら
お寺の都合で急きょ9時になったからとの電話
ハッ!エッ!8時を過ぎている
義妹には悪いけど間に合わない行けないかもと電話を切った

昨夜は疲労困憊入浴もパスしている
お供えも用意していない さてどうする
ハイヤー予約して
朝シャンして
パッパッパッと
寝坊して慌てふためいた勤め時代さながらに
8時55分到着
お供えもできました

義妹のお兄さんが11時だとお参りできずに出立する予定でしたが
結果オーライと皆で仏前でお茶を頂きました

わたしは
思うようになりました
何もないのが日常では無く
色々あるのが日常なのだと
生きることなのだと。
プロフィール

ハッピーみっこ

Author:ハッピーみっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR