FC2ブログ

東京よりも

東京よりも陽気な秋晴れでした

午前 歯科へ
午後 京都の妹にトウキビ、芋 枝豆 モロッコ なす 人参 茗荷
    ピーマン きゅうり しし唐 とまと チーズ かまぼこ
    白玉粉 粒あん 小松菜 イクラの醤油漬けを送る

やっと  サルビアが咲きました。
スポンサーサイト



8月30日  その2

菜園から弟に送られて帰宅

シャワーしていたら娘からメール
M香のホルン決まったからこれからヤマハに行くけど
「一緒に行く?」
高校入試の時中古なら買って上げれるかもしれないと頑張り屋のM香に言っていた
自分の楽器が欲しいのか欲しくないのか音沙汰なしの時が過ぎていた
中古なら要らないから
どこだかのメーカーがよいと
その程度なら要らないから
やっと予定の5倍のホルンに決まりました
もっとわたしに優しいホルンもあるのに
他のなら要らないトキッパリ!
M香の技術にはこれ位という指導者からのご助言を仰いだ上の事です
本人もこれ以上のものは要らないとこれまたキッパリ!

息子に言ったら
「おう そうか あんた いい仕事したね」

乗り掛かった舟です。


8月30日 その1

菜園は草がはびこっていました
子孫を残すのにそれぞれの限られた場所で実を付けていました

ごめん!と一心不乱に草取りです
お隣の奥さんが「カラスが3羽3本のトウキビを上手に剥いて食べてましたよ」
弟に5本 カラスに5本 わたしはヤングコーンだけです

「マーガレットが綺麗ですね~ 種を下さいね~
此処を通るのが楽しみでですよ。グスベリは珍しいですね。」と杖ついたご婦人
80歳と仰る


リュックに両手に手提げ袋
ちょっと高齢のご婦人は軒下を歩く砂利道の足許が危なげです
どうぞこちらをお通りくださいと声掛けしました


菜園は国道230号線に近いのですが
古くからの高齢者は近道をするのです
それを見ている弟達は敷地内に広めの通路をつくりました
今年はわたし分担の通路にマーガレットを植えたところ見事に咲き続けています

そこで
来年は百日草 エゾ菊 コスモスを植えて
ベンチも欲しいところですね


夕食は
義妹の誕生日姪の就職内定を祝って
焼肉屋さんで戴きました
母さまが亡くなってからも今まで以上に何かと気遣ってくれる弟一家です。

天気予報の見回り

朝 小庭を見渡したら

1番は住んでる札幌
2番は故郷
3番は妹の住んでる京都
4番は今日から東京の天気予報訪問です

京都は別格の30度
東京は札幌より低温だった

2日間眠たくて眠たくて許す限りの睡眠
昨日の夕食はクリームシチューにした
食欲旺盛 身体は正直です

あれっ!
4色ボーペンを右手に持ってタイピングしてるのですが
この太いペンが二つに折れてボタン!
お盆な気持ちの超能力かと
ついに来たかと
なんのなんのネジが緩んで相成った次第です

呆けたこと言っていたら日が暮れます
菜園に出発します。

しかと教わったこと

早朝の気温が17度最高気温が23度
これでは野菜は採れない
昨年の気温を調べてみたら
もう期待できないようです

キュウリを思いきり悪く半分だけ始末しました
オクラも万願寺唐辛子も不作でした
5月は高温でしたが6月7月の成長期には低温でした

農業は天候と技術次第
ハウスでなければ安定した作物は採れないようです

野菜の花を見たいと始めた野菜つくり
今年 菜園から教わったこと
採れた野菜たちはあれよあれよという間に生気を失っていく
季節が巡ると
芽がでて花咲いて子孫を残す
共に生きているということを知る

時が来たので緑が失せてきた。

サンローゼ後で

姪のHちゃんと3年越しのお約束でランチをしました

場所はススキノのサンローゼ後でした

おばちゃまばかりで

きっと

Hちゃんは気を遣ってお店選びをしてくれたのでしょう

いつもと話題も違うので新鮮で楽しいひと時でした



地下鉄のホームで

おにぎりだかパンだかを食べているお嬢さんを見て

此処まで来たかと

病院でも待合室でお弁当食べてたりする患者さんがいます

地下歩行空間のベンチでムシャムシャ食べている老若男女を良く見かけます

決められたテラスでの軽食なら解るのですけど

わたしって古い?


まとまりのない日記です。

ルコウ朝顔が咲いて

風がザワザワと吹いている早朝でした
昨日より冷たい空気です
窓も半分以下しか開けれません

9時から11時30分まで「ファーム」での作業
「きたあかり」の芋ほり
トマト なす ピーマンの皮が硬い
キュウリももう終わりの様です


午後から歯科へ
差し歯を付けてもらった
3年の間をおいての受診だった
歯周病の心配もありませんと言われた
ポケットチャートの深いところがあるので次回治療を受ける


休養に努め
菜園に行く日を考えている


気温がマッチしてきたのか
ルコウ朝顔が一斉に咲きだした。

風のない早朝です
冷たい空気です
秋の静けさです

陽が昇ると
桃の紅色と緑が絵画のようでした

車トンボが梅の木に留まりました

午後になると陽が黄金色になって
暖かく包んでくれました

ひがな一日
小庭に降りて
ベランダで花殻摘みして

空を見あげて母思い
書き物を読んで父思い
手を止めて養母を思い
花を活けて義母を思いました。

そんなことかと

無料相談に司法書士協会に行ってきました
ネットで調べた以上のことは無くて
まああそんなものかと そんなことかと
お仕事ですからね
そんなに詳しく教えたらですよね

なかなか困難なことは解りました

昨日あたりからわたくし心根が悪いから
羊羹かじって
差し歯がたったいま取れてしまいました
ハ~ッ??探して探して
やっと見つけたけれど
明日は土曜日 歯科はお休み
明日 クミコさんのコンサートに行くのです

母さまの言うところの罰が当たりました。

20日盆

20日盆は東北の習慣らしい
わたしには大切なお盆の時
H人ちゃんのお父さんの菩提寺にお参りに行ってきた
一人のお参りもなく開寺120年の納骨堂はひっそりと
お花もお水もかたずけられていて

死んだらお終いとは思はないけれど
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



少し距離を置いていた義姉が
元気?
どうしてる?
おいでおいでとの電話しきり

お母さん宝石いっぱい持ってたのどうした?
いつもきれいにしてたものね~

うん 2人の姪にダイヤの指輪と真珠のネックレスを対にして好きなのをあげたよ
妹は生前に貰ったから要らないっていうし
あとはそのままにしてあるよ

あんたが面倒見たんだから全部貰っときなさい
あんたは欲がないんだから
それくらいはいいんだよって

そんなとこがわたしわね。

8月19日

ファームの日でした

トマト キュウリ ナス ピーマン トウモロコシを収穫
ナス ピーマン はアブラムシにめげず見事復活していました
7月22日に撒いたほうれん草 小松菜も収穫
ほうれん草には虫がつかないことを教わりました

小松菜は葉に虫食いがあります
これでは売り物になりません
虫がつくほど美味しいのだからとと少しだけ小束にしてみました




芽が出るのが楽しみ
どんな花が咲くの?
出来るなら収穫したい
肥料は何をどのくらい?
アリも蜂も迷惑だけど
人間と同じ
共に生きなくっちゃ~

太陽はあり難い

番頭さんには逆らえるけど
おてんとう様には逆らえない

かがみこんで土と戯れ思うこと

そんなとこです


フロント越に空を見上げたら
高くなった青空に
波乱含みの雲が勢いよく流れていました。

慌て者

ヒンヤリとした慌て者の秋がこんにちわ~とやって来たような朝です

小庭から
赤い大きなソルダムが15個採れました
桃も半分ほど色付き来ました
林檎飴の原料になるという姫リンゴが盆栽のように成っています
遅く撒いたひまわりが直径10センチに可愛く咲いています
真っ直ぐなキュウリを3本収穫しました 養分が足りているのでしょう

司法書士会に予約を取ってお盆な日は続いています。

弟の見舞い

下の弟のお見舞いにやっと行ってきた
なかなか睡眠が改善されなくてね
Mちゃんも大変だったね
兄貴がお母さんと暮らさなけりゃなかったのにね
Mちゃんはそれでよかったのかいと言った

表書きのない封書を差し出したら
お見舞い?要らないよ
畑に行ったとき水道電気灯油使わせてもらっているから
そんなら貰っとくよ
此の前トイレの電気つけっぱなしだったよ

アハッ! ごめんごめん。

伯母を訪ねて

スタンドで車を点検してもらって10時10分出発
強壮ドリンクも飲みました

明治45年の誕生で103歳になります
父方母方を通じてたった一人の伯母さんです

亡父の子どもだよ~
特攻の○○さんの日だね~
梅ちゃんの子どもだよ~と声かけるうち
少しずつわたしの方に顔を向け
認めてくれたと確信しました
伯母さんはこの3つの名は忘れないのです

職員さんに
弟さんが2人いますかと尋ねられた
くも膜下で昨秋手術後
突然大きな喜びの声で弟の事を話し
喜ぶと思うよ~と言ったのだそうです

後は以前に戻ったのですが
刺激で一時的に記憶が戻ったのでしょう

ペースト食をほぼ完食健康に問題はないようでした

安心 感心したこと
車いすで介助を受けトイレで用を足しているとということ

職員さんありがとうございます

さりげなくおこずかいをくださる達人の伯母さんでした
伯母さんが横綱だったら
わたしは小結くらいかな

札幌から南幌町 マウイの丘から札幌へ90キロのドライブ

そうそう長沼で
極上ラム味付き成吉思汗を買って来ました
息子に
お土産はないのかい?
人としてどうなんだい?と言われてからです
50近い男が名物のあんころ餅かい?と突っ込みたい所ですけどね

似たものは有りますが
一度「ながぬま味付け成吉思汗」お見かけしたらご賞味ください
さすが元祖極厚でう~ん美味しいの一言ですよ

伯母さんを今度いつ訪ねようかな。



お盆な涼風

少し早めに起きてお赤飯を蒸かしました
義父 義母 養母の好物も用意しました
親戚への手土産も
お墓掃除の釜 鍬 バケツ タオル 箒
忘れ物は無いかな?

今年からは俺に任せておけと
従兄のH人ちゃんと積丹に出発しました


任せておけには
お盆ていくら位かかるの?
これくらいと言ったら釣は要らないだって
そう言う事だったのです
ありがと!
出がけに2人で寿司でもと差し出したら
おっ! 出せば廻るなだって



養母が死ぬ前にもう一度お墓にお参りしたいと言って
背負って山を往復しました
重くって足が上がりませんでした
50歳くらいだったと思います
中腹までは車で上がれるのですが
其処から上は軟石で積んだ階段を登るのです
義母は丁度今のわたしの歳だったのだと
息子の車を見送りました


ね お墓を札幌に持ってこようと間をおいて2度も言ったのですが
俺に任せておけ!
何といって帰ってくるか楽しみです


50年か~
昨日の様だわ~
町も静かです
涼風が吹きはじめました。

お盆な日です。

昨日は母さまのお姉さんと
義妹の父上のお墓参りをしてきました
墓前を離れがたく
思いでに浸りました
母さまをよろしくねともお願いしました


今日は父母の持ち物を整理させてもらうことにしました
わたしも歳だから
9月のお彼岸を目途にと思い始めています
父母の書いたものも品々も離れがたくはありますが
全ては我が心にあることと気付きました

8月になってから
直径80センチの丸テーブルに
父 母 祖父 お姑さん 養母の
楽しかった笑顔の写真
好物を置いたり
ビールで乾杯したり
語りかけたり 
思い出したり
外は猛暑だと言うのに
お盆てこうなんだ~と納得 
元気に暮らしています

積丹の墓参りの準備をしました。

お盆な気持ちでやるせなく

思うことが表現できない
少しずつ日記が書けなくなっていました

追い打ちをかけるように
8月に入って
戦後70年!
涙無くして見れないもの!
体験者が語る戦争!
平和を!

何をいまさら

間もなく「戦後70年談話」があるでしょう

侵略 お詫び 跪く




亡父は語らなかったけれど
書と絵とエッセイで戦争体験を子供達に残してくれました


母さまは
嫁いだ家の特攻隊で死んだ叔父を絶えることなく祭ることで教えてくれました
(平成15年 母は自分では行けないからと私が代わって旭川の
護国神社に(奉修59年祭)玉串料を持参参拝致しました
氷点下16度のまつ毛が凍る12月17日でした


祖父は毎朝毎晩神前に額ずくことで子を病気でも事故でもなく失った
親の姿を孫の私達4人に見せていました


弟は叔父の金○○賞(度忘れ??)を命と引き換えだからな
代々家の宝だと甥に託すと言っています


父も母も祖父も
国を恨むような言葉を発したことは無かったと思います





リセットすべく
4日朱鞠内湖を観て来ました
隣の住人に素晴らしいと聞いていたから
人造湖だという
朝鮮の人達が労力だったらしい
あえて資料館は見なかった


9日ちょっと早いけれど
弟家族に便乗してお墓掃除とお参り


12日ファームで2時間汗を流しました
来年に向けてイチゴの定植でした
今年中には花芽を付けるそうです


11日御盆前に大根を
逃してなるものかと5時起床
種を撒いてきました


13日
義姉の初盆です
虎やに行ったら定番の羊羹と水ようかんしか置いてなくて
壺屋に行ったら撤退だって
美味しいのに残念でした
急いで帰って小包にして送りました
積丹のお土産も買って来ました


内平らかに
外成る
地平かに
天なる


お盆な気持ちでやるせなくもありますが
わたしは元気です。



8月2日

同期生Tちゃんからトウキビが送られてきました
お母さんにと長い歳月トウキビを送ってくれていました
同期会の時
これまでありがとうございますと親しく話しました
Tちゃん夫婦も年取ったので農業は終わりだそうです

早速熱々をお供えさせていただきました

留守電メッセージを20時に入れました
間もなく
今日は早かったので暑いし疲れたので布団に入っていたの
わたしの方こそね とメールが来ました


軽いと言っていた脳梗塞で入院中のB氏が
病院のお風呂で倒れているのを発見され
奥さんも解らないらしい
病院でそうなるなんてどういうこと?。

8月1日

早朝菜園に車を走らせました
久方ぶりの快晴で空高く 緑豊かに
遠く定山の山々も見えます

畑で1時間モロッコを6リットルのバケツに一杯収穫
万願寺唐辛子がやっと花を付けました
育苗からのトマト ナスは順調な生育ぶりでした


これなら義姉を連れて温泉に行けるかな?と気分良くしてたのに
帰宅間もなく
不調になり午前は休養に
リズムは大事 無理は考えなくてはと思いつつ.


地域の夏祭りの太鼓の音が聞こえてきた
中学生のころ
母さまと盆踊りに行ったっけ
昼間に農作業を手伝ってくれたら盆踊りに行こうと行ったっけ
母さま40歳前の事
浴衣着て 自転車で
わたしが母さまを後に乗せて行ったっけ

父のドジョウ掬い踊りは見たことあるけど
盆踊りはきっとないな

そうだと思いつき
チャッチャッと帯〆て
35年前義姉から頂いた浴衣を着て30分踊ってきました。
プロフィール

ハッピーみっこ

Author:ハッピーみっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR